Table of contents
TOC
目次を折りたたむ
目次を展開する
最終更新日: 2018/07/10

Outlook 拡張プロパティ REST API リファレンス

適用対象: Exchange Online | Office 365 | Hotmail.com | Live.com | MSN.com | Outlook.com | Passport.com

このドキュメントのバージョンでは、プレビュー段階の Outlook 拡張プロパティ REST API を取り上げます。 プレビュー機能は、最終版までに変更される場合があり、それらの機能を使用するコードが動作しなくなる場合もあります。 このため、一般に、運用コードでは運用バージョンの API のみを使用してください。 入手可能な場合、現時点ではバージョン 2.0 が優先バージョンです。

Outlook 拡張プロパティの REST API により、アプリがカスタム データを格納してフォールバック機構を提供し、これらのプロパティがまだ _Outlook REST API のメタデータで公開されていない_場合に、OutlookMAPI プロパティのカスタム データにアクセスできるようにします。 ExtendedProperties API を使用して、サインインしているユーザーのアカウント内のメッセージ、メールのフォルダー、イベント、予定表、連絡先、
連絡先フォルダー、タスク、またはタスク フォルダー内のカスタム データを格納または取得できます。 Office 365 アカウントまたは Microsoft アカウント (Hotmail.com、Live.com、MSN.com、Outlook.com、Passport.com) をこのアカウントの対象にすることができます。

リファレンスをわかりやすくするため、この記事の残りの部分では "Outlook.com" をこれらの Microsoft アカウントのドメインを含めた語として使用しています。

ベータ版の API が不要な場合右上隅のコントロールを使用して、必要なバージョンを選択します。

適用対象: Exchange Online | Office 365 | Hotmail.com | Live.com | MSN.com | Outlook.com | Passport.com

Outlook 拡張プロパティの REST API により、アプリがカスタム データを格納してフォールバック機構を提供し、これらのプロパティがまだ _Outlook REST API のメタデータで公開されていない_場合に、OutlookMAPI プロパティのカスタム データにアクセスできるようにします。 ExtendedProperties API を使用して、サインインしているユーザーのアカウント内のメッセージ、メールのフォルダー、イベント、予定表、連絡先、
連絡先フォルダー、タスク、またはタスク フォルダー内のカスタム データを格納または取得できます。 Office 365 アカウントまたは Microsoft アカウント (Hotmail.com、Live.com、MSN.com、Outlook.com、Passport.com) をこのアカウントの対象にすることができます。

リファレンスをわかりやすくするため、この記事の残りの部分では "Outlook.com" をこれらの Microsoft アカウントのドメインを含めた語として使用しています。

API v2.0 が不要な場合右上隅のコントロールを使用して、必要なバージョンを選択します。

REST API の拡張プロパティを使用する

拡張プロパティとデータ拡張機能のどちらを使用するか

拡張プロパティとこの REST API は、Outlook REST API のメタデータを通じてまだ公開されていない Outlook MAPI プロパティのカスタム データにアクセスする必要がある場合にのみ使用します。 ほとんどのシナリオでは、Office 365 のデータ拡張機能および REST API を使用して、ユーザーのメールボックス内のアイテムのカスタム データに保存してアクセスする必要があります。 {version} を v2.0、beta など、選択したバージョンに置き換えて、メタデータが https://outlook.office.com/api/{version}/$metadata でどのプロパティを公開するかを確認できます。

拡張プロパティとこの REST API は、Outlook REST API のメタデータを通じてまだ公開されていない Outlook MAPI プロパティのカスタム データにアクセスする必要がある場合にのみ使用します。 ほとんどのシナリオでは、Office 365 のデータ拡張機能および REST API を使用して、ユーザーのメールボックス内のアイテムのカスタム データに保存してアクセスする必要があります。 {version} を v2.0、beta など、選択したバージョンに置き換えて、メタデータが https://outlook.office.com/api/{version}/$metadata でどのプロパティを公開するかを確認できます。

認証

他の Outlook REST API と同様に、拡張プロパティ API へのすべての要求に対して、有効なアクセス トークンを含める必要があります。 アクセス トークンを取得するには、アプリを登録して識別し、適切な承認を取得する必要があります。 効率化された登録と承認のオプションに関する詳細情報を参照してください。 拡張プロパティ API で特定の操作を続行する際には、この点にご留意ください。

他の Outlook REST API と同様に、拡張プロパティ API へのすべての要求に対して、有効なアクセス トークンを含める必要があります。 アクセス トークンを取得するには、アプリを登録して識別し、適切な承認を取得する必要があります。 効率化された登録と承認のオプションに関する詳細情報を参照してください。 拡張プロパティ API で特定の操作を続行する際には、この点に留意してください。

API のバージョン

この API は、プレビューから一般提供 (GA) の状態にレベル上げされています。Outlook REST API の v2.0 とベータのバージョンでサポートされます。

この API は、プレビューから一般提供 (GA) の状態にレベル上げされています。Outlook REST API の v2.0 とベータのバージョンでサポートされます。

サポートされている REST リソース

次のリソースのインスタンスについて、拡張プロパティを作成できます。

リソースは、Office 365 または Outlook.com のサインインしているユーザーのメールボックスに存在している必要があります。

次のリソースのインスタンスについて、拡張プロパティを作成できます。

リソースは、Office 365 または Outlook.com のサインインしているユーザーのメールボックスに存在している必要があります。

URL のパラメーター

この記事の例では、REST 要求 URL のパラメーターに次の ID のプレース ホルダーを使用します。拡張機能を作成する対象のリソースのインスタンスの ID を指定する必要があります。

パラメーター説明
URL パラメータ
calendar_id文字列予定表 ID。
contact_id文字列連絡先 ID。
contactFolder_id文字列連絡先フォルダー ID。
event_id文字列イベント ID。
mailFolder_id文字列メール フォルダー ID。
message_id文字列メッセージ ID。
propertyId_value文字列いずれかのサポートされている形式PropertyId の値。
property_value文字列拡張プロパティの値。
task_id文字列タスクの ID。
taskFolder_id文字列タスク フォルダーの Id。

Outlook REST API のすべてのサブセットに共通な情報の詳細については、「Outlook REST API の使用」をご覧ください。

この記事の例では、REST 要求 URL のパラメーターに次の ID のプレース ホルダーを使用します。拡張機能を作成する対象のリソースのインスタンスの ID を指定する必要があります。

パラメーター説明
URL パラメータ
calendar_id文字列予定表 ID。
contact_id文字列連絡先 ID。
contactFolder_id文字列連絡先フォルダー ID。
event_id文字列イベント ID。
mailFolder_id文字列メール フォルダー ID。
message_id文字列メッセージ ID。
propertyId_value文字列いずれかのサポートされている形式PropertyId の値。
property_value文字列拡張プロパティの値。
task_id文字列タスクの ID。
taskFolder_id文字列タスク フォルダーの Id。

Outlook REST API のすべてのサブセットに共通な情報の詳細については、「Outlook REST API の使用」をご覧ください。


概要

エンティティ インスタンスの_拡張プロパティ_でデータを動的に作成して保存することができます。 単一の値、または (同じ型の) 複数の値を保存しようとしているかどうかに応じて、拡張プロパティを SingleValueLegacyExtendedProperty、または MultiValueLegacyExtendedProperty として作成できます。

