Table of contents
TOC
目次を折りたたむ
目次を展開する

PowerShell クラスを使用したカスタム型の作成

OpenLocalizationService|最終更新日: 2016/12/07
|
1 投稿者

他のオブジェクト指向プログラミング言語に似た、公式的な構文とセマンティクスを使用することによって、クラスと他のユーザー定義型を定義するための PowerShell 言語を改善しました。 開発者や IT プロフェッショナルがより広範なユース ケースで PowerShell を採用できるようにし、PowerShell アーティファクト (DSC リソースなど) の開発を簡素化し、管理面の対応を促進することがその目標です。

このリリースでサポートされるシナリオ

  • PowerShell 言語を使用して DSC リソースとその関連する型を定義する
  • クラス、プロパティ、メソッドなどの使い慣れたオブジェクト指向プログラミングの構成要素を使用して PowerShell でカスタム型を定義する
  • PowerShell のクラスおよびクラス ベース DSC リソースを使用した継承のサポート
  • PowerShell 言語を使用した型のデバッグ
  • 公式的なメカニズムを適切なレベルで使用した例外の生成および処理
© 2017 Microsoft