Skip to main content
スキップしてメイン コンテンツへ

強化されたトラブルシューティング ツールと「問題を再現する手段を記録する」

かめがわ かずし

(公開日 : 2009 年 7 月 7 日)
(更新日 : 2009 年 12 月 11 日)


1 | 2 | 3 | 4

トラブルシューティング ツール

Windows Vista ではトラブルシューティングと言えばどのような作業を行っていたでしょうか? コミュニティで質問する、詳しい同僚、家族に尋ねる、製品サポートを利用する、ヘルプを使用してといった方法があったかと思います。トラブルに対処するには、まず何が起きているのかを理解し、原因を切り分けていく必要があります。しかし、これにはある程度経験を積む必要があります。

Windows Vista にも「ヘルプとサポート」からトラブルシューティングの項目があり、開くとよくあるトラブルが一覧で表示されていました。

Windows Vista のトラブルシューティング

図 1: Windows Vista のトラブルシューティング (拡大図)

Vista では列挙されている項目に対して一つずつ確認する必要があり、少し使いにくいものでした。例えば、ネットワーク関係のトラブルシューティングを確認してみましょう。

Windows Vista のネットワーク トラブルシューティング

図 2: Windows Vista のネットワーク トラブルシューティング (拡大図)

Windows 7 には新機能として、今起きている現象から典型的なトラブルに対する対処方法を教えてくれる機能が搭載されました。
コントロール パネルから「システムとセキュリティ」 (図 3 の赤枠) をクリックします。

コントロール パネル

図 3: コントロール パネル (拡大図)

「コンピュータの一般的な問題のトラブルシューティング」 (図 4 の赤枠) を選択します。

トラブルシューティング

図 4: トラブルシューティング (拡大図)

次に、「ハードウェアとサウンド」 (図 5 の赤枠) をクリックします。

ハードウェアとサウンド

図 5: ハードウェアとサウンド (拡大図)

注意:
このコンテンツは、Windows 7 RTM 版における情報をベースに執筆しています。

かめがわ かずしかめがわ かずし

お仕事はプログラマ、SE などなどなんでもやってます。コンピュータがかかわることならば大体のことは好きです。プログラミングだけではなく、3DCG も大好きです。オンラインではおもに kkamegawa という nickname を使用しています。

ブログ : 新日々此何有哉 外部サイトへ

トラブルシューティング プラットフォームについて

ハードウェアや OS、アプリケーションの一般的な問題をユーザー自身で解決する手助けをするための仕組み。
パフォーマンスやデバイス、ネットワーク、印刷などさまざまなトラブルに対し、セルフサービスで診断・解決することができます。

問題ステップ記録ツール (Problem Steps Recorder) について

問題が発生した際に、操作のスクリーン ショットやコメントを記録し、レポートを作成することができるツール。ヘルプ デスクやサポート センターにこの情報を送信すれば、問題を視覚的に判断できるため、解決までの時間を短縮できます。


ページのトップへ


ブログにコピー

([Ctrl] + [C] でコピーしてください)

Windows 7 活用術: 一覧

Windows 7 活用術

This feed, No Title, currently has no items to display.
評価してください: