Skip to main content
評価してください: 

Visual Studio 2010 自習書 ~ Do-It-Yourself シリーズ ~
XAML による Windows アプリケーション開発の基礎

第 2 回 レイアウト

更新日: 2011 年 1 月 6 日

ダウンロード (XPS、995 KB | PDF、989 KB)


目次

  1. 今回作成する XAML プログラム
  2. レイアウトの基本
  3. パネルの種類と違い
  1. コントロール
  2. 標準的なウィンドウのレイアウト
  3. まとめ

今回は、XAML でウィンドウにパネルやボタン、メニューなどの基本的なコントロールを配置する方法を学びます。

ここでは、次のことを学習します。

  • XAML におけるレイアウトの基本
  • 主要なパネルとその記述方法
  • XAML (WPF) で利用可能なコントロール
  • 典型的なコントロールの記述方法
  • 標準的なウィンドウのレイアウト例

1. 今回作成する XAML プログラム

図 1

今回は、XAML のレイアウト機能を使っていくつかのコントロールを配置し、一般的な Windows アプリケーションのウィンドウを作成します。このウィンドウの内部には、メニューやツール バー、ステータス バーの各コントロールが配置されています。

ページのトップへ


2. レイアウトの基本

XAML を用いた WPF アプリケーションにおけるボタンやテキスト ボックスといったコントロールの配置は、これまでの Windows フォーム アプリケーションのそれとはやや異なります。一言でいえば、これまでの Windows フォーム アプリケーションでの手法に、ASP.NET (HTML) でのコントロールの配置方法がミックスされています。

また、 前回説明したように、XAML でのコントロールの記述は階層的に行います。ルート要素である <Window> 要素の下に必要なコントロールを記述してユーザー インターフェイスを構築していきますが、ルート要素配下に配置できる要素は 1 つだけという決まりがあります。そのためルート要素には後述する Grid や StackPanel といったパネルを記述し、パネルの中にさらに必要なコントロールを記述していきます。パネル内には複数の要素 (コントロール) を配置できます。

デバイス独立ピクセル

また WPF では、座標の位置を記述する際のデフォルトの単位はピクセル値 (px) です。ピクセルのほかに、インチ (inch)、センチ メートル (cm)、ポイント (pt、1 ポイント = 96/72 ピクセル) が使用できます。WPF のピクセル値は、特定のデバイスに依存しない「デバイス独立ピクセル」値です。具体的には、WPF のピクセルは、96 DPI (Dot Per Pixel。96 DPI は、1 インチに 96 個の点が描画できるということ) を基準にしており、ディスプレイの設定が 96 DPI でない場合は、96 DPI で表示する場合と同じ大きさに表示されるように、自動的にスケール処理されます。このため、表示するデバイスの解像度 (DPI) によらず、表示結果が同じサイズになります。

ページのトップへ


3. パネルの種類と違い

いま述べたように、パネルはコントロールを配置するうえで重要な役割を果たします。以下に、XAML で利用できるパネルについて、主要なものを紹介します。

Canvas

Canvas は最も単純なパネルです。Canvas の子要素として配置するコントロールの位置は、子要素内で Canvas.Top と Canvas.Left といった属性を使って指定します。

<Canvas>
    <Button
        Canvas.Left="20"
        Canvas.Top="30"
        Width="100"
        Height="40"
    >Hello</Button>
</Canvas>

StackPanel

StackPanel は子要素を縦または横に並べて表示します。並べる方向は、Orientation 属性で指定します。

<Window x:Class="WpfApplication2.MainWindow"
            xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
            xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
            Title="StackPanel" Height="200" Width="300">
    <Grid>
        <!-- StackPanelを縦に並べる -->
        <StackPanel Orientation="Vertical" HorizontalAlignment="Left" VerticalAlignment="Top">
            <Label>-- Vertical --</Label>
            <StackPanel Orientation="Vertical">
                <Button>V Button #1</Button>
                <Button>V Button #2</Button>
                <Button>V Button #3</Button>
            </StackPanel>
            <Label>-- Horizontal --</Label>
            <StackPanel Orientation="Horizontal">
                <Button>H Button #1</Button>
                <Button>H Button #2</Button>
                <Button>H Button #3</Button>
            </StackPanel>
        </StackPanel>
    </Grid>
</Window>

