Table of contents
TOC
目次を折りたたむ
目次を展開する
最終更新日: 2017/11/10

Office 365 開発環境のセットアップ

適用対象: Office 365

Office 365 API の機能は Microsoft Graph や、Outlook、OneDrive、OneNote、Planner および Office Graph など、別の Microsoft サービスから、単一のエンドポイントを経由して単一のアクセス トークンでアクセス可能な API を含む統合 API 経由でも使用できます。 可能な場合は、アプリで Microsoft Graph を使用することをお勧めします。

Office 365 API にアクセスするアプリケーションを作成する前に、開発者環境を設定する必要があります。これは、ツールと環境が正常であることを確認する 3 つの 1 回限りのタスクから構成されます。

  1. アプリの作成に使用する開発者用ツールをダウンロードします。
  2. Office 365 API にアクセスするために、ビジネス向け Office 365 のアカウントを取得します。
  3. アプリを作成して管理できるように、Office 365 アカウントを Azure AD と関連付けます。

アプリを構築するために開発者用ツールをインストールする

iOS アプリを開発するのではない場合 このページの右上隅にあるコントロールを使用して、開発するアプリの種類を選択してください。

iOS アプリの開発には、Xcode を使用します。 詳細については、「iOS アプリの開発を開始する」の「ツールの取得」を参照してください。

iOS 用の Office 365 SDK を使用して、Office 365 API にアクセスする iOS アプリを開発できます。 より簡単に SDK をアプリに統合するには、CocoaPods 依存関係マネージャーを使用できます。 CocoaPods は Ruby に基づいており、OS X にインストールされている既定の Ruby で使用できます。CocoaPods を初めて使用する前に、Xcode プロジェクトで使用できるように、ターミナルから次の 2 つのコマンドを実行し、CocoaPods の環境を設定する必要があります。

sudo gem install cocoapods
pod setup

インストールとセットアップが成功すると、ターミナルに「セットアップが完了しました」というメッセージが表示されます。

: これらのコマンドは 1 度だけ実行する必要があります。

Android アプリを開発するのではない場合 右上隅にあるコントロールを使用して、開発するアプリの種類を選択してください。

Android の開発には、Android Studio または Eclipse などの Android 開発者用ツールの 2 つの選択肢があります。 2 つは類似していますが、Android Studio ではライブラリの依存関係を管理するために Gradle サポートを利用できる一方、Eclipse ではそれを手動で管理する必要があります。

Angular アプリを開発するのではない場合 右上隅にあるコントロールを使用して、開発するアプリの種類を選択してください。

さまざまな IDE で Angular アプリケーションを記述できます。Office 365 API を使った開発に特に優位性のある IDE は提供されていないため、お好みの環境を選んで開始してください。 BracketsSublime TextWebStorm、および Visual Studio がよく使われています。

Office 365 API を使用して Angular アプリケーションを開発するのに、他のツールは必要ありません。 ただし、次の「Office 365 API で Angular アプリを作成する」のチュートリアルに従う場合は、Git および Node.js などのサンプルをダウンロードして構成するために、追加のユーティリティをいくつかインストールする必要があります。

Visual Studio を使ったアプリを開発するのではない場合 このページの右上隅にあるコントロールを使用して、開発するアプリの種類を選択してください。

Visual Studio の Office 開発者用ツールには、クライアント ライブラリと Visual Studio の UI 拡張機能が含まれます。クライアント ライブラリを使用すると、.NET Framework と JavaScript で使用可能なライブラリを使用して、任意のデバイスまたはプラットフォームから Office 365 REST API と容易に対話できます。Visual Studio UI 拡張機能により、Office 365 サービスをアプリケーション プロジェクトに簡単に追加できます。

Office Developer Tools for Visual Studio をインストールします。

Visual Studio を持っていない場合

Visual Studio がインストールされていない場合は、次の操作を実行できます。

Office 365 API にアクセスするために Office 365 アカウントを取得する

メール、連絡先、カレンダー、およびファイルなどの Office 365 API にアクセスするには、グローバル管理者権限を持つ Office 365 ビジネス アカウントを有している必要があります。

次のプランのいずれかになります。

  • Office 365 Midsize Business
  • Office 365 Enterprise E1、E3、E4、または K1
  • Office 365 Education
  • Office 365 Developer

ビジネス向けの Office 365 アカウントがすでにある場合

すでに上記のいずれかの Office 365 アカウントがある場合は、準備が整っています。 次の手順では、Office 365 API を使用するアプリを作成および管理できるように、Office 365 アカウント と Azure AD サブスクリプションを関連付けます

現在、ビジネス向けの Office 365 アカウントがない場合

既存のビジネス向けの Office 365 アカウントがない場合は、次の操作を実行できます。

Office 365 Developer アカウントへのサインアップ

MSDN サブスクリプションがある場合は、Office 365 Developer アカウント特典を使用します。 この特典は Visual Studio Ultimate サブスクライバーと Visual Studio Premium with MSDN サブスクライバーが使用できます。

それ以外の場合は、30 日間の試用版で開始するか、Office 365 Developer アカウントを購入します (いずれかのオプションで 1 つのユーザー ライセンス)。 このアカウントの 1 年あたりの費用は 99.00 ドルです。