これらのタイプはそれぞれ、PropertyId によってプロパティを識別し、データを Value に格納します。

PropertyId を使用して、特定のエンティティ インスタンスをその拡張プロパティと一緒に取得するか、単一の値の拡張プロパティでフィルターして、そのプロパティのすべてのインスタンスを取得できます。

REST API を使用して、1 つの呼び出しで特定のインスタンスのすべての拡張プロパティを取得することはできません。

エンティティ インスタンスの_拡張プロパティ_でデータを動的に作成して保存することができます。 単一の値、または (同じ型の) 複数の値を保存しようとしているかどうかに応じて、拡張プロパティを SingleValueLegacyExtendedProperty、または MultiValueLegacyExtendedProperty として作成できます。

これらのタイプはそれぞれ、PropertyId によってプロパティを識別し、データを Value に格納します。

PropertyId を使用して、特定のエンティティ インスタンスをその拡張プロパティと一緒に取得するか、単一の値の拡張プロパティでフィルターして、そのプロパティのすべてのインスタンスを取得できます。

REST API を使用して、1 つの呼び出しで特定のインスタンスのすべての拡張プロパティを取得することはできません。

PropertyId の形式

単一値または複数値の拡張プロパティを作成する場合、文字列の名前または数値識別子のいずれか、および値の実際の型またはプロパティの値に基づき、2 つの形式のいずれかで PropertyId を指定できます。 以下に示す 2 つの表では、単一値または複数値の拡張プロパティを指定するためにサポートされている形式について説明します。 {type} はプロパティ値の種類を表します。 この例では、文字列、整数、およびこれらの種類の配列を示しています。

Sinceextended プロパティはほとんどの場合、Outlook REST API メタデータで公開されていない定義済みの MAPI プロパティと相互運用します。簡略化のため、選択する形式は、対応する MAPI プロパティが MAPI プロパティの識別子で文字列を使用しているか、数値を使用しているかを反映する必要があります。 MS OXPROPS] Microsoft Corporation の「Exchange Server Protocols Master Property List」 (Exchange Server プロトコルのマスター プロパティ リスト) では、既存の MAPI プロパティに拡張プロパティをマップするために必要な情報 (プロパティ識別子や GUID など) を検索できます。[

注:PropertyId にある形式を選択したら、その形式でのみ拡張プロパティにアクセスする必要があります。

単一値の拡張プロパティに有効な PropertyId の形式

形式説明
"{type} {guid} Name {name}""String {8ECCC264-6880-4EBE-992F-8888D2EEAA1D} Name TestProperty"属している名前空間 (GUID) と名前で、プロパティを識別します。
"{type} {guid} Id {id}""Integer {8ECCC264-6880-4EBE-992F-8888D2EEAA1D} Id 0x8012"属している名前空間 (GUID) と識別子で、プロパティを識別します。

複数値の拡張プロパティの有効な PropertyId の形式

形式説明
"{type} {guid} Name {name}""StringArray {8ECCC264-6880-4EBE-992F-8888D2EEAA1D} Name TestProperty"名前空間 (GUID) と名前で、プロパティを識別します。
"{type} {guid} Id {id}""IntegerArray {8ECCC264-6880-4EBE-992F-8888D2EEAA1D} Id 0x8013"名前空間 (GUID) と識別子で、プロパティを識別します。

単一値または複数値の拡張プロパティを作成する場合、文字列の名前または数値識別子のいずれか、および値の実際の型またはプロパティの値に基づき、2 つの形式のいずれかで PropertyId を指定できます。 以下に示す 2 つの表では、単一値または複数値の拡張プロパティを指定するためにサポートされている形式について説明します。 {type} はプロパティ値の種類を表します。 この例では、文字列、整数、およびこれらの種類の配列を示しています。

Sinceextended プロパティはほとんどの場合、Outlook REST API メタデータで公開されていない定義済みの MAPI プロパティと相互運用します。簡略化のため、選択する形式は、対応する MAPI プロパティが MAPI プロパティの識別子で文字列を使用しているか、数値を使用しているかを反映する必要があります。 MS OXPROPS] Microsoft Corporation の「Exchange Server Protocols Master Property List」 (Exchange Server プロトコルのマスター プロパティ リスト) では、既存の MAPI プロパティに拡張プロパティをマップするために必要な情報 (プロパティ識別子や GUID など) を検索できます。[

注:PropertyId にある形式を選択したら、その形式でのみ拡張プロパティにアクセスする必要があります。

単一値の拡張プロパティに有効な PropertyId の形式

形式説明
"{type} {guid} Name {name}""String {8ECCC264-6880-4EBE-992F-8888D2EEAA1D} Name TestProperty"属している名前空間 (GUID) と名前で、プロパティを識別します。
"{type} {guid} Id {id}""Integer {8ECCC264-6880-4EBE-992F-8888D2EEAA1D} Id 0x8012"属している名前空間 (GUID) と識別子で、プロパティを識別します。

複数値の拡張プロパティの有効な PropertyId の形式

形式説明
"{type} {guid} Name {name}""StringArray {8ECCC264-6880-4EBE-992F-8888D2EEAA1D} Name TestProperty"名前空間 (GUID) と名前で、プロパティを識別します。
"{type} {guid} Id {id}""IntegerArray {8ECCC264-6880-4EBE-992F-8888D2EEAA1D} Id 0x8013"名前空間 (GUID) と識別子で、プロパティを識別します。

拡張プロパティの操作

既存のアイテムの拡張プロパティを作成する | 新しいアイテムの拡張プロパティを作成する |

拡張プロパティを使用して展開されているアイテムを取得する | 単一値の拡張プロパティのフィルター

既存のアイテムの拡張プロパティを作成する | 新しいアイテムの拡張プロパティを作成する |

拡張プロパティを使用して展開されているアイテムを取得する | 単一値の拡張プロパティのフィルター

既存のアイテムの拡張プロパティを作成する

サポートされたリソースの指定されたインスタンスの 1 つ以上の拡張プロパティを作成します。各拡張プロパティには、単一値または複数値を指定できます。

PATCH https://outlook.office.com/api/beta/me/messages('{message_id}')
PATCH https://outlook.office.com/api/beta/me/events('{event_id}')
PATCH https://outlook.office.com/api/beta/me/contacts('{contact_id}')
PATCH https://outlook.office.com/api/beta/me/tasks('{task_id}')
PATCH https://outlook.office.com/api/beta/me/mailfolders('{mailFolder_id}')
PATCH https://outlook.office.com/api/beta/me/calendars('{calendar_id}')
PATCH https://outlook.office.com/api/beta/me/contactfolders('{contactFolder_id}')
PATCH https://outlook.office.com/api/beta/me/taskfolders('{taskFolder_id}')

