Skip to main content
評価してください: 

Visual Studio 2010 Feature Pack

更新日: 2011 年 4 月 13 日

Visual Studio 2010 Feature Pack は、Visual Studio 2010 の機能を拡張および補完する機能を提供します。

Feature Pack のダウンロード

Visual Studio Team Foundation Server 2010 and Project Server Integration Feature Pack (Visual Studio 2010 Ultimate with MSDN サブスクリプション会員向け) (CHM、765 KB)

Project Server と Team Foundation Server を統合することで、共同作業やプロジェクトを推進する際に、プロジェクト マネジメント オフィス (PMO) とソフトウェア開発チームの間の連携を促進することができます。詳細については、 Brian Harry の投稿 (英語) を参照してください。

Visual Studio 2010 Load Test Feature Pack (MSDN サブスクリプション会員のみ)

現状、Visual Studio 2010 Ultimate の既定の設定を利用して、ローカルでロード テストを実行するときに 250 人の仮想ユーザーでアプリケーションのストレス テストを行えます。ロード テストでさらに多くの仮想ユーザーが必要な場合、またはリモート コンピューターを使用する場合は、Visual Studio Load Test Virtual User Pack 2010 を購入する必要があります。

Visual Studio Ultimate with MSDN を所有している場合、Visual Studio 2010 Load Test Feature Pack では、Visual Studio Load Test Virtual User Pack 2010 を購入しなくても、仮想ユーザーを無制限に生成できるライセンス キーが提供されます。これで、アプリケーションのストレス テストを実行して、アプリケーション ライフサイクル全体のパフォーマンス、アーキテクチャ、および設計上の問題を早期に発見できます。

ロード テストと Web パフォーマンス テストの機能の詳細については、「 アプリケーションのパフォーマンスおよびストレスのテスト」を参照してください。

重要: Visual Studio 2010 Ultimate with MSDN が必要です。

参考: Visual Studio 2010 Load Test Feature Pack と Visual Studio Load Test Virtual User Pack 2010 についてよく寄せられる質問 (FAQ)

Visual Studio 2010 Feature Pack 2 (MSDN サブスクリプション会員のみ)

Visual Studio 2010 のテスト機能や、コードの可視化とモデリングの機能を拡張する、累積的な機能パックです。詳細については、以下を参照してください。

Visual Studio 2010 Feature Pack 2 の詳細情報


Visual Studio 2010 のテスト機能や、コードの可視化とモデリングの機能を拡張する、累積的な機能パックです。

テスト機能

  • Microsoft Test Manager を使用して、Silverlight 4 アプリケーションの操作をキャプチャして再生します。
  • Visual Studio 2010 Premium または Visual Studio 2010 Ultimate を使用して、Silverlight 4 アプリケーションの UI テストのコードを作成します。
  • Visual Studio 2010 Premium または Visual Studio 2010 Ultimate でグラフィカル エディターを使用して、UI テストのコードを編集します。
  • 操作の記録を使用して、Mozilla Firefox 3.5 / 3.6 をサポートする必要がある手動テストを高速で実行します。
  • Microsoft Visual Studio 2010 Premium または Visual Studio 2010 Ultimate を使用して、Mozilla Firefox 3.5 / 3.6 で、Web アプリケーションの UI テストのコードを実行します。
  • コードの可視化とモデリングの機能 (Visual Studio 2010 Ultimate が必要です)
  • コードの生成コマンドを使用して、UML クラス ダイアグラムの要素からスケルトン コードを生成します。既定の変換を使用するか、UML 型をコードに変換するカスタム変換を作成できます。
  • 既存のコードから UML クラス ダイアグラムを作成します。
  • 依存関係グラフを生成して、C、C++、および ASP.NET プロジェクトの構成とリレーションシップを確認します。
  • UML シーケンス図、クラス ダイアグラム、およびユース ケース図の要素を、他のモデリング ツールからエクスポートされる XMI 2.1 ファイルとしてインポートします。
  • 作業項目からモデル要素へのリンクを作成および表示します。
  • C または C++ コードからレイヤー図を作成し、依存関係を検証します。
  • レイヤー図を編集し、レイヤー図に対してコードを検証するためのコードを作成します。

重要

  • MSDN サブスクリプション、Microsoft Bizspark、または MSDN Academic Alliance でライセンスが付与される Visual Studio Ultimate、Visual Studio Premium 、または Visual Studio Test Professional のいずれかが必要です。
  • これは累積的な機能パックです。Visual Studio 2010 Visualization and Modeling Feature Pack の機能が含まれます。
  • 既にコンピューターに Visual Studio 2010 Visualization and Modeling Feature Pack をインストール済みの場合、Feature Pack 2 をインストールする前に、この 詳細な指示を確認してください。
Visualization and Modeling Feature Pack Runtime (英語)

カスタム レイヤー図の作成、変更、または検証のタスクを実行できる拡張機能を使用する場合に必要です。

ページのトップへ