Skip to main content
スキップしてメイン コンテンツへ

アプリケーション開発者向け Microsoft® Windows 7 対応アプリケーションの互換性

更新日: 2010 年 7 月 27 日

Word 文書 Windows7_Compatibility.docx (Word 形式、5.62 MB)

免責

このドキュメントに記載されている情報は、このドキュメントの発行時点におけるマイクロソフトの見解を反映したものです。マイクロソフトは市場の変化に対応する必要があるため、このドキュメントの内容に関する責任をマイクロソフトは問われないものとします。

このホワイト ペーパーに記載された内容は情報提供のみを目的としており、明示、黙示、または法令に基づく規定に関わらず、これらの情報についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

この文書およびソフトウェアを使用する場合は、適用されるすべての著作権関連の法律に従っていただくものとします。著作権法による制限に関係なく、マイクロソフトの書面による許可なしに、この文書の一部または全部を複製したり、検索システムに保存または登録したり、別の形式に変換したりすることは、手段、目的を問わず禁じられています。ここでいう手段とは、複写や記録など、電子的、または物理的なすべての手段を含みます。

マイクロソフトは、このドキュメントに記載されている内容に関し、特許、特許申請、商標、著作権、またはその他の知的所有権を有する場合があります。マイクロソフトから提供される使用許諾書に明記されていない限り、この文書の配布によりこれらの特許、商標、著作権、またはその他の知的財産権がお客様に譲渡されることはありません。

2009 Microsoft Corporation.All rights reserved.

Microsoft、Windows 7™は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

この文書およびソフトウェアで使用されている実在の会社名および製品名は、該当各社の商標です。

このドキュメントは、Windows 7 RTM 版における情報をもとに構成しています。仕様および機能は変更される可能性があります。

4.11 Internet Explorer 8 の標準準拠 Windows 7 Only

4. 新機能や機能変更に伴う互換性問題

この章では、以下のような新機能や機能変更に伴う、互換性問題について紹介します。

IE 8 は HTML や CSS の標準に準拠することを重視して開発されました。これまでも、基本的には W3C が定める標準規格を基に作成されていましたが、解釈にずれがあったり、独自の仕様が追加されていたりしたため、ブラウザー間で表示が異なるケースがありました。そのため、Web 開発者はブラウザーごとに CSS を記述するといった必要がありました。IE 8 は標準規格に厳格に準拠しているため、相互運用性や保守性を高めることができます。

その一方で、これまでの IE 7 で表示できた Web ページが、IE 8 ではレイアウトやデザインが崩れてしまう可能性があります。そこで IE 8 で IE 7 との互換性を保つために、以下の回避方法と解決策が考えられます。

  1. IE 8 標準に準拠した実装にページを書き換える
  2. X-UA-Compatible を指定する
  3. IE 8 のメニューから「互換表示でイントラネットを表示する」設定を利用する
  4. IE 8 の互換表示リストを利用する
  5. ユーザーに IE 8 の互換表示ボタンを押してもらう

これらの方法のうち、1 と 2 はサイト側、つまり開発者や管理者がおこなう設定です。一方、3 から 5 は、ユーザーがおこなわなければならない設定や操作です。つまり、3 から 5 は、ユーザー任せになってしまうため、ユーザーがその機能を知らなければ、ページは正しく表示されないままになってしまいます。そこで、サイト管理者・開発者は 1 と 2 をおこなう必要があります。

1 は 開発者が Web ページを IE 8 対応に完全に書き換えるものです。最終的にはこれが解決策となりますが、容易ではありません。一方、2 は IE 7 との互換性を保つための設定です。設定ベースなので容易にできるため、IE 7 対応のページを早急に IE 8 上でも表示できるようにしたい、といった場合には適切な回避策といえます。このドキュメントは、2 について詳細に取り上げます。

図 4-31: サイト側の設定とユーザー側の設定・操作

図 4-31: サイト側の設定とユーザー側の設定・操作

Note: X-UA-Compatible 以外の互換性機能の概要
  • IE 8 標準に準拠した実装にページを書き換える

    IE 8 では以下の標準テクノロジに準拠しています。IE 8 では、「IE に対応した Web ページ」というよりも、「標準に準拠した Web ページ」を意識して開発することになります。

    • CSS 2.1
    • DOM の標準
    • HTML の標準
    • Acid 2 テスト対応
  • IE 8 のメニューから「互換表示でイントラネットを表示する」設定を利用する

    企業内の Web アプリケーションの対応を容易にする機能です。
    IE 8 には「互換表示設定」というメニューがあります。このメニューによって表示されるダイアログで、「互換表示でイントラネットサイトを表示する」を選択します (既定で有効)。これにより、イントラネットのサイトは IE 7 互換モードで描画されるようになるため、IE 7 で表示できた企業内のサイトが正しく表示されるようになります。

    図 4-32: 互換表示でイントラネットサイトを表示する

    図 4-32: 互換表示でイントラネットサイトを表示する

  • IE 8 の互換表示リストを利用する

    IE 7 互換モードで表示したいサイトをあらかじめ登録しておくことができます。ここに登録しておくことで、常にそのサイトに対しては IE 7 互換モードでアクセスすることができます。