リスト 2-1 StackPanel の例

実行すると、ウィンドウは次のようになります。

図 2

WrapPanel

WrapPanel は左上から右方向に順番にコントロールを表示します。領域内に表示しきれないコントロールは自動的に改行され、次の行に表示されます。従って WrapPanel では、ウィンドウのサイズ変更に応じてコントロールの表示位置が変化します。

<Window x:Class="_02WpfApplication.Window4"
            xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
            xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
            Title="Window4" Height="300" Width="200">
    <Grid>
    <WrapPanel>
        <Button Width="80" >Wrap Button #1</Button>
        <Button Width="80" >Wrap Button #2</Button>
        <Button Width="80" >Wrap Button #3</Button>
        <Button Width="80" >Wrap Button #4</Button>
        <Button Width="80" >Wrap Button #5</Button>
        <Button Width="80" >Wrap Button #6</Button>
        <Button Width="80" >Wrap Button #7</Button>
    </WrapPanel>
    </Grid>
</Window>

リスト 2-2 WrapPanel の例

ウィンドウの表示は次のようになります。

図 3

ここで、ウィンドウの横幅を少し広げてみます。

図 4

するとこのように、ボタンの位置が自動的に変わります。ウィンドウ サイズをユーザーが自由に変更できるようにした場合に、ウィンドウ サイズに応じてレイアウトを自動的に変化させたい場合に使用します。

DockPanel

DockPanel は、DockPanel の子要素が DockPanel の上下左右のいずれかにドッキングするパネルです。子要素では、DockPanel.Doc 属性によりドッキングする位置を指定します。

<Window x:Class="WpfApplication2.DockPanelWindow"
            xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
            xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
            Title="DockPanel" Height="300" Width="300">
    <DockPanel>
        <TextBlock DockPanel.Dock="Top" Height="40" Background="Lightgray">
            Top Area (メニュー)
        </TextBlock>
        <TextBlock DockPanel.Dock="Bottom" Height="30" Background="LightGray">
            Bottom Area (ステータスバー)
        </TextBlock>
        <TextBlock DockPanel.Dock="Left" Width="120" Background="Yellow">
            Left Area (ツリー)
        </TextBlock>
        <TextBlock DockPanel.Dock="Left" Background="Pink">
            Right Area(リスト)
        </TextBlock>
    </DockPanel>
</Window>

リスト 2-3 DockPanel の例

ウィンドウの表示は次のようになります。

図 5

Web のコンテンツ ページでは一般的な、パネル型表示を行う場合に利用できます。

Grid

Grid は子要素を表のように配置するパネルです。Grid では、Grid の行数と列数に合わせて、行と列の情報を事前に定義します。具体的には、Grid.ColumnDefinitions で列情報を定義し、Grid.RowDefinitions で行情報を定義します。行、列それぞれに幅と高さの指定が可能ですが、自動設定するときは "Auto" を、「ほかのセルが定義した部分を除くすべて」を設定するときは "*" を指定します。

次の例では、最初の列の幅を 100 ピクセルに定義し、2 番目の列の幅はウィンドウ幅の残りすべてを使うように定義しています。また、先頭行の高さは「自動」でセットされるようにし、2 番目の行は 200 ピクセルを確保するように定義しています。

<!-- 列の設定 -->
<Grid.ColumnDefinitions>
    <ColumnDefinition Width="100"/>
    <ColumnDefinition Width="*"/>
</Grid.ColumnDefinitions>
<!-- 行の設定 -->
<Grid.RowDefinitions>
    <RowDefinition Height="Auto"/>
    <RowDefinition Height="200"/>
</Grid.RowDefinitions>

行数と列数の定義を行った後、実際のセルの中身を記述します。どのセルに対する記述なのかは、Grid.Column と Grid.Row 属性で指定します。例えば 0 行、0 列目のセルを指定するなら次のようします。

Grid.Column="0" Grid.Row="0"

以下は、Grid を利用して 2 行 2 列のセル領域を作成し、左上と右下のセルには Button を、右上と左下のセルには TextBox をそれぞれ配置した例です。

