Table of contents
TOC
目次を折りたたむ
目次を展開する
最終更新日: 2017/11/10

Office 365 API リファレンス

Office 365 API の機能は Microsoft Graph や、Outlook、OneDrive、OneNote、Planner および Office Graph など、別の Microsoft サービスから、単一のエンドポイントを経由して単一のアクセス トークンでアクセス可能な API を含む統合 API 経由でも使用できます。 可能な場合は、アプリで Microsoft Graph を使用することをお勧めします。

Office 365 API の概要

Office 365 API では、メール、予定表、連絡先、ユーザーおよびグループ、ファイル、およびフォルダーなど、お客様が最も大事にしている Office 365 データにアプリ本体から直接アクセスできるようになりました。

Office 365 API へは、モバイル、Web、およびデスクトップ プラットフォームのすべてのソリューションからアクセスできます。開発プラットフォームやツールには依存しません。つまり、.NET、PHP、Java、Python、Ruby on Rails を使用して Web アプリケーションを構築しても、Windows ユニバーサル アプリ、iOS、Android や他のデバイス プラットフォーム用のアプリを作成してもかまいません。

Office 365 API では、Azure Active Directory (Azure AD) によるシングル サインオンに対応しているので、アプリを 1 回登録すれば、Office 365 API の任意のサービスへのアクセスできます。

Office 365 API の動作

Office 365 API は、価値の高い Office 365 の次のデータにアクセスできる REST サービスです。

  • メール、予定表、連絡先、ユーザー、通知、写真、拡張プロパティ、および Exchange Online のデータ拡張機能
  • SharePoint Online および OneDrive for Business のファイルとフォルダー
  • Azure AD のユーザーおよびグループ

また、REST は単純なため、Exchange、SharePoint、または Azure AD の専門知識がなくてもこれらのサービスにアクセスできます。

希望の言語、開発プラットフォーム、ホスト環境を選択します。JavaScript、HTML5、Python、Ruby、PHP や ASP.NET などの任意の Web 言語を使用して構築します。Visual Studio、Eclipse、Android Studio、Xcode、または IDE などお好みのものを使用します。アプリを、Microsoft Azure や選択した任意のクラウド プラットフォームでホストします。

その後、Azure AD のシングル サインオンを使用してユーザーを認証し、電子メール、ファイル、予定表、ユーザー情報、および Office 365 に格納されている何ペタバイトものデータにアクセスできるようにします。

アプリ開発を簡単にする Office 365 SDK

REST API を直接プログラミングして、Office 365 と通信するようにできます。このようにすると、認証トークンの管理、アクセスする API 用の正しい URL やクエリの構築、その他のタスクなどを実行するコードを記述および維持する必要があります。Visual Studio、Eclipse および Android Studio、Xcode 用の Office 365 SDK では、Office 365 API にアクセスする複雑なコードが単純になります。

Visual Studio の Office 開発ツールには、Office 365 REST サービスをラップし、Office 365 データへの接続をいっそう容易にする .NET や JavaScript のライブラリを提供する SDK が含まれています。 Visual Studio では、ASP.NET MVC、ASP.NET Web フォーム、WPF、Win フォーム、ユニバーサル アプリ、Cordova、Xamarin プロジェクト用の SDK が用意されています。

また、Android 開発者用に、Eclipse 用 Android SDK と Android Studio が一般に利用できるようになりました。 「Android 用 Office 365 SDK を使用した Office 365 アプリの開発」を参照してください。

iOS アプリ用には、Xcode 6 で Xcode 用 iOS SDK (現在はプレビュー版) が Objective C および Swift 言語の両方をサポートしています。 「iOS 用 Office 365 SDK」をご覧ください。

どのように始めればよいでしょうか?

まず、開発環境をセットアップします。 次に、Office 365 API を使用する最初の iOSAndroidJavaScript または ASP.NET アプリの作成を開始します。

Office 365 API の詳細について

Office 365 REST API を使用した認証を試行する場合

コード

リファレンス

© 2018 Microsoft