最小限必要なスコープ: 対象リソースに対応する次の読み取り/書き込みスコープのうちのいずれかです。

パラメーター説明
本文のパラメーター
SingleValueExtendedPropertiesコレクション (SingleValueLegacyExtendedProperty)1 つ以上の単一値を持つ拡張プロパティの配列。
PropertyId文字列SingleValueExtendedProperties コレクションの各プロパティに対してこれを指定し、プロパティを特定します。単一値の拡張プロパティに対し、サポートされる形式の 1 つに従う必要があります。必須。
文字列SingleValueExtendedProperties コレクションの各プロパティに対し、プロパティの値を特定します。必須。
MultiValueExtendedPropertiesコレクション (MultiValueLegacyExtendedProperty)1 つ以上の複数値を持つ拡張プロパティの配列。
PropertyId文字列MultiValueExtendedProperties コレクションの各プロパティに対してこれを指定し、プロパティを特定します。複数値の拡張プロパティに対し、サポートされる形式の 1 つに従う必要があります。必須。
コレクション(文字列)MultiValueExtendedProperties コレクションの各プロパティに対し、そのプロパティの値を指定します。必須。

要求のサンプル

最初の例では、指定したメッセージに対して 1 つの単一値の拡張プロパティを作成します。 拡張プロパティは、SingleValueExtendedProperties 配列で唯一の要素です。 要求本文には、拡張プロパティに関する次のものが含まれています。

  • PropertyId は、プロパティの型を string、GUID、および Color という名前のプロパティとして指定します。
  • ValueGreenColor プロパティの値として指定します。
PATCH https://outlook.office.com/api/beta/me/messages('AAMkAGE1M2_bs88AACHsLqWAAA=')

Content-Type: application/json

{
  "SingleValueExtendedProperties": [
      {
         "PropertyId":"String {66f5a359-4659-4830-9070-00047ec6ac6e} Name Color",
         "Value":"Green"
      }
    ]
}

応答のサンプル

メッセージの更新からの応答と同様に、HTTP 200 OK 応答コードによって正常な応答が示され、応答の本文に指定したメッセージが含まれています。応答には、新しく作成された拡張プロパティは含まれません。

要求のサンプル

2 番目の例では、指定したメッセージに対して1 つの複数値の拡張プロパティを作成します。そのプロパティは、MultiValueExtendedProperties 配列の唯一の要素です。要求本文には、次のものが含まれます。

  • PropertyId 指定された GUID と名前 Palette の文字列の配列としてプロパティを指定します。
  • Value 3 つの文字列値 ["Green", "Aqua", "Blue"] の配列として Palette を指定します。
PATCH https://outlook.office.com/api/beta/me/messages('AAMkAGE1M2_as77AACHsLrBBBA=')

Content-Type: application/json

{
  "MultiValueExtendedProperties": [
      {
         "PropertyId":"StringArray {66f5a359-4659-4830-9070-00049ec6ac6e} Name Palette",
         "Value":["Green", "Aqua", "Blue"]
      }
    ]
}

応答のサンプル

メッセージの更新からの応答と同様に、HTTP 200 OK 応答コードによって正常な応答が示され、応答の本文に指定したメッセージが含まれています。応答には、新しく作成された拡張プロパティは含まれません。

新しく作成された拡張プロパティを表示するには、拡張プロパティを使用して展開されているメッセージを取得します。

サポートされたリソースの指定されたインスタンスの 1 つ以上の拡張プロパティを作成します。各拡張プロパティには、単一値または複数値を指定できます。

PATCH https://outlook.office.com/api/v2.0/me/messages('{message_id}')
PATCH https://outlook.office.com/api/v2.0/me/events('{event_id}')
PATCH https://outlook.office.com/api/v2.0/me/contacts('{contact_id}')
PATCH https://outlook.office.com/api/v2.0/me/tasks('{task_id}')
PATCH https://outlook.office.com/api/v2.0/me/mailfolders('{mailFolder_id}')
PATCH https://outlook.office.com/api/v2.0/me/calendars('{calendar_id}')
PATCH https://outlook.office.com/api/v2.0/me/contactfolders('{contactFolder_id}')
PATCH https://outlook.office.com/api/v2.0/me/taskfolders('{taskFolder_id}')

最小限必要なスコープ: 対象リソースに対応する次の読み取り/書き込みスコープのうちのいずれかです。

パラメーター説明
本文のパラメーター
SingleValueExtendedPropertiesコレクション (SingleValueLegacyExtendedProperty)1 つ以上の単一値を持つ拡張プロパティの配列。
PropertyId文字列SingleValueExtendedProperties コレクションの各プロパティに対してこれを指定し、プロパティを特定します。単一値の拡張プロパティに対し、サポートされる形式の 1 つに従う必要があります。必須。
文字列SingleValueExtendedProperties コレクションの各プロパティに対し、プロパティの値を特定します。必須。
MultiValueExtendedPropertiesコレクション (MultiValueLegacyExtendedProperty)1 つ以上の複数値を持つ拡張プロパティの配列。
PropertyId文字列MultiValueExtendedProperties コレクションの各プロパティに対してこれを指定し、プロパティを特定します。複数値の拡張プロパティに対し、サポートされる形式の 1 つに従う必要があります。必須。
コレクション(文字列)MultiValueExtendedProperties コレクションの各プロパティに対し、そのプロパティの値を指定します。必須。

要求のサンプル

最初の例では、指定したメッセージに対して 1 つの単一値の拡張プロパティを作成します。 拡張プロパティは、SingleValueExtendedProperties 配列で唯一の要素です。 要求本文には、拡張プロパティに関する次のものが含まれています。

  • PropertyId は、プロパティの型を string、GUID、および Color という名前のプロパティとして指定します。
  • ValueGreenColor プロパティの値として指定します。
PATCH https://outlook.office.com/api/v2.0/me/messages('AAMkAGE1M2_bs88AACHsLqWAAA=')

Content-Type: application/json

{
  "SingleValueExtendedProperties": [
      {
         "PropertyId":"String {66f5a359-4659-4830-9070-00047ec6ac6e} Name Color",
         "Value":"Green"
      }
    ]
}

応答のサンプル

メッセージの更新からの応答と同様に、HTTP 200 OK 応答コードによって正常な応答が示され、応答の本文に指定したメッセージが含まれています。応答には、新しく作成された拡張プロパティは含まれません。

要求のサンプル

2 番目の例では、指定したメッセージに対して1 つの複数値の拡張プロパティを作成します。そのプロパティは、MultiValueExtendedProperties 配列の唯一の要素です。要求本文には、次のものが含まれます。

  • PropertyId 指定された GUID と名前 Palette の文字列の配列としてプロパティを指定します。
  • Value 3 つの文字列値 ["Green", "Aqua", "Blue"] の配列として Palette を指定します。
PATCH https://outlook.office.com/api/v2.0/me/messages('AAMkAGE1M2_as77AACHsLrBBBA=')

Content-Type: application/json

{
  "MultiValueExtendedProperties": [
      {
         "PropertyId":"StringArray {66f5a359-4659-4830-9070-00049ec6ac6e} Name Palette",
         "Value":["Green", "Aqua", "Blue"]
      }
    ]
}

応答のサンプル

メッセージの更新からの応答と同様に、HTTP 200 OK 応答コードによって正常な応答が示され、応答の本文に指定したメッセージが含まれています。応答には、新しく作成された拡張プロパティは含まれません。

