Skip to main content

デスクトップ アプリケーションの認定を受ける

Windows 7、Windows 8、Windows 8.1 および Windows 10 に対してデスクトップ アプリの認定を受けるには、次の手順に従います。

重要: デスクトップ アプリケーションの掲載は Windows 10 デベロッパー センターと Windows 10 ストア エクスペリエンスのサービスには含まれません。これまでのデスクトップ アプリケーションの掲載は Windows 10 の Windows ストアにはありませんが、Windows 8 と 8.1 ユーザーは引き続き利用できます。これまでのデスクトップ アプリケーションの掲載は Windows デベロッパー センターでは更新できませんでしたが、サポート チケットを起票して Microsoft に掲載の削除を依頼することができます。

統合デベロッパー センター ダッシュボード プレビューと、今後予定されているその他のストアの変更については、 Building Apps ブログをご覧ください。

手順 1: 認定に向けて準備する

利点の確認

デスクトップ アプリが認定されると、開発者もユーザーも複数の利点を得ることができます。

要件の確認

デスクトップ アプリに求められる技術要件と資格認定条件をご確認ください。

手順 2: Windows アプリ認定キットを使ってアプリをテストする

キットの入手

アプリの認定を受けるには、Windows アプリ認定キット (Windows SDK に含まれています) をインストールして実行する必要があります。

キットの使用

アプリを提出する前に、準備ができているかテストする必要があります。また、 アプリの認定に関するホワイト ペーパーをダウンロードすることもできます。

テスト詳細の確認

最新の Windows オペレーティング システムとの互換性認定を受けるためにアプリが合格する必要のあるテストの一覧を入手できます。

注: フィルター ドライバーも ハードウェア認定キットで合格する必要があります ( Windows デスクトップ アプリ認定要件の 6.2 項をご覧ください)。

手順 3: ダッシュボード アカウントを設定する

アカウントの設定

会社がまだ登録されていない場合は、 Windows 認定ダッシュボードを使って登録する必要があります。

コード署名証明書の取得

Windows 認定ダッシュボード アカウントを設定するには、デジタル情報を保護するためのコード署名証明書をあらかじめ取得しておく必要があります。

手順 4: アプリの認定を受ける

ローカルでテストして結果をアップロード

Windows アプリ認定キットのテストを実行したら、結果を Windows 認定ダッシュボードにアップロードします。

提出の管理

認定を受けるためにアプリを提出した後は、 Windows 認定ダッシュボードで提出内容を確認できます。

手順 5: デスクトップ アプリのプロモーションを行う (省略可能)

互換性センターでの内容確認

Windows 認定ダッシュボードを使用することにより、アプリの互換性状態の更新や、アプリの追加を行うことができます。

アプリでのロゴの使用

ガイドラインに従って、パッケージや広告などのプロモーション資料にロゴを表示します。Windows 7 アプリの場合は、 Windows 7 ロゴに関する情報をご覧ください。


アプリ互換フォーラム

互換性とロゴ認定に関するコミュニティのサポートを利用できます。

Windows SDK ブログ

アプリの認定に関連するヒント、ニュースをご確認ください。

Windows Server フォーラム

疑問を解決するには、認定に関するフォーラムをご覧ください。

互換性クックブック

Windows 最新バージョンの新機能や変更内容に関する情報をご確認ください。