Skip to main content
スキップしてメイン コンテンツへ

Windows 7 新機能

更新日: 2010 年 10 月 29 日


タスク バー (ジャンプ リスト)

タスク バー (ジャンプ リスト)

Windows 7 のタスク バーは、ユーザーが目的の場所にできるだけ早く効率的に移動できるよう一般的なタスク、最近使ったファイル (ジャンプ リスト)、進行状況の通知、および個々のドキュメントの縮小表示などを 1 つの場所で確認できるようタスク バー ボタンに集約しました。

MSDN ライブラリホワイトペーパー
ハンズオンラボサンプル コード

リボン

リボン

リボンは、結果指向の手法を取り入れ、階層メニュー、ツール バー、および作業ウィンドウに代わって、作業効率や見つけやすさに最適化しています。

MSDN ライブラリホワイトペーパー
ハンズオン ラボ

ガジェット

ガジェット

Windows 7 では、UI、管理、セキュリティにおいて大きく 3 つの機能が強化されています。

MSDN ライブラリホワイトペーパー

マルチタッチ (手書き入力)

マルチタッチ (手書き入力)

Windows Vista で導入したテクノロジーを進化させ、ユーザーがマルチタッチによってコンピューター環境を直接操作できるようになりました。このエンド ユーザー エクスペリエンスの抜本的な変化は、マウスの登場によってもたらされた変化と似ています。

MSDN ライブラリホワイトペーパー

ファイルとデータの管理 (ライブラリ)

ファイルとデータの管理 (ライブラリ)

Windows 7 では、複数のコンピューターをまたいで複数の場所に広がるアイテムのコレクションとして、ユーザーがデスティネーションを検索したり整理したりできる、新しいライブラリのコンセプトが導入されました。

MSDN ライブラリハンズオンラボ

ライブラリ

ライブラリ

ライブラリは PC やネットワーク上の複数のフォルダーをまとめて管理することができる新機能です。ライブラリを使用すると、実際にどこに保存されているかに関わらず、ファイルを一ヶ所で管理することができます。Windows 7 には、ドキュメント、音楽、写真およびビデオ用のライブラリが用意されていますが、独自のものを作成することもできます。アプリケーションがライブラリに対応することで、アプリケーションからもライブラリをフォルダーと同じように利用することができます。

ライブラリ の開発情報

センサー

センサー

Windows 7 センサー & ロケーション プラットフォームでは、最近のスマートフォンに標準装備されている GPS、加速度センサーといった一般的なセンサーだけでなく、温度や湿度、風速、人感、動作、電力、RFID 等々、果ては脳波まで、様々なセンサー情報を、有線/無線にかかわらず、取り出すための API が用意されています。ユーザーを取り巻く世界の環境情報を取り込んで、より自然で直観的な UI、ユーザーの感情や周りの雰囲気を取り入れたアプリケーションを作成することができます。

参考
センサー & ロケーション プラットフォームの開発情報

DirectX

DirectX

DirectX は C/C++ の Win32 API であり、グラフィックス デバイス (GPU) によるアクセラレーションを可能にするための API 群と、ゲーム デバイス、サウンド用の API 群から構成されています。DirectX グラフィックス API としては Direct 2D、DirectWrite、Direct 3D があり、ゲーム デバイス/サウンド用 API としては XInput、XACT があります。通常の Windows SDK とは別に DirectX SDK として単独でリリースされています。SDK には PIX for Windows のような最適化ツールも含まれています。

DirectX の開発情報

ページのトップへ

評価してください: