Table of contents
TOC
目次を折りたたむ
目次を展開する
最終更新日: 2017/11/10

探索サービス API を使用したエンドポイントの探索に関する共通タスク

適用対象:Office 365

Office 365 API の機能は Microsoft Graph や、Outlook、OneDrive、OneNote、Planner および Office Graph など、別の Microsoft サービスから、単一のエンドポイントを経由して単一のアクセス トークンでアクセス可能な API を含む統合 API 経由でも使用できます。 可能な場合は、アプリで Microsoft Graph を使用することをお勧めします。

Office 365 API は、Microsoft サービス経由で、イベント、連絡先、メール、ファイルへのアクセスを提供します。アプリケーションのユーザーが Microsoft サービスおよびユーザー リソースにアクセスできるようになる前に、アプリケーションにはエンドポイントが必要です。検出サービスはこれらのエンドポイントを動的に検出し、アクセスを取得するのに必要な情報を入手します。

探索サービスは RESTful API を公開します。 クライアント SDK は、.NET プラットフォームAndroid、および iOS で利用できます。 探索サービスでは、予定表連絡先メールMyFiles (OneDrive および OneDrive for Business のサービス エンドポイントの場合)、ノート (OneNote の場合)、および RootSite (SharePoint の場合) の探索をサポートしています。

探索サービスは、Office 365 オンライン環境向けの機能のみを提供しています。オンプレミスの展開には利用できません。

探索サービスの操作の詳細については、「探索サービス REST API の操作リファレンス」を参照してください。 探索サービス API を使用して、Office 365 API によってアクセスするサービスのエンドポイントを見つける方法については、「Office 365 API:探索サービスの使用方法」および「Office 365 探索サービスのサンプル」のサンプル コードを参照してください。

探索サービスの API エンドポイント URI を次に示します。

バージョン v1.0:

ApiEndpoint = "https://api.office.com/discovery/v1.0/me/;

バージョン v2.0:

ApiEndpoint = "https://api.office.com/discovery/v2.0/me/;

探索サービスのリソース ID は、です:

ResourceId = "https://api.office.com/discovery/";

検出サービスの必要条件

探索サービスを使用する前に、Office 365 開発環境をセットアップする必要があります。

検出サービスのプロセス

以下は、検出サービスを使用したアプリのワークフローです。

表 1.Office 365 API を呼び出す際のアプリ、探索サービス、Azure AD 間の相互作用

手順説明ワークフロー
1Azure の管理ポータルでアプリを登録し、クライアント ID およびリダイレクト URI を使用してアプリのコードを構成します。その後、Azure の管理ポータルでアプリのアクセス許可を構成します。
2アプリは、ユーザーのメール アドレスを取得します。アプリは、メール アドレスおよびアプリがアクセスするスコープのセットを使用して検出サービスに問い合わせます。アプリは、検出サービスの認証コードを要求します。
3アプリは Azure AD 認証エンドポイントにアクセスし、ユーザーは認証を行い、同意を付与します (以前に同意を付与していない場合)。Azure AD は認証コードを発行します。アプリは Azure AD 認証エンドポイントにアクセスし、ユーザーは認証を行い、同意を付与します (以前に同意を付与していない場合)。Azure AD は認証コードを発行します。
4アプリは認証コードを使用します。Azure はアクセス トークンと更新トークンを返します。アプリは認証コードを使用します。Azure はアクセス トークンと更新トークンを返します。
5アプリは、アクセス トークンを使用して検出サービスに問い合わせます。検出サービスは、Office 365 サービスのリソース ID とエンドポイント URI と共に HTTP 応答を返します。アプリは、アクセス トークンを使用して検出サービスに問い合わせます。検出サービスは、Office 365 サービスのリソース ID とエンドポイント URI と共に HTTP 応答を返します。
6アプリは、Azure AD トークン エンドポイントで更新トークンを使用し、必要な Office 365 リソースのアクセス トークンを入手します。Azure AD トークン エンドポイントは、指定したリソースのアクセス トークンと、更新トークンを返します。アプリは、Azure AD トークン エンドポイントで更新トークンを使用し、必要な Office 365 リソースのアクセス トークンを入手します。Azure AD トークン エンドポイントは、指定したリソースのアクセス トークンと、更新トークンを返します。
7アプリは、検出サービスの URI とアクセス トークンを使用して、Office 365 API を呼び出せるようになります。Office 365 は HTTP 応答を返します。これで、アプリが探索サービスの URI とアクセス トークンを使用して、Office 365 API を呼び出すことができます。

検出サービスの使用方法を示す例については、「Office 365 API:探索サービスの使用方法」をご覧ください。

検出サービスの使用方法を示す例については、「Office 365 API: 検出サービスの使用方法」を参照してください。

その他のリソース

© 2018 Microsoft