新しく作成された拡張プロパティを表示するには、拡張プロパティを使用して展開されているメッセージを取得します。


新しいアイテムの拡張プロパティを作成する

同一の POST 呼び出しでサポートされるリソースの新しいインスタンスを作成しながら、1 つ以上の拡張プロパティを作成します。POST 要求の本文に、拡張プロパティが含まれます。

POST https://outlook.office.com/api/beta/me/messages
POST https://outlook.office.com/api/beta/me/events
POST https://outlook.office.com/api/beta/me/contacts
POST https://outlook.office.com/api/beta/me/tasks
POST https://outlook.office.com/api/beta/me/mailfolders
POST https://outlook.office.com/api/beta/me/calendars
POST https://outlook.office.com/api/beta/me/contactfolders
POST https://outlook.office.com/api/beta/me/taskfolders

最小限必要なスコープ: 対象リソースに対応する次の読み取り/書き込みスコープのうちのいずれかです。

パラメーター説明
本文のパラメーター
SingleValueExtendedPropertiesコレクション (SingleValueLegacyExtendedProperty)1 つ以上の単一値を持つ拡張プロパティの配列。
PropertyId文字列SingleValueExtendedProperties コレクションの各プロパティに対してこれを指定し、プロパティを特定します。単一値の拡張プロパティに対し、サポートされる形式の 1 つに従う必要があります。必須。
文字列SingleValueExtendedProperties コレクションの各プロパティに対し、プロパティの値を特定します。必須。
MultiValueExtendedPropertiesコレクション (MultiValueLegacyExtendedProperty)1 つ以上の複数値を持つ拡張プロパティの配列。
PropertyId文字列MultiValueExtendedProperties コレクションの各プロパティに対してこれを指定し、プロパティを特定します。複数値の拡張プロパティに対し、サポートされる形式の 1 つに従う必要があります。必須。
コレクション(文字列)MultiValueExtendedProperties コレクションの各プロパティに対し、そのプロパティの値を指定します。必須。

要求のサンプル

最初の例では、新しいイベントと単一値の拡張プロパティを作成します。 新しいイベントに対して通常含めるプロパティとは別に、1 つの単一値の拡張プロパティを含む SingleValueExtendedProperties を要求の本文に含め、プロパティに対しては次のようにします。

  • PropertyId は、プロパティの型を string、GUID、および Fun という名前のプロパティとして指定します。
  • ValueFoodFun プロパティの値として指定します。
POST https://outlook.office.com/api/beta/me/events

Content-Type: application/json

{
  "Subject": "Celebrate Thanksgiving",
  "Body": {
    "ContentType": "HTML",
    "Content": "Let's get together!"
  },
  "Start": {
      "DateTime": "2015-11-26T18:00:00",
      "TimeZone": "Pacific Standard Time"
  },
  "End": {
      "DateTime": "2015-11-26T23:00:00",
      "TimeZone": "Pacific Standard Time"
  },
  "Attendees": [
    {
      "EmailAddress": {
        "Address": "Terrie@contoso.com",
        "Name": "Terrie Barrera"
      },
      "Type": "Required"
    }
  ],
  "SingleValueExtendedProperties": [
     {
           "PropertyId":"String {66f5a359-4659-4830-9070-00040ec6ac6e} Name Fun",
           "Value":"Food"
     }
  ]
}

応答のサンプル

イベントのみの作成からの応答と同様に、HTTP 201 Created 応答コードによって正常な応答が示され、応答の本文に新しいイベントが含まれます。応答には、新しく作成された拡張プロパティは含まれません。

新しく作成された拡張プロパティを表示するには、拡張プロパティを使用して展開されているアイテムを取得します。

要求のサンプル

2 番目の例では、すべて同じ POST 操作の新しいイベントで複数値の拡張プロパティを作成します。 新しいイベントに通常含まれるプロパティとは別に、要求の本文に 1 つの拡張プロパティを含む MultiValueExtendedProperties が含まれます。 要求本文には、その複数値の拡張プロパティに関する次のものが含まれています。

  • PropertyId 指定された GUID と名前 Recreation の文字列の配列としてプロパティを指定します。
  • Value 3 つの文字列値 ["Food", "Hiking", "Swimming"] の配列として Recreation を指定します。
POST https://outlook.office.com/api/beta/me/events

Content-Type: application/json

{
  "Subject": "Family reunion",
  "Body": {
    "ContentType": "HTML",
    "Content": "Let's get together this Thanksgiving!"
  },
  "Start": {
      "DateTime": "2015-11-26T09:00:00",
      "TimeZone": "Pacific Standard Time"
  },
  "End": {
      "DateTime": "2015-11-29T21:00:00",
      "TimeZone": "Pacific Standard Time"
  },
  "Attendees": [
    {
      "EmailAddress": {
        "Address": "Terrie@contoso.com",
        "Name": "Terrie Barrera"
      },
      "Type": "Required"
    },
    {
      "EmailAddress": {
        "Address": "Lauren@contoso.com",
        "Name": "Lauren Solis"
      },
      "Type": "Required"
    }
  ],
  "MultiValueExtendedProperties": [
     {
           "PropertyId":"StringArray {66f5a359-4659-4830-9070-00050ec6ac6e} Name Recreation",
           "Value": ["Food", "Hiking", "Swimming"]
     }
  ]
}

応答のサンプル

イベントのみの作成からの応答と同様に、HTTP 201 Created 応答コードによって正常な応答が示され、応答の本文に新しいイベントが含まれます。応答には、新しく作成された拡張プロパティは含まれません。

新しく作成された拡張プロパティを表示するには、拡張プロパティを使用して展開されているアイテムを取得します。

同一の POST 呼び出しでサポートされるリソースの新しいインスタンスを作成しながら、1 つ以上の拡張プロパティを作成します。POST 要求の本文に、拡張プロパティが含まれます。

POST https://outlook.office.com/api/v2.0/me/messages
POST https://outlook.office.com/api/v2.0/me/events
POST https://outlook.office.com/api/v2.0/me/contacts
POST https://outlook.office.com/api/v2.0/me/tasks
POST https://outlook.office.com/api/v2.0/me/mailfolders
POST https://outlook.office.com/api/v2.0/me/calendars
POST https://outlook.office.com/api/v2.0/me/contactfolders
POST https://outlook.office.com/api/v2.0/me/taskfolders

最小限必要なスコープ: 対象リソースに対応する次の読み取り/書き込みスコープのうちのいずれかです。

パラメーター説明
本文のパラメーター
SingleValueExtendedPropertiesコレクション (SingleValueLegacyExtendedProperty)1 つ以上の単一値を持つ拡張プロパティの配列。
PropertyId文字列SingleValueExtendedProperties コレクションの各プロパティに対してこれを指定し、プロパティを特定します。単一値の拡張プロパティに対し、サポートされる形式の 1 つに従う必要があります。必須。
文字列SingleValueExtendedProperties コレクションの各プロパティに対し、プロパティの値を特定します。必須。
MultiValueExtendedPropertiesコレクション (MultiValueLegacyExtendedProperty)1 つ以上の複数値を持つ拡張プロパティの配列。
PropertyId文字列MultiValueExtendedProperties コレクションの各プロパティに対してこれを指定し、プロパティを特定します。複数値の拡張プロパティに対し、サポートされる形式の 1 つに従う必要があります。必須。
コレクション(文字列)MultiValueExtendedProperties コレクションの各プロパティに対し、そのプロパティの値を指定します。必須。

