Skip to main content
スキップしてメイン コンテンツへ

Windows 7 をライト タッチ インストールで展開する

山田 章夫 (MS MVP Client Operating System Windows Desktop Experience)



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7


こんにちは、山田 章夫です。Windows 7 の展開方法は色々ありますが、今回は Windows 7 を展開すると題し、無償ツールである Microsoft Deployment Toolkit 2010 (以後、MDT2010 と表記) を利用して、Windows 7 のライト タッチ インストールについて書きます。

事前設定した環境

  • Windows Server 2008 R2
  • IP アドレスを固定で設定し、Active Directory、DNS Server の機能を追加しています。

STEP 1: MDT2010 を入手する

MDT2010 RC はマイクロソフトのダウンロード センターにてダウンロード可能です。

なお、このツールは英語版しか出ていませんが日本語環境でも動作します。

また、Windows® 7 用の Windows® 自動インストール キット (AIK) をインストールする必要があります。

STEP 2: MDT2010 の環境を用意する

MDT2010 をインストールする

まず、ダウンロードした MDT2010 のファイルをダブル クリックして実行します。

図 1

[拡大図]

最初の画面はそのまま [Next] を選択します。

図 2

[拡大図]

[End-User License Agreement] 画面では、[I accept the terms in the License Agreement] を選択し、[Next] を押します。

図 3

[拡大図]

[Custom Setup] の画面では、そのまま [Next] を選択します。

図 4

[拡大図]

[Ready to Install] の画面では、[Install] を選択します。

図 5

[拡大図]

インストールが完了したら、そのまま、[Finish] を押します。

注意:
このコンテンツは、Windows 7 RTM 版における情報をベースに執筆しています。

山田 章夫 MVP プロファイル (新しいウィンドウで開きます) 山田 章夫

現在、株式会社 日本アスタにて営業部サポート課の仕事をしています。 コミュニティでの活動は主にマイクロソフト コミュニティや MSN 相談箱等のサイトで回答を行っています。また、Windows 7 活用術でコラムの執筆者の一人として活動しています。

ブログ : みゃうのリカバリーをする前に 外部サイトへ

ブックマーク

ブログにコピー

([Ctrl] + [C] でコピーしてください)

Windows 7 活用術: 一覧

Windows 7 活用術

This feed, No Title, currently has no items to display.
評価してください: