Table of contents
TOC
目次を折りたたむ
目次を展開する

Microsoft Cloud ドイツのパートナー センター

最終更新日: 2017/02/02

適用対象

  • Microsoft Cloud ドイツのパートナー センター

Microsoft Cloud ドイツ: ドイツのデータ保護要件を満たす

Microsoft Cloud ドイツは、厳密なドイツのデータ保護要件を満たすように設計されています。また、ドイツ法に基づいて顧客データへの物理的および論理的アクセスを管理するドイツ データ トラスティを含みます。 すべての顧客データと、顧客データへのアクセスを処理または管理するシステムは、ドイツのデータセンター内に存在します。 これらのデータセンター間のネットワークはドイツ内で隔離され、データセンター専用で使用されます。

Microsoft Cloud ドイツは、ドイツのデータセンターから提供される独立した Microsoft Azure、Office 365、Microsoft Dynamics のインスタンスを提供します。 このため、欧州連合 (EU) と欧州自由貿易連合 (EFTA) の企業顧客は、適用されるドイツの法律と規制、および主要な国際基準に従って顧客データを保存および管理することが可能になります。 Microsoft の担当者は、ドイツ データ トラスティまたは顧客による承認と監督がない限り、顧客のデータにアクセスできません。

詳細については、Microsoft Cloud ドイツ データシートを参照してください。

Microsoft Cloud ドイツのパートナー センター: EU と EFTA でドイツのクラウド ソリューションを販売する

Microsoft Cloud ドイツ プログラムのクラウド ソリューション プロバイダー (CSP) に登録した後は、パートナー センターを使用して、ドイツのクラウド固有のソリューションおよびサービスを EU と EFTA の加盟国/地域の顧客に販売します。


本記事の公開時点では、Microsoft Cloud ドイツのパートナー センターで、以下の機能をまだご利用いただけません (本記事の公開以降、パートナー センターに機能が追加される場合があるため、この一覧が最新ではなくなっている可能性があります)。

  • パートナーの検索
  • マーケティング プロフィール
  • 紹介
  • ライセンス分析
  • 顧客の分析
  • 通知センター
  • Indirect reseller/provider model and settings (間接的リセラー/プロバイダー モデルと設定)
  • サービスの正常性の確認
  • Independent Software Vendor (ISV) enrollment (独立ソフトウェア ベンダー (ISV) の登録)
  • Customer special qualification (顧客の特別な資格)

個人情報の収集と使用について定めるドイツの法律と規制、および主要な国際基準に準拠するために、特定のサービス ポータルを使用して次のパートナー センター タスクが管理されます。

特徴または機能タスクの完了先
パートナー ユーザーの管理Office 365 管理センターまたは Microsoft Cloud ドイツの Azure 管理ポータル
顧客ユーザーの管理Office 365 管理センターまたは Microsoft Cloud ドイツの Azure 管理ポータル
ユーザー パスワードのリセットMicrosoft Cloud ドイツの Azure 管理ポータル
ライセンスの管理Office 365 管理センターまたは Microsoft Cloud ドイツ Azure Active Directory ライセンス ポータル

ユーザーとライセンスの管理の詳細については、「Microsoft Cloud ドイツのパートナー センターでのユーザーとライセンスの管理」を参照してください。

Microsoft Cloud ドイツの CSP への登録の詳細については、「Microsoft Cloud ドイツの CSP への登録」を参照してください。

© 2017 Microsoft