要求のサンプル

最初の例では、新しいイベントと単一値の拡張プロパティを作成します。 新しいイベントに対して通常含めるプロパティとは別に、1 つの単一値の拡張プロパティを含む SingleValueExtendedProperties を要求の本文に含め、プロパティに対しては次のようにします。

  • PropertyId は、プロパティの型を string、GUID、および Fun という名前のプロパティとして指定します。
  • ValueFoodFun プロパティの値として指定します。
POST https://outlook.office.com/api/v2.0/me/events

Content-Type: application/json

{
  "Subject": "Celebrate Thanksgiving",
  "Body": {
    "ContentType": "HTML",
    "Content": "Let's get together!"
  },
  "Start": {
      "DateTime": "2015-11-26T18:00:00",
      "TimeZone": "Pacific Standard Time"
  },
  "End": {
      "DateTime": "2015-11-26T23:00:00",
      "TimeZone": "Pacific Standard Time"
  },
  "Attendees": [
    {
      "EmailAddress": {
        "Address": "Terrie@contoso.com",
        "Name": "Terrie Barrera"
      },
      "Type": "Required"
    }
  ],
  "SingleValueExtendedProperties": [
     {
           "PropertyId":"String {66f5a359-4659-4830-9070-00040ec6ac6e} Name Fun",
           "Value":"Food"
     }
  ]
}

応答のサンプル

イベントのみの作成からの応答と同様に、HTTP 201 Created 応答コードによって正常な応答が示され、応答の本文に新しいイベントが含まれます。応答には、新しく作成された拡張プロパティは含まれません。

新しく作成された拡張プロパティを表示するには、拡張プロパティを使用して展開されているアイテムを取得します。

要求のサンプル

2 番目の例では、すべて同じ POST 操作の新しいイベントで複数値の拡張プロパティを作成します。 新しいイベントに通常含まれるプロパティとは別に、要求の本文に 1 つの拡張プロパティを含む MultiValueExtendedProperties が含まれます。 要求本文には、その複数値の拡張プロパティに関する次のものが含まれています。

  • PropertyId 指定された GUID と名前 Recreation の文字列の配列としてプロパティを指定します。
  • Value 3 つの文字列値 ["Food", "Hiking", "Swimming"] の配列として Recreation を指定します。
POST https://outlook.office.com/api/v2.0/me/events

Content-Type: application/json

{
  "Subject": "Family reunion",
  "Body": {
    "ContentType": "HTML",
    "Content": "Let's get together this Thanksgiving!"
  },
  "Start": {
      "DateTime": "2015-11-26T09:00:00",
      "TimeZone": "Pacific Standard Time"
  },
  "End": {
      "DateTime": "2015-11-29T21:00:00",
      "TimeZone": "Pacific Standard Time"
  },
  "Attendees": [
    {
      "EmailAddress": {
        "Address": "Terrie@contoso.com",
        "Name": "Terrie Barrera"
      },
      "Type": "Required"
    },
    {
      "EmailAddress": {
        "Address": "Lauren@contoso.com",
        "Name": "Lauren Solis"
      },
      "Type": "Required"
    }
  ],
  "MultiValueExtendedProperties": [
     {
           "PropertyId":"StringArray {66f5a359-4659-4830-9070-00050ec6ac6e} Name Recreation",
           "Value": ["Food", "Hiking", "Swimming"]
     }
  ]
}

応答のサンプル

イベントのみの作成からの応答と同様に、HTTP 201 Created 応答コードによって正常な応答が示され、応答の本文に新しいイベントが含まれます。応答には、新しく作成された拡張プロパティは含まれません。

新しく作成された拡張プロパティを表示するには、拡張プロパティを使用して展開されているアイテムを取得します。


拡張プロパティを使用して拡張されたアイテムを取得する

PropertyId のフィルターで指定されている拡張プロパティを使用して拡張されたサポートされるリソースのインスタンスを取得します。

PropertyId のフィルターで指定する文字列 {propertyId_value} は、サポートされる PropertyId の形式のいずれかに従う必要があります。 フィルター文字列内の空白文字に URL エンコードを適用していることを確認してください。

単一値の拡張プロパティに一致するアイテムを展開する

GET https://outlook.office.com/api/beta/me/messages('{message_id}')?$expand=SingleValueExtendedProperties($filter=PropertyId eq '{propertyId_value}')

GET https://outlook.office.com/api/beta/me/events('{event_id}')?$expand=SingleValueExtendedProperties($filter=PropertyId eq '{propertyId_value}')

GET https://outlook.office.com/api/beta/me/contacts('{contact_id}')?$expand=SingleValueExtendedProperties($filter=PropertyId eq '{propertyId_value}')

GET https://outlook.office.com/api/beta/me/tasks('{task_id}')?$expand=SingleValueExtendedProperties($filter=PropertyId eq '{propertyId_value}')

GET https://outlook.office.com/api/beta/me/mailfolders('{mailFolder_id}')?$expand=SingleValueExtendedProperties($filter=PropertyId eq '{propertyId_value}')

GET https://outlook.office.com/api/beta/me/calendars('{calendar_id}')?$expand=SingleValueExtendedProperties($filter=PropertyId eq '{propertyId_value}')

GET https://outlook.office.com/api/beta/me/contactfolders('{contactFolder_id}')?$expand=SingleValueExtendedProperties($filter=PropertyId eq '{propertyId_value}')

GET https://outlook.office.com/api/beta/me/taskfolders('{taskfolder_id}')?$expand=SingleValueExtendedProperties($filter=PropertyId eq '{propertyId_value}')

複数値の拡張プロパティに一致するアイテムを展開する

GET https://outlook.office.com/api/beta/me/messages('{message_id}')?$expand=MultiValueExtendedProperties($filter=PropertyId eq '{propertyId_value}')

GET https://outlook.office.com/api/beta/me/events('{event_id}')?$expand=MultiValueExtendedProperties($filter=PropertyId eq '{propertyId_value}')

GET https://outlook.office.com/api/beta/me/contacts('{contact_id}')?$expand=MultiValueExtendedProperties($filter=PropertyId eq '{propertyId_value}')

GET https://outlook.office.com/api/beta/me/tasks('{task_id}')?$expand=MultiValueExtendedProperties($filter=PropertyId eq '{propertyId_value}')

GET https://outlook.office.com/api/beta/me/mailfolders('{mailFolder_id}')?$expand=MultiValueExtendedProperties($filter=PropertyId eq '{propertyId_value}')

GET https://outlook.office.com/api/beta/me/calendars('{calendar_id}')?$expand=MultiValueExtendedProperties($filter=PropertyId eq '{propertyId_value}')

GET https://outlook.office.com/api/beta/me/contactfolders('{contactFolder_id}')?$expand=MultiValueExtendedProperties($filter=PropertyId eq '{propertyId_value}')

GET https://outlook.office.com/api/beta/me/taskfolders('{taskfolder_id}')?$expand=MultiValueExtendedProperties($filter=PropertyId eq '{propertyId_value}')