<Window x:Class="WpfApplication2.GridWindow"
            xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
            xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
            Title="Grid" Height="300" Width="300">
    <Grid ShowGridLines="True">
        <!-- 桁の設定 -->
        <Grid.ColumnDefinitions>
            <ColumnDefinition Width="100"/>
            <ColumnDefinition Width="*"/>
        </Grid.ColumnDefinitions>
        <!-- 行の設定 -->
        <Grid.RowDefinitions>
            <RowDefinition Height="Auto"/>
            <RowDefinition Height="200"/>
        </Grid.RowDefinitions>
        <!--各セル -->
        <Button Grid.Column="0" Grid.Row="0">Left Button</Button>
        <TextBox Grid.Column="1" Grid.Row="0" Background="Lightblue">ボタンの右側</TextBox>
        <TextBox Grid.Column="0" Grid.Row="1" Background="Lightblue">ボタンの下</TextBox>
        <Button Grid.Column="1" Grid.Row="1" Height="100">右下のボタン</Button>
    </Grid>
</Window>

リスト 2-4 Grid の例

ウィンドウの表示は次のようになります。

図 6

ページのトップへ


4. コントロール

パネルを用いたレイアウトの基本について説明しましたので、次にユーザー インターフェイスの中心となるコントロールについて説明します。

XAML (WPF) で利用できるコントロールの種類は、Windows フォームで利用可能なコントロールとさほど変わりありません。主なコントロールを以下の表にまとめました。コントロール名は XAML で記述する要素名に対応しますから、ここで示しているコントロール名を要素名として XAML で記述します。

コントロール名機能
Border別の要素の周囲に境界線、背景、またはその両方を描画します
Buttonボタン
CheckBoxチェック ボックス
ComboBoxコンボ ボックス
DataGridデータを表形式で表示する
Image画像を描画します
Label文字列を表示します
ListBoxリスト ボックス
RadioButtonラジオ ボタン
TabControlタブ表示
GridSplitterグリッドを分割してサイズの変更を可能にします
GroupBoxグループ ボックス
ListViewリスト ビュー
MediaElementオーディオとビデオまたはそのいずれかを含むコントロールを表します
Menuメニュー
PasswordBoxパスワード (マスク) 入力を行うテキスト ボックス
ProgressBarプログレス バー
Rectangle矩形を描画します。そのほかの 2D グラフィックス描画として、Ellipse (だ円)、Line (直線)、Path (連続する直線と曲線)、Polygon (多角形)、Polyline (連続する直線)などがあります
RichTextBox書式付きのテキスト入力ボックス
ScrollBarスクロール バー
Separatorメニューなどの項目を区切るために使用します
Sliderスライダー
StatusBarステータス バー
TextBoxテキスト入力ボックス
ToolBarツール バー
ToolBarTrayToolBar を配置するコンテナー
TreeViewツリー ビュー
WebBrowserブラウザーのように HTML ドキュメントをホストする
WindowsFormsHostWindows フォーム コントロールを WPF ページ上にホストできるようにします

表 2-1 XAML (WPF) で利用できる主なコントロール

すでに、Button や TextBox コントロールを使ったサンプルは紹介しました。以降では、典型的なコントロールの記述例として、ListBox、Menu、ToolBar を紹介します。

ListBox (リスト・ボックス)

ListBox では、一覧表示する項目を事前に用意しておく必要があります。これらは <ListBoxItem> タグを使って記述します。XAML では、ListBox の項目に図形や画像を指定することも可能です。例えば次は、文字列の項目「項目#1」と「項目#2」、ビットマップの項目を含むリスト ボックスの例です。

<Window x:Class="WpfApplication2.ListBoxWindow"
            xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
            xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
            Title="ListBox" Height="300" Width="300">
    <Grid>
        <ListBox Width="240" Height="150">
            <ListBoxItem IsSelected="True">項目#1</ListBoxItem>
            <ListBoxItem >項目#2</ListBoxItem>
            <ListBoxItem >
                <Image Width="200" Source="/WpfApplication2;component/Images/Penguins.jpg"/>
            </ListBoxItem>
        </ListBox>
    </Grid>
</Window>

表示は次のようになります。

図 7

Menu (メニュー)

メニューは、<Menu> 要素と <MenuItem> 要素を使って記述します。<MenuItem> 要素をネストすることで、階層的なメニューを作ることも可能です。

