Table of contents
TOC
目次を折りたたむ
目次を展開する

強化されたトランスクリプション オプション

OpenLocalizationService|最終更新日: 2016/12/07
|
1 投稿者

Windows PowerShell トランスクリプションが強化され、コンソール ホスト (powershell.exe) だけでなく、すべてのホスト アプリケーション (Windows PowerShell ISE など) に適用されるようになりました。

トランスクリプトを強化するだけでなく、トランスクリプトの任意のネスト、結果として得られるトランスクリプト ヘッダーの追加メタデータ、および (一元化されたログの収集をサポートするために) トランスクリプション出力ディレクトリの設定をサポートするようにトランスクリプト機能自体が更新されました。

トランスクリプション オプション (システム全体のトランスクリプトの有効化を含む) は、[PowerShell トランスクリプションを有効にする] グループ ポリシー設定 ([管理用テンプレート] -> [Windows コンポーネント] -> [Windows PowerShell]) で設定できます。

© 2017 Microsoft