最小限必要なスコープ: 次の対象リソースに対応する読み取りスコープのうちのいずれかです。

要求のサンプル

最初の例では、単一値の拡張プロパティを含めることによって指定されたメッセージを取得して展開します。 フィルターは、PropertyId が文字列 String {66f5a359-4659-4830-9070-00047ec6ac6e} Name Color と一致する拡張プロパティを返します (ここでは、読みやすくするため URL エンコードを削除しています)。

GET https://outlook.office.com/api/beta/me/messages('AAMkAGE1M2_bs88AACHsLqWAAA=')?$expand=SingleValueExtendedProperties($filter=PropertyId%20eq%20'String%20{66f5a359-4659-4830-9070-00047ec6ac6e}%20Name%20Color')

応答のサンプル

成功した応答は、HTTP 200 OK 応答コードで示されます。

応答本文には、指定されたメッセージのすべてのプロパティと、フィルターから返される拡張プロパティが含まれています。

{
    "@odata.context": "https://outlook.office.com/api/beta/$metadata#Me/Messages/$entity",
    "@odata.id": "https://outlook.office.com/api/beta/Users('ddfcd489-628b-40d7-b48b-57002df800e5@1717622f-1d94-4d0c-9d74-709fad664b77')/Messages('AAMkAGE1M2_bs88AACHsLqWAAA=')",
    "@odata.etag": "W/\"CQAAABYAAACY4MQpaFz9SbqUDe4+bs88AACbyS4H\"",
    "Id": "AAMkAGE1M2_bs88AACHsLqWAAA=",
    "CreatedDateTime": "2015-11-11T02:41:24Z",
    "LastModifiedDateTime": "2015-12-09T04:07:57Z",
    "ChangeKey": "CQAAABYAAACY4MQpaFz9SbqUDe4+bs88AACbyS4H",
    "Categories": [
    ],
    "ReceivedDateTime": "2015-11-11T02:41:24Z",
    "SentDateTime": "2015-11-11T02:41:24Z",
    "HasAttachments": false,
    "InternetMessageId": "<SN2SR0101MB002977E7C30F9CA9AA55961484130@SN2SR0101MB0029.contoso.com>",
    "Subject": "RE: Talk about emergency prep",
    "Body": {
        "ContentType": "HTML",
        "Content": "<html>\r\n<head>\r\n<meta http-equiv=\"Content-Type\" content=\"text/html; charset=utf-8\">\r\n<meta content=\"text/html; charset=iso-8859-1\">\r\n<style type=\"text/css\" style=\"\">\r\n<!--\r\np\r\n\t{margin-top:0;\r\n\tmargin-bottom:0}\r\n-->\r\n</style>\r\n</head>\r\n<body dir=\"ltr\">\r\n<hr tabindex=\"-1\" style=\"display:inline-block; width:98%\">\r\n<div id=\"divRplyFwdMsg\" dir=\"ltr\"><font face=\"Calibri, sans-serif\" color=\"#000000\" style=\"font-size:11pt\"><b>From:</b> Christine Irwin<br>\r\n<b>Sent:</b> Sunday, November 8, 2015 12:28:31 AM<br>\r\n<b>To:</b> Terrie Barrera<br>\r\n<b>Subject:</b> Talk about emergency prep<br>\r\n<b>When:</b> Sunday, November 8, 2015 7:00 PM-8:00 PM.<br>\r\n<b>Where:</b> The Commons</font>\r\n<div>&nbsp;</div>\r\n</div>\r\n<div>\r\n<div id=\"divtagdefaultwrapper\" style=\"font-size:12pt; color:#000000; background-color:#FFFFFF; font-family:Calibri,Arial,Helvetica,sans-serif\">\r\n<p>Please see the attached before you come to the meeting.<br>\r\n</p>\r\n</div>\r\n</div>\r\n</body>\r\n</html>\r\n"
    },
    "BodyPreview": "________________________________",
    "Importance": "Normal",
    "ParentFolderId": "AQMkAGE1M2jgxCloXP1JupQN7j5uzzwAAAIBDwAAAA==",
    "Sender": {
        "EmailAddress": {
            "Name": "Christine Irwin",
            "Address": "christine@contoso.com"
        }
    },
    "From": null,
    "ToRecipients": [
        {
            "EmailAddress": {
                "Name": "Christine Irwin",
                "Address": "christine@contoso.com"
            }
        }
    ],
    "CcRecipients": [
    ],
    "BccRecipients": [
    ],
    "ReplyTo": [
    ],
    "ConversationId": "AAQkAGE1M2IyNGNmLTI5MTktNDUyZi1iOTVlLTY0YjcxZWUzNTE1MAAQAHWT1sRiMChEmlQCIZUadoU=",
    "IsDeliveryReceiptRequested": false,
    "IsReadReceiptRequested": false,
    "IsRead": true,
    "IsDraft": true,
    "WebLink": "https://outlook.office.com/owa/?ItemID=AAMkAGE1M2%2Bbs88AACHsLqWAAA%3D&exvsurl=1&viewmodel=ReadMessageItem",
    "MentionedMe": null,
    "HashtagDetailsPreview": null,
    "LikesPreview": null,
    "Mentioned": [
    ],
    "InferenceClassification": "Focused",
    "UnsubscribeData": [
    ],
    "UnsubscribeEnabled": false,
    "SingleValueExtendedProperties@odata.context": "https://outlook.office.com/api/beta/$metadata#Me/Messages('AAMkAGE1M2_bs88AACHsLqWAAA%3D')/SingleValueExtendedProperties",
    "SingleValueExtendedProperties": [
        {
            "PropertyId": "String {66f5a359-4659-4830-9070-00047ec6ac6e} Name Color",
            "Value": "Green"
        }
    ]
}

要求のサンプル

2 番目の例では、複数値の拡張プロパティを含めることによって指定されたイベントを取得して展開します。 フィルターは、PropertyId が文字列 StringArray {66f5a359-4659-4830-9070-00050ec6ac6e} Name Recreation と一致する拡張プロパティを返します (ここでは、読みやすくするため URL エンコードを削除しています)。

GET https://outlook.office.com/api/beta/me/events('AAMkAGE1M2_bs88AACbuFiiAAA=')?$expand=MultiValueExtendedProperties($filter=PropertyId%20eq%20'StringArray%20{66f5a359-4659-4830-9070-00050ec6ac6e}%20Name%20Recreation')