    また、「マイクロソフトからの更新された Web サイト一覧を含める」を有効にしておくと、よく利用されている有名なサイトに対しては、Microsoft が管理している IE 7 で表示できるサイトのリストを自動的に適用することができます。

    図 4-33: 互換表示リストに追加

    図 4-33: 互換表示リストに追加

  • ユーザーに IE 8 の互換表示ボタンを押してもらう

    表示したページが崩れていた場合、ユーザーはアドレスバーの右側に表示される「互換表示」ボタンをクリックすることで、手動で IE 7 互換モードに切り替えることができます。

    図 4-34: 互換表示ボタン

    図 4-34: 互換表示ボタン

ページのトップへ


これまでの IE の各バージョンの描画モード

IE 5 から IE 7 までの IE には、以下の描画モードがありました。

  • IE 5

    IE 5 では、IE 独自のクアークスという描画モードが使われていました。

    図 4-35: IE 5 の描画モード

    図 4-35: IE 5 の描画モード

  • IE 6

    IE 6 以降、標準化が重要視されたため、「IE 6 標準モード」が追加されました。また、従来のページも表示できなくてはいけないため、「クアークスモード」もサポートされていました。そして、表示するページによってモードを切り替えていました。

    図 4-36: IE 6 の描画モード

    図 4-36: IE 6 の描画モード

  • IE 7

    IE 7 では、クアークスモードはそのまま搭載され、標準モードが IE 7 の CSS 用にバージョンアップされました。

    図 4-37: IE 7 の描画モード

    図 4-37: IE 7 の描画モード

このように、IE 6 と IE 7 では、クアークスまたは標準の 2 つのモードがサポートされていました。そのため、クアークスか標準かが分かれば、適切に描画モードを分けることができました。

ページのトップへ


これまでの IE の DTD 判別ロジック

IE 5 から IE 7 では、クアークスモードで描画するか、標準モードで描画するかは、DTD (Document Type Definition) を使用して設定します。例えば、以下はクアークスモードで描画される DOCTYPE 設定の一例です。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.0 Frameset//EN">

また、以下の DOCTYPE は標準モードで描画される一例です。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.0 Strict//EN">

Note:

DOCTYPE の設定の詳細は、 付録「描画モード切り替え表」を参考にしてください。

この DTD の設定には、図 4-38 のような明確な判別ロジックがあり、これによって適切な描画モードが選択されることになります。

  1. コンテンツを読み込んだときに、DTD が未定義だった場合は、IE 6 よりも前のコンテンツであると判断され、クアークスモードで描画されます。
  2. DTD が定義されていて、XML や XHTML の宣言がある場合は、標準モードが適用されます。
  3. DTD が定義されていて、XHTML 4.0 および標準適用条件を満たしている場合も標準モードが適用されます。
  4. 上記のいずれの条件にも当てはまらない場合は、クアークスモードが適用されます。

図 4-38: IE の DTD 判別ロジック

図 4-38: IE の DTD 判別ロジック

ページのトップへ


IE 8 の描画モード

IE 5 から IE 7 とは異なり、IE 8 では 3 つの描画モードが搭載されています。クアークスモードと IE 7 標準モード、そして IE 8 標準モードです。2 つの標準モードをサポートしているのは、IE 7 と IE 8 の描画には差異があるからです。IE 7 用に作成されたページが、IE 8 で正しく表示されない可能性があるため IE 7 の互換モードが用意されています。

DTD で判断される部分クアークス系標準系
適用される描画モードクアークスモードIE 7 標準 モードIE 8 標準 モード
対応 CSSMS-CSS標準 CSS (IE 7)完全標準 CSS

どの描画モードが適用されるかは、IE 7 と同様、まずは DTD によって決まります。つまり、ここでクアークスか標準かが決まります (図 4-39)。標準系だった場合、既定では IE 8 の標準モードで描画されます。そして、IE 7 の互換指定があった場合にのみ、IE 7 標準モードが使用されます。そのため、IE 8 標準モードで表示したときに問題があるページでは、IE 7 の互換指定をしなければなりません。

図 4-39: IE 8 の描画モード

図 4-39: IE 8 の描画モード

ページのトップへ


X-UA-Compatible による IE 7 互換モードへの切り替え

IE 8 で IE 7 の互換モードで描画する必要があるときには、X-UA-Compatible 互換モードスイッチを指定します。この設定は、以下のいずれかの方法で設定します。

  • HTTP ヘッダーによる指定

    HTTP ヘッダーに「X-UA-Compatible: IE = EmulateIE7」という値を含めます。この方法を使用すると、Web サイト単位やフォルダー単位など、まとめて互換モードスイッチの指定をすることができます。IIS の管理ツールを使用して以下の手順で設定します。

  1. [コントロール パネル]-[システムとセキュリティ]-[管理ツール]-[インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャー] を起動します。

