Skip to main content
スキップしてメイン コンテンツへ
コンポーネント オートメーション
IDispatch インターフェイス

[このドキュメントはプレビュー版であり、後のリリースで変更されることがあります。 空白のトピックは、プレースホルダーとして挿入されています。]

IDispatch インターフェイスで、オブジェクトのメソッドとツールとオートメーションをサポートするその他のアプリケーションをプログラミングするプロパティを公開します。 COM コンポーネントは、Visual Basic などのオートメーション クライアントによってアクセスを有効に IDispatch インターフェイスを実装します。

な例について、IDispatch インターフェイスを通じて COM オブジェクトにアクセスする方法の参照してください IDispatch インターフェイスの実装

IUnknown メソッド

説明

QueryInterface

サポートされているインターフェイスへのポインターを返します。

AddRef

単位数を参照します。

Release

デクリメント参照カウント。

IDispatch の各種メソッド

説明

IDispatch::GetTypeInfoCount

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。

IDispatch::GetTypeInfo

オブジェクトの情報の種類を取得します。

IDispatch::GetIDsOfNames

1 つのメンバーとオプションの引数名セットを対応する整数 DISPID セットに割り当てます。

IDispatch::Invoke

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。

IDispatch は 32 ビット システムでは、Oleauto.h ヘッダー ファイルと Dispatch.h の上にあります 16 ビットと Macintosh システム。