なお、次のリストで示しているように、ショートカット キーを示す文字は "&" ではなく "_" (アンダースコア) になっています。これは、XML のルールでは "&" を &amp; と記述する必要があるためで、XAML では、より簡単に記述できる "_" に変更されています。また、メニュー項目の間に区切り線 (セパレーター) を入れたい場合は <Separator> 要素を記述します。

<Window x:Class="WpfApplication2.MenuWindow"
            xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
            xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
            Title="MenuWindow" Height="300" Width="500">
    <DockPanel>
        <Menu DockPanel.Dock="Top" Height="Auto">
            <MenuItem Header="ファイル(_F)">
                <MenuItem Header="さらにメニュー">
                    <MenuItem Header="サブメニュー項目#1"/>
                    <MenuItem Header="サブメニュー項目#2"/>
                </MenuItem>
                <Separator/>
                <MenuItem Header="終了(_X)"/>
            </MenuItem>
            <MenuItem Header="編集(_E)">
                <MenuItem Header="コピー"/>
            </MenuItem>
            <MenuItem Header="ヘルプ(_H)">
                <MenuItem Header="○○○について" />
            </MenuItem>
        </Menu>
        <Grid />
    </DockPanel>
</Window>

表示は次のようになります。

図 8

ToolBar (ツール バー)

ツール バーは、まず <ToolBarTray> 要素でツール バーの領域を確保しておき、そこに <ToolBar> 要素を使って配置します。1 つの <ToolBar> 要素が、1 つのツール バーのまとまりを示します。次のリストは、2 つのツール バーを作成し、第 1 のツール バーには 2 つのボタンを、第 2 のツール バーにはボタンとテキスト ボックスをそれぞれ配置した例です。

<Window x:Class="WpfApplication2.ToolBarWindow"
            xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
            xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
            Title="ToolBar" Height="300" Width="400">
    <Grid>
        <ToolBarTray VerticalAlignment="Top">
            <ToolBar Name="toolBar1" Band="0" BandIndex="0">
                <Button>Toolbar Button1</Button>
                <Separator/>
                <Button>Toolbar Button2</Button>
            </ToolBar>
            <ToolBar Name="toolBar2" Band="0" BandIndex="1">
                <Button>ToolBar Button3</Button>
                <Separator/>
                <TextBox Name="textBox1" Width="80" />
            </ToolBar>
        </ToolBarTray>
    </Grid>
</Window>

表示は次のようになります。

図 9

ページのトップへ


5. 標準的なウィンドウのレイアウト

今回の総仕上げとして、これまでに紹介したレイアウトやコントロールを使って、メニューやツール バーを備えた一般的なウィンドウ (Windows エクスプローラーのようなウィンドウ) を作成してみましょう。具体的には、レイアウトとして Grid を使用し、内部にメニュー、ツール バー、ステータス バーを配置しています。

<Window x:Class="WpfApplication2.LayoutWindow"
        xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
        xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
        Title="LayoutSample" Height="350" Width="525">
  <Grid>
    <Grid.RowDefinitions>
      <RowDefinition Height="Auto"/>
      <!-- Menu -->
      <RowDefinition Height="Auto"/>
      <!-- ToolBar -->
      <RowDefinition Height="*"/>
      <!-- Body -->
      <RowDefinition Height="Auto"/>
      <!-- StatusBar -->
    </Grid.RowDefinitions>
    <!-- メニュー -->
    <Menu Grid.Row="0">
      <MenuItem Header="ファイル(_F)">
        <MenuItem Header="さらにメニュー">
          <MenuItem Header="サブメニュー項目#1"/>
          <MenuItem Header="サブメニュー項目#2"/>
        </MenuItem>
        <Separator/>
        <MenuItem Header="終了(_X)"/>
      </MenuItem>
      <MenuItem Header="編集(_E)">
        <MenuItem Header="コピー"/>
      </MenuItem>
      <MenuItem Header="ヘルプ(_H)">
        <MenuItem Header="○○○について" />
      </MenuItem>
    </Menu>