  2. 設定したい Web サイトやフォルダーを選択し、[HTTP 応答ヘッダー] をダブルクリックします。

    図 4-40: IIS 管理ツール

    図 4-40: IIS 管理ツール

  3. 真ん中のペインを右クリックし、[追加] を選択します。

    図 4-41: HTTP 応答ヘッダー

    図 4-41: HTTP 応答ヘッダー

  4. 「カスタム HTTP 応答ヘッダーの追加」で、名前として「X-UA-Compatible」、値として「IE = EmurateIE7」を設定し、「OK」ボタンをクリックします。

    図 4-42: カスタム HTTP 応答ヘッダーの追加ダイアログ

    図 4-42: カスタム HTTP 応答ヘッダーの追加ダイアログ

    Note:

    IIS 管理ツールでの設定により、Web.config に以下のタグが追加されます。直接 Web.config にこの設定を追加してもかまいません。

    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <configuration>
       <system.webServer>
          <httpProtocol>
             <customHeaders>
                <add name="X-UA-Compatible" value="IE = EmurateIE7" />
             </customHeaders>
          </httpProtocol>
       </system.webServer>
    </configuration>

  • META タグによる指定

    ファイル単位で設定をしたいなら、コンテンツ (HTML ファイル) に直接 以下のような META タグを追加する方法もあります。

    <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=EmulateIE7">

    なお、HTTP ヘッダーによる指定と、META タグによる指定が同じコンテンツに対しておこなわれた場合は、META タグの設定値が優先されます。

ページのトップへ


X-UA-Compatible の設定値

X-UA-Compatible では、以下の表のような値を設定することができます。

適用されるモード
IE = 5クアークスモード
IE = 7IE 7 標準モード
IE = EmulateIE7IE 7 標準/クアークスモード (DTD によって切り替え)
IE = 8IE 8 標準モード
IE = EmulateIE8IE 8 標準/クアークスモード (DTD によって切り替え)
IE = edge最新モード

「IE = EmulateIE7」は、「IE 7 と同様の動作をする」という意味です。つまり、DTD の設定によって標準モードかクアークスモードかが切り替わります。そのため、今まで IE 7 で表示できていたページは IE 8 でも表示できることになります。「IE = EmulateIE8」も同じです。DTD に依存することになります。

「IE = edge」は、最新モードで表示するための設定です。つまり、IE 8 であれば IE 8 の標準モードで、そして今後 IE の新しいバージョンがリリースされた場合には、その最新バージョンでで表示されることになります。

現在のモードを知るためには、document.documentMode プロパティを使用します。IE のアドレスバーに以下の JavaScript を入力すると、現在のプロパティ値を表示することができます。

javascript:alert(document.documentMode)

図 4-43: documentMode プロパティの確認

図 4-43: documentMode プロパティの確認

図 4-44: documentMode プロパティの値表示

図 4-44: documentMode プロパティの値表示

各モードの戻り値は以下の通りです。

モード
クアークスモード5
IE 7 標準モード7
IE 8 標準モード8
Note: ユーザーエージェント文字列

ユーザー エージェント文字列は、Web サーバーにレポートされるブラウザーの ID です。Web アプリケーション開発者は、ユーザーエージェント文字列を使用して、クライアントが使用しているブラウザーの種類を検出することができるため、ブラウザーの種類ごとにコンテンツを変えたい場合に役立ちます。ユーザーエージェント文字列を表示するためには、navigator.userAgent プロパティを使用します。IE のアドレスバーに以下の JavaScript を入力することで確認できます。

javascript:alert(navigator.userAgent)

図 4-45: userAgent プロパティの確認

図 4-45: userAgent プロパティの確認

たとえば、IE 8 では、図 4-46 のようなユーザー エージェント文字列を渡します。

図 4-46: IE 8 のユーザーエージェント文字列

図 4-46: IE 8 のユーザーエージェント文字列

図 4-46 の「MSIE 8.0」はブラウザーのバージョンです。この値は IE 7 を使用している場合は「MSIE 7.0」です。また、IE 8 の IE 7 互換モードの場合にも同じく「MSIE 7.0」が返されます。これだと、本当の IE 7 なのか、互換モードの IE 7 なのかを区別することができません。そこで、役に立つのが「Trident/4.0」です。IE 8 の場合には、このユーザーエージェント文字列が追加されています。

ユーザーエージェント文字列の詳細は、以下のサイトをご覧ください。

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms537503.aspx

ページのトップへ


段階的なサイト互換性の実現

Web サイトで IE 7 から IE 8 に移行する際には、図 4-47 のようなプロセスで実行します。

  1. IE 7 で表示できたページが IE 8 で表示できなくなってしまった場合、短期的な対応としては IE = EmurateIE7 を設定し互換性を保ちます。
  2. IE 8 のIE 7 互換モードで正しく表示されるかどうかをテストします。
  3. 将来的には、IE 8 標準に対応するようページを書き換えます。
  4. IE = EmurateIE8 を設定し、IE 8 標準モードで表示されるようにします。これが最終的な互換性問題の解決策です。

図 4-47: 段階的なサイトの互換性実現

図 4-47: 段階的なサイトの互換性実現

 

ページのトップへ

評価してください: