Table of contents
TOC
目次を折りたたむ
目次を展開する

Windows 管理フレームワーク (WMF) 5.0 RTM のリリース ノート概要

OpenLocalizationService|最終更新日: 2016/12/07
|
1 投稿者

Windows 管理フレームワーク (WMF) 5.0 RTM には、WMF 4.0 から更新された機能があります。 WMF 5.0 RTM は Windows Server 2012 R2Windows Server 2012Windows Server 2008 R2Windows 8.1、および Windows 7 SP1 にのみインストールすることができ、次の機能の更新バージョンや導入が含まれています。

  • Windows PowerShell
  • Just Enough Administration (JEA)
  • Windows PowerShell Desired State Configuration (DSC)
  • Windows PowerShell Integrated Scripting Environment (ISE)
  • Windows PowerShell Web サービス (Management OData IIS 拡張機能)
  • Windows リモート管理 (WinRM)
  • Windows Management Instrumentation (WMI)

WMF 5.0 Production Preview は WMF 5.0 RTM に置き換えられました。 WMF 5.0 Production Preview をアンインストールせずに WMF 5.0 RTM をインストールできますが、WMF 5.0 RTM をインストールする前に WMF 5.0 Preview の他の古いリリースをすべてアンインストールする必要があります。

注: Windows 10 を実行している場合は、Windows 10 の 11 月の更新プログラム (バージョン 1511) に更新して、WMF 5.0 RTM で利用できる同じ機能セットを取得できます。 Windows 10 システムをまだ更新していない場合は、[スタート] ボタンを選択し、[設定] > [更新とセキュリティ] > [Windows Update] > [更新プログラムのチェック] を選択します。

© 2017 Microsoft