応答のサンプル

成功した応答は、HTTP 200 OK 応答コードで示されます。

応答本文には、指定されたイベントのすべてのプロパティと、フィルターから返される拡張プロパティが含まれています。

{
    "@odata.context": "https://outlook.office.com/api/beta/$metadata#Me/Events/$entity",
    "@odata.id": "https://outlook.office.com/api/beta/Users('ddfcd489-628b-40d7-b48b-57002df800e5@1717622f-1d94-4d0c-9d74-709fad664b77')/Events('AAMkAGE1M2_bs88AACbuFiiAAA=')",
    "@odata.etag": "W/\"mODEKWhc/Um6lA3uPm7PPAAAm8k15A==\"",
    "Id": "AAMkAGE1M2_bs88AACbuFiiAAA=",
    "CreatedDateTime": "2015-12-09T05:18:05.9477979Z",
    "LastModifiedDateTime": "2015-12-09T05:18:06.197802Z",
    "ChangeKey": "mODEKWhc/Um6lA3uPm7PPAAAm8k15A==",
    "Categories": [
    ],
    "OriginalStartTimeZone": "Pacific Standard Time",
    "OriginalEndTimeZone": "Pacific Standard Time",
    "ResponseStatus": {
        "Response": "Organizer",
        "Time": "0001-01-01T00:00:00Z"
    },
    "iCalUId": "04000000828A332796D9",
    "ReminderMinutesBeforeStart": 15,
    "IsReminderOn": true,
    "HasAttachments": false,
    "Subject": "Family reunion",
    "Body": {
        "ContentType": "HTML",
        "Content": "<html>\r\n<head>\r\n<meta http-equiv=\"Content-Type\" content=\"text/html; charset=utf-8\">\r\n<meta content=\"text/html; charset=us-ascii\">\r\n</head>\r\n<body>\r\nLet's get together this Thanksgiving!\r\n</body>\r\n</html>\r\n"
    },
    "BodyPreview": "Let's get together this Thanksgiving!",
    "Importance": "Normal",
    "Sensitivity": "Normal",
    "Start": {
        "DateTime": "2015-11-26T17:00:00.0000000",
        "TimeZone": "UTC"
    },
    "End": {
        "DateTime": "2015-11-30T05:00:00.0000000",
        "TimeZone": "UTC"
    },
    "Location": {
        "DisplayName": ""
    },
    "IsAllDay": false,
    "IsCancelled": false,
    "IsOrganizer": true,
    "Recurrence": null,
    "ResponseRequested": true,
    "SeriesMasterId": null,
    "ShowAs": "Busy",
    "Type": "SingleInstance",
    "Attendees": [
        {
            "Status": {
                "Response": "None",
                "Time": "0001-01-01T00:00:00Z"
            },
            "Type": "Required",
            "EmailAddress": {
                "Name": "Terrie Barrera",
                "Address": "Terrie@contoso.com"
            }
        },
        {
            "Status": {
                "Response": "None",
                "Time": "0001-01-01T00:00:00Z"
            },
            "Type": "Required",
            "EmailAddress": {
                "Name": "Lauren Solis",
                "Address": "Lauren@contoso.com"
            }
        }
    ],
    "Organizer": {
        "EmailAddress": {
            "Name": "Christine Irwin",
            "Address": "christine@contoso.com"
        }
    },
    "WebLink": "https://outlook.office.com/owa/?ItemID=AAMkAGE1M2%2Bbs88AACbuFiiAAA%3D&exvsurl=1&viewmodel=ICalendarItemDetailsViewModelFactory",
    "MultiValueExtendedProperties@odata.context": "https://outlook.office.com/api/beta/$metadata#Me/Events('AAMkAGE1M2_bs88AACbuFiiAAA%3D')/MultiValueExtendedProperties",
    "MultiValueExtendedProperties": [
        {
            "PropertyId": "StringArray {66f5a359-4659-4830-9070-00050ec6ac6e} Name Recreation",
            "Value": [
                "Food",
                "Hiking",
                "Swimming"
            ]
        }
    ]
}

PropertyId のフィルターで指定されている拡張プロパティを使用して拡張されたサポートされるリソースのインスタンスを取得します。

PropertyId のフィルターで指定する文字列 {propertyId_value} は、サポートされる PropertyId の形式のいずれかに従う必要があります。 フィルター文字列内の空白文字に URL エンコードを適用していることを確認してください。

単一値の拡張プロパティに一致するアイテムを展開する

GET https://outlook.office.com/api/v2.0/me/messages('{message_id}')?$expand=SingleValueExtendedProperties($filter=PropertyId eq '{propertyId_value}')

GET https://outlook.office.com/api/v2.0/me/events('{event_id}')?$expand=SingleValueExtendedProperties($filter=PropertyId eq '{propertyId_value}')

GET https://outlook.office.com/api/v2.0/me/contacts('{contact_id}')?$expand=SingleValueExtendedProperties($filter=PropertyId eq '{propertyId_value}')

GET https://outlook.office.com/api/v2.0/me/tasks('{task_id}')?$expand=SingleValueExtendedProperties($filter=PropertyId eq '{propertyId_value}')

GET https://outlook.office.com/api/v2.0/me/mailfolders('{mailFolder_id}')?$expand=SingleValueExtendedProperties($filter=PropertyId eq '{propertyId_value}')

GET https://outlook.office.com/api/v2.0/me/calendars('{calendar_id}')?$expand=SingleValueExtendedProperties($filter=PropertyId eq '{propertyId_value}')

GET https://outlook.office.com/api/v2.0/me/contactfolders('{contactFolder_id}')?$expand=SingleValueExtendedProperties($filter=PropertyId eq '{propertyId_value}')

GET https://outlook.office.com/api/v2.0/me/taskfolders('{taskfolder_id}')?$expand=SingleValueExtendedProperties($filter=PropertyId eq '{propertyId_value}')

複数値の拡張プロパティに一致するアイテムを展開する

GET https://outlook.office.com/api/v2.0/me/messages('{message_id}')?$expand=MultiValueExtendedProperties($filter=PropertyId eq '{propertyId_value}')

GET https://outlook.office.com/api/v2.0/me/events('{event_id}')?$expand=MultiValueExtendedProperties($filter=PropertyId eq '{propertyId_value}')

GET https://outlook.office.com/api/v2.0/me/contacts('{contact_id}')?$expand=MultiValueExtendedProperties($filter=PropertyId eq '{propertyId_value}')

GET https://outlook.office.com/api/v2.0/me/tasks('{task_id}')?$expand=MultiValueExtendedProperties($filter=PropertyId eq '{propertyId_value}')

GET https://outlook.office.com/api/v2.0/me/mailfolders('{mailFolder_id}')?$expand=MultiValueExtendedProperties($filter=PropertyId eq '{propertyId_value}')

GET https://outlook.office.com/api/v2.0/me/calendars('{calendar_id}')?$expand=MultiValueExtendedProperties($filter=PropertyId eq '{propertyId_value}')

GET https://outlook.office.com/api/v2.0/me/contactfolders('{contactFolder_id}')?$expand=MultiValueExtendedProperties($filter=PropertyId eq '{propertyId_value}')

GET https://outlook.office.com/api/v2.0/me/taskfolders('{taskfolder_id}')?$expand=MultiValueExtendedProperties($filter=PropertyId eq '{propertyId_value}')

最小限必要なスコープ: 次の対象リソースに対応する読み取りスコープのうちのいずれかです。

要求のサンプル

最初の例では、単一値の拡張プロパティを含めることによって指定されたメッセージを取得して展開します。 フィルターは、PropertyId が文字列 String {66f5a359-4659-4830-9070-00047ec6ac6e} Name Color と一致する拡張プロパティを返します (ここでは、読みやすくするため URL エンコードを削除しています)。

GET https://outlook.office.com/api/v2.0/me/messages('AAMkAGE1M2_bs88AACHsLqWAAA=')?$expand=SingleValueExtendedProperties($filter=PropertyId%20eq%20'String%20{66f5a359-4659-4830-9070-00047ec6ac6e}%20Name%20Color')