    <!-- ツールバー -->
    <ToolBarTray Grid.Row="1" >
      <ToolBar Name="toolBar1" Band="0" BandIndex="0">
        <Button>Toolbar Button1</Button>
        <Button>Toolbar Button2</Button>
      </ToolBar>
      <ToolBar Name="toolBar2" Band="0" BandIndex="1">
        <Button>ToolBar Button3</Button>
        <Separator/>
        <TextBox Name="textBox1" Width="80" />
        <Button>ToolBar Button4</Button>
      </ToolBar>
    </ToolBarTray>
    <WrapPanel Grid.Row="2" Margin="5,5,5,5" Background="LightGray">
      <!-- 本体部分 -->
      <TextBlock >ここはウィンドウの本体部分です</TextBlock>

    </WrapPanel>
    <!-- ステータスバー -->
    <StatusBar Grid.Row="3">
      <Label>これはステータスバー</Label>
    </StatusBar>
  </Grid>
</Window>

リスト 2-5 標準的な Windows アプリケーションのレイアウト例

実行すると次のようなウィンドウが表示されます。

図 10

もう 1 つ、TreeView コントロールを配置したウィンドウの例を紹介しましょう。基本的なレイアウト用のパネルとして DockPanel を使用します。TreeView の右側のペインにはエクスプローラーと同様、ListView を表示したいところですが、ListView については、「データ バインディング」の回で説明します。

<Window x:Class="WpfApplication2.NewLayoutWindow"
        xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
        xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
        Title="LayoutSample" Height="350" Width="525">
  <DockPanel>
    <!-- メニュー -->
    <Menu DockPanel.Dock="Top" >
      <MenuItem Header="ファイル(_F)">
        <MenuItem Header="さらにメニュー">
          <MenuItem Header="サブメニュー項目#1"/>
          <MenuItem Header="サブメニュー項目#2"/>
        </MenuItem>
        <Separator/>
        <MenuItem Header="終了(_X)"/>
      </MenuItem>
      <MenuItem Header="編集(_E)">
        <MenuItem Header="コピー"/>
      </MenuItem>
      <MenuItem Header="ヘルプ(_H)">
        <MenuItem Header="○○○について" />
      </MenuItem>
    </Menu>
    <!-- ツールバー -->
    <ToolBarTray DockPanel.Dock="Top">
      <ToolBar Name="toolBar1" Band="0" BandIndex="0">
        <Button>Toolbar Button1</Button>
        <Separator/>
        <Button>Toolbar Button2</Button>
      </ToolBar>
      <ToolBar Name="toolBar2" Band="0" BandIndex="1">
        <Button>ToolBar Button3</Button>
        <Separator/>
        <TextBox Name="textBox1" Width="80" />
        <Button>ToolBar Button4</Button>
      </ToolBar>
    </ToolBarTray>
    <!-- ステータスバー -->
    <StatusBar DockPanel.Dock="Bottom">
      <Label>これはステータスバー</Label>
    </StatusBar>
    <Grid>
      <Grid.ColumnDefinitions>
        <ColumnDefinition Width="Auto"/>
        <ColumnDefinition Width="Auto" />
        <ColumnDefinition Width="*"/>
      </Grid.ColumnDefinitions>
      <TreeView Grid.Column="0" >
        <TreeViewItem Header="node #1" IsExpanded="True">
          <TreeViewItem Header="child node #2"/>
          <TreeViewItem Header="child node #3"/>
        </TreeViewItem>
        <TreeViewItem Header="node #2" IsExpanded="True">
          <TreeViewItem Header="child node #2"/>
          <TreeViewItem Header="child node #3"/>
        </TreeViewItem>
      </TreeView>
      <GridSplitter Grid.Column="1"
          HorizontalAlignment="Center"
          VerticalAlignment="Stretch"
          Background="Gray" 
          ShowsPreview="True"
          Width="4"
        />
      <!-- ListView はデータバインディングの回で -->
      <TextBox Grid.Column="2">ListView</TextBox>
    </Grid>
  </DockPanel>
</Window>

リスト 2-6 Windows エクスプローラー風のウィンドウ

実行すると次のようなウィンドウが表示されます。

図 11

ページのトップへ


6. まとめ

今回は、XAML で利用できるレイアウトと、代表的なコントロールについて学習しました。XAML では、パネルを用いることで、ウィンドウ上で絶対的な位置指定をしなくても、柔軟なレイアウトが実現できることがお分かりいただけたでしょう。

次回は、ボタンのクリックやメニュー選択といったコントロール操作に対応するロジックの記述 (イベント処理) について紹介します。

ページのトップへ