Table of contents
TOC
目次を折りたたむ
目次を展開する

ラボ 13: イメージのサイズを縮小する

最終更新日: 2017/01/19

Windows イメージを最適化することにより、PC 上の領域が節約され、新しいデバイスへの転送が高速化し、Windows イメージの格納が容易になります。

これを行うには、DISM ツールを使って重複するファイルを確認します。 重複するファイルは削除対象としてマークされます。 イメージをエクスポートするまで、これらのファイルは削除されません。

画像: イメージのマウント、重複するファイルを削除対象としてマーク、イメージのマウント解除の後、イメージをエクスポートします。

イメージをマウントする

手順 1: Windows イメージをマウントする

ラボ 3: デバイス ドライバー (.inf 形式) を追加する」の手順に従って、Windows イメージをマウントします。 この手順を簡単に説明すると、次のようになります。

  1. 管理者としてコマンド ラインを開きます ([スタート] > 「展開」と入力 > [展開およびイメージング ツール環境] を右クリック > [管理者として実行])。

  2. ファイルのバックアップを作成します (copy "C:\Images\Win10_x64\sources\install.wim" C:\Images\install-backup.wim)。

  3. イメージをマウントします (md C:\mount\windows、次に Dism /Mount-Image /ImageFile:"C:\Images\install.wim" /Index:1 /MountDir:"C:\mount\windows" /Optimize)。

手順 2: イメージの最適化、パート 1 (省略可能)

言語や Windows 更新プログラム パッケージを追加した後で、イメージのサイズを小さくすることができます。そのためには、重複するファイルを調べ、以前のバージョンを破棄の対象としてマークします。

  1. イメージを最適化します。

    Dism /Image:c:\mount\windows /Cleanup-Image /StartComponentCleanup /ResetBase
    
  2. 後でイメージをエクスポートして、破棄の対象としてマークされたファイルを削除します。

手順 3: Windows イメージのマウント解除

  • イメージをマウント解除して保存します。

    Dism /Unmount-Image /MountDir:C:\mount\windows /Commit
    

手順 4: イメージの最適化、パート 2 (省略可能)

イメージを最適化したら、イメージをエクスポートして、ファイル サイズが変更されたかどうかを確認する必要があります。 エクスポートの処理中に、DISM は破棄の対象としてマークされたファイルを削除します。

  1. Windows イメージを新しい Windows イメージ ファイルにエクスポートします。

    Dism /Export-Image /SourceImageFile:"C:\Images\Win10_x64\sources\install.wim" /SourceIndex:1 /DestinationImageFile:"C:\Images\Win10_x64\sources\install-optimized.wim"
    

次の手順

© 2017 Microsoft