Table of contents
TOC
目次を折りたたむ
目次を展開する
最終更新日: 2017/11/10

Office 365 プラットフォームの開発者向けプレビュー機能

適用対象: Office 365

マイクロソフトでは Office 365 の開発プラットフォームを改善および拡張するよう常に努力しています。Office 365 の開発者向け機能に、いくつかのプレビュー バージョンが追加されました。

Office 365 のプレビュー機能とは

Office 365 のプレビュー機能とは、機能および動作のフィードバックを得るために、開発者向けに早期に提供している開発中の機能および APIです。プレビュー機能は、最終処理までに変更される場合があります。それらを使用して記述されたコードを破棄する変更がある場合もあります。このため、Office 365 でプレビューとしてマークされている機能および API は運用コードでは使用しないようにする必要があります。

これらの機能は現在プレビュー中で、運用コードで使用するにはまだ最終処理されていません。将来プラットフォームに組み込む機能を早い段階で確認し、それに対するユーザーの考えを得るためのものです。

Office 365 API のプレビュー機能

現在プレビュー中の Office 365 API の開発スタックを、次の図に紫色でフォーマットして示します。

Development EnvironmentSolutionAuthenticationDataYour choice of technology(.NET, JavaScript, HTML, Ruby, etc.)Other hosting(IIS, LAMP, etc.)XCodeEclipse or Android StudioVisual StudioRESTiOS Office 365 SDKAndroid Office 365 SDKVisual Studio Office 365 SDKYour app...Microsoft AzureWork or school ID (Azure AD) user@domain.onmicrosoft.comPersonal (Microsoft ID) user@live.com, user@hotmail.com, etc.REST APIsOAuth 2.0 and Open ID Connect 1.0Office Graph insights1v2.0 app model...iOS

v2.0 アプリ認証モデル プレビューのサポート

v2.0 アプリ認証モデル プレビューを使用すると、会社や学校の ID (Azure AD) と、個人 (Microsoft アカウント) ID の両方を受け入れるアプリを作成できます。

以前は、Microsoft アカウントと Azure Active Directory の両方をサポートするアプリの開発者は、完全に独立した 2 つのシステムを統合する必要がありました。現在は、v2.0 アプリケーション モデルを使用したアプリを作成することで、両方の種類のアカウントでユーザーがサインインできるようになりました。

現時点で v2.0 アプリ認証モデル プレビューをアプリで使用してアクセスできる API は次のとおりです。

  • Outlook のメール
  • Outlook の連絡先
  • Outlook の予定表

詳細については、「v2.0 アプリ モード プレビューを使用して Office 365 および Outlook.com API を認証する」を参照してください。

Office Graph

Office Graph には、Office 365 エンティティおよびエンティティ間のリレーションシップ_について_のデータを、グラフ インデックス内のノードおよびエッジとして格納します。 企業エンティティの例は、persondocument であり、関係の例は、sharedmodified です。

Office Graph では、すべての Office 365 サービスから受信するデータを接続および完成させるために、高度な解析と機械学習テクニックを使用しています。

現在、次の 2 つの関係をプレビューできます。TrendingAround および WorkingWith。 これらの関係のクエリ方法の例については、「Office Graph を使用した開発」を参照してください。

ソリューションで複数のプレビュー機能を使用する

プレビュー機能は現在開発中のため、指定されたプレビュー機能がまだ完全に他のプレビュー機能と統合されていなかったり、他のプレビュー機能をサポートしていない可能性があります。他のプレビュー機能との相互運用やサポートについては、特定のプレビュー機能のドキュメントを参照してください。

Office 365 開発プラットフォームのその他のプレビュー機能

前述の Office 365 のプレビュー API に加え、大規模な Office 365 開発プラットフォーム向けに、次のプレビュー機能が用意されています。

サービス通信 API (プレビュー)

Office 365 サービス通信 API の新しいバージョンでは、REST API を使用して、Office 365 のテナント管理者およびパートナーにサービスの正常性の情報を提供しています。 操作のリファレンスについては、「Office 365 サービス通信 API リファレンス (プレビュー)」を参照してください。

管理アクティビティ API (プレビュー)

Office 365 管理アクティビティ API は、Office 365 および Azure Active Directory 動作状況ログからの、ユーザー、管理者、システム、およびポリシー アクションとイベントについての情報を、REST API を使用して Office 365テナントの管理者とパートナーに提供します。 操作のリファレンスについては、「Office 365 管理アクティビティ API リファレンス (プレビュー)」を参照してください。

© 2018 Microsoft