応答のサンプル

成功した応答は、HTTP 200 OK 応答コードで示されます。

応答本文には、指定されたメッセージのすべてのプロパティと、フィルターから返される拡張プロパティが含まれています。

{
    "@odata.context": "https://outlook.office.com/api/v2.0/$metadata#Me/Messages/$entity",
    "@odata.id": "https://outlook.office.com/api/v2.0/Users('ddfcd489-628b-40d7-b48b-57002df800e5@1717622f-1d94-4d0c-9d74-709fad664b77')/Messages('AAMkAGE1M2_bs88AACHsLqWAAA=')",
    "@odata.etag": "W/\"CQAAABYAAACY4MQpaFz9SbqUDe4+bs88AACbyS4H\"",
    "Id": "AAMkAGE1M2_bs88AACHsLqWAAA=",
    "CreatedDateTime": "2015-11-11T02:41:24Z",
    "LastModifiedDateTime": "2015-12-09T04:07:57Z",
    "ChangeKey": "CQAAABYAAACY4MQpaFz9SbqUDe4+bs88AACbyS4H",
    "Categories": [
    ],
    "ReceivedDateTime": "2015-11-11T02:41:24Z",
    "SentDateTime": "2015-11-11T02:41:24Z",
    "HasAttachments": false,
    "InternetMessageId": "<SN2SR0101MB002977E7C30F9CA9AA55961484130@SN2SR0101MB0029.contoso.com>",
    "Subject": "RE: Talk about emergency prep",
    "Body": {
        "ContentType": "HTML",
        "Content": "<html>\r\n<head>\r\n<meta http-equiv=\"Content-Type\" content=\"text/html; charset=utf-8\">\r\n<meta content=\"text/html; charset=iso-8859-1\">\r\n<style type=\"text/css\" style=\"\">\r\n<!--\r\np\r\n\t{margin-top:0;\r\n\tmargin-bottom:0}\r\n-->\r\n</style>\r\n</head>\r\n<body dir=\"ltr\">\r\n<hr tabindex=\"-1\" style=\"display:inline-block; width:98%\">\r\n<div id=\"divRplyFwdMsg\" dir=\"ltr\"><font face=\"Calibri, sans-serif\" color=\"#000000\" style=\"font-size:11pt\"><b>From:</b> Christine Irwin<br>\r\n<b>Sent:</b> Sunday, November 8, 2015 12:28:31 AM<br>\r\n<b>To:</b> Terrie Barrera<br>\r\n<b>Subject:</b> Talk about emergency prep<br>\r\n<b>When:</b> Sunday, November 8, 2015 7:00 PM-8:00 PM.<br>\r\n<b>Where:</b> The Commons</font>\r\n<div>&nbsp;</div>\r\n</div>\r\n<div>\r\n<div id=\"divtagdefaultwrapper\" style=\"font-size:12pt; color:#000000; background-color:#FFFFFF; font-family:Calibri,Arial,Helvetica,sans-serif\">\r\n<p>Please see the attached before you come to the meeting.<br>\r\n</p>\r\n</div>\r\n</div>\r\n</body>\r\n</html>\r\n"
    },
    "BodyPreview": "________________________________",
    "Importance": "Normal",
    "ParentFolderId": "AQMkAGE1M2jgxCloXP1JupQN7j5uzzwAAAIBDwAAAA==",
    "Sender": {
        "EmailAddress": {
            "Name": "Christine Irwin",
            "Address": "christine@contoso.com"
        }
    },
    "From": null,
    "ToRecipients": [
        {
            "EmailAddress": {
                "Name": "Christine Irwin",
                "Address": "christine@contoso.com"
            }
        }
    ],
    "CcRecipients": [
    ],
    "BccRecipients": [
    ],
    "ReplyTo": [
    ],
    "ConversationId": "AAQkAGE1M2IyNGNmLTI5MTktNDUyZi1iOTVlLTY0YjcxZWUzNTE1MAAQAHWT1sRiMChEmlQCIZUadoU=",
    "IsDeliveryReceiptRequested": false,
    "IsReadReceiptRequested": false,
    "IsRead": true,
    "IsDraft": true,
    "WebLink": "https://outlook.office.com/owa/?ItemID=AAMkAGE1M2%2Bbs88AACHsLqWAAA%3D&exvsurl=1&viewmodel=ReadMessageItem",
    "MentionedMe": null,
    "HashtagDetailsPreview": null,
    "LikesPreview": null,
    "Mentioned": [
    ],
    "InferenceClassification": "Focused",
    "UnsubscribeData": [
    ],
    "UnsubscribeEnabled": false,
    "SingleValueExtendedProperties@odata.context": "https://outlook.office.com/api/v2.0/$metadata#Me/Messages('AAMkAGE1M2_bs88AACHsLqWAAA%3D')/SingleValueExtendedProperties",
    "SingleValueExtendedProperties": [
        {
            "PropertyId": "String {66f5a359-4659-4830-9070-00047ec6ac6e} Name Color",
            "Value": "Green"
        }
    ]
}

要求のサンプル

2 番目の例では、複数値の拡張プロパティを含めることによって指定されたイベントを取得して展開します。 フィルターは、PropertyId が文字列 StringArray {66f5a359-4659-4830-9070-00050ec6ac6e} Name Recreation と一致する拡張プロパティを返します (ここでは、読みやすくするため URL エンコードを削除しています)。

GET https://outlook.office.com/api/v2.0/me/events('AAMkAGE1M2_bs88AACbuFiiAAA=')?$expand=MultiValueExtendedProperties($filter=PropertyId%20eq%20'StringArray%20{66f5a359-4659-4830-9070-00050ec6ac6e}%20Name%20Recreation')

応答のサンプル

成功した応答は、HTTP 200 OK 応答コードで示されます。

応答本文には、指定されたイベントのすべてのプロパティと、フィルターから返される拡張プロパティが含まれています。

{
    "@odata.context": "https://outlook.office.com/api/v2.0/$metadata#Me/Events/$entity",
    "@odata.id": "https://outlook.office.com/api/v2.0/Users('ddfcd489-628b-40d7-b48b-57002df800e5@1717622f-1d94-4d0c-9d74-709fad664b77')/Events('AAMkAGE1M2_bs88AACbuFiiAAA=')",
    "@odata.etag": "W/\"mODEKWhc/Um6lA3uPm7PPAAAm8k15A==\"",
    "Id": "AAMkAGE1M2_bs88AACbuFiiAAA=",
    "CreatedDateTime": "2015-12-09T05:18:05.9477979Z",
    "LastModifiedDateTime": "2015-12-09T05:18:06.197802Z",
    "ChangeKey": "mODEKWhc/Um6lA3uPm7PPAAAm8k15A==",
    "Categories": [
    ],
    "OriginalStartTimeZone": "Pacific Standard Time",
    "OriginalEndTimeZone": "Pacific Standard Time",
    "ResponseStatus": {
        "Response": "Organizer",
        "Time": "0001-01-01T00:00:00Z"
    },
    "iCalUId": "04000000828A332796D9",
    "ReminderMinutesBeforeStart": 15,