新しい Office 365 Developer アカウントにサインアップする場合は、次の手順に従います。

図 1 に示すように、サインアップ中に .onmicrosoft.com のサブドメインと、作成しているドメインに割り当てるユーザーの ID を指定するように要求されます。 サインアップ後にアカウントを管理するポータル サイトにサインインするには、その結果の userid (_userid@yourdomain_.onmicrosoft.com の形式) を使用する必要があります。

Developer のサブスクリプションにサインアップする際に別の Microsoft アカウントでログオンしていると、次のメッセージが表示される場合があります。「申し訳ありません。入力したユーザー ID は機能しませんでした。 無効のようです。 組織がお客様に割り当てたユーザー ID を入力していることを確認してください。 通常、ユーザー ID は _someone@example.com_ または _someone@example.onmicrosoft.com_ のようになります。」 このメッセージが表示された場合は、使用していた Microsoft アカウントからログアウトして、もう一度やり直してください。 まだこのメッセージが表示される場合は、ブラウザーのキャッシュをクリアするか、プライベート ブラウザー セッションに切り替えて、フォームに入力してください。

図 1.Office 365 Developer アカウントのドメイン名

サインアップ中に Office 365 Developer のサブスクリプションを作成するには、.onmicrosoft.com とユーザー ID の固有サブドメインを指定するように求められます。

サインアップ プロセスが完了すると、お使いのブラウザーに Office 365 のインストール ページが表示されます。 管理アイコンを選択して、管理センター ページを開きます。

Office 365 アカウントを Azure AD と関連付けてアプリを作成および管理する

アプリケーションを認証するには、Microsoft Azure Active Directory (Azure AD) にアプリケーションを登録する必要があります。ここに Office 365 のユーザー アカウントとアプリケーション情報が保存されています。Azure 管理ポータルから Azure AD を管理するには、Microsoft Azure サブスクリプションが必要です。Microsoft Azure の管理ポータルを使用すると、ユーザー、ロール、アプリを管理できます。

既存の Azure サブスクリプションと Office 365 アカウントを関連付けるには

  1. 既存の Azure 資格情報 (例: user@live.com などの Microsoft ID) を使用して、Microsoft Azure の管理ポータルにログオンします。

  2. [Active Directory] ノードを選択し、[ディレクトリ] タブを選択し、画面下の [新規] を選択します。

  3. [新規] メニュー上で、[Active Directory] > [ディレクトリ] > [カスタム作成] を選択します。

  4. [ディレクトリの追加][ディレクトリ] ドロップ ダウン ボックスで、[既存のディレクトリの使用] を選択します。 [サインアウトする準備ができました] のチェックボックスをオンにして、右下隅にあるチェック マークを選択します。

    これで、Azure 管理ポータルに戻ります。

  5. Office 365 のアカウント情報を使ってログインします。

    Azure でお客様のディレクトリを使用するかどうかを指示するように要求されます。

    重要 Office 365 アカウントと Azure AD を関連付けるには、グローバル管理者特権を持つ Office 365 ビジネス アカウントが必要です。

  6. [続行][今すぐサインアウトする] の順に選択します。

  7. ブラウザーを閉じて、もう一度ポータルを開きます。 そうしないと、アクセス拒否エラーを受け取ります。

  8. 既存の Azure 資格情報 (例: user@live.com などの Microsoft ID) を使用して、もう一度ログオンします。 [Active Directory] ノードに移動すると、[ディレクトリ] にお客様の Office 365 アカウントが一覧に表示されています。

新しい Azure サブスクリプションを作成して Office 365 アカウントを関連付けるには

  1. Office 365 にログオンします。 [ホーム] ページから [管理] アイコンを選択して、Office 365 管理センターを開きます。
  2. ページの左側にあるメニュー ページで [管理] までスクロール ダウンして、[Azure AD] を選びます。

    重要 Office 365 管理センターを開いて Azure AD にアクセスするには、グローバル管理者特権を持つ Office 365 ビジネス アカウントが必要です。

  3. 新しいサブスクリプションを作成します。

    Office 365 の試用版を使用している場合は、Azure AD は有料サービスのお客様に制限されていることを通知するメッセージが表示されます。無料で 30 日間の試用版の Azure サブスクリプションを作成できますが、いくつかの追加の手順を実行する必要があります。

    1. 国または地域を選択して、[Azure サブスクリプション] を選択します。
    2. 個人情報を入力します。確認のために連絡可能な電話番号を入力して、テキスト メッセージの送信または通話のいずれかを指定します。
    3. 認証コードを受信したら、そのコードを入力して [コードの確認] を選択します。
    4. 支払い情報を入力して、合意のチェック ボックスをオンにし、[サインアップ] を選択します。

      クレジットカードでのお支払いは発生しません。

      Azure サブスクリプションの作成中は、ブラウザーを閉じたり更新したりしないでください。

  4. Azure サブスクリプションが作成されたら、[ポータル] を選択します。

  5. Azure ツアーが表示されます。 ツアーを表示するか、[X] を選んで閉じることができます。

    Azure サブスクリプション内のすべての項目が表示されます。Office 365 テナントの名前を持つディレクトリが一覧表示されます。

次のステップ

これで、最初のアプリをビルドして実行する準備ができました。

これで、最初のアプリをビルドして実行する準備ができました。

これで、最初のアプリをビルドして実行する準備ができました。

これで、最初のアプリをビルドして実行する準備ができました。

その他のリソース

© 2018 Microsoft