Table of contents
TOC
目次を折りたたむ
目次を展開する

ノード ID と構成 ID の分離

OpenLocalizationService|最終更新日: 2016/12/07
|
1 投稿者

概要

プル モードで DSC を使う場合の柔軟性を高め、簡素化するために、今回のリリースでいくつかの機能が追加されました。 これらの機能は、複数のノードに構成を容易にセットアップして展開できる柔軟性と同時に、各ノードの状態を追跡して情報を個別にレポートできる機能も実現します。 追加された機能は次のとおりです。

  • コンピューターの構成を識別する構成名。 この名前は、複数のターゲット ノードで共有できます。
  • 1 つのノードを一意に識別するエージェント ID
  • ターゲット ノードが初めてプル サーバーに接続した時点でのみ実行される登録ステップ

注: これらの機能は追加されたものです。既存のプル機能や概念と置き換わるものでありません。 このリリースで出荷された新しいプル サーバーでは、これらの新機能または以前の機能を使うことができます。

詳細については、「構成名を使用したプル クライアントのセットアップ」を参照してください。

© 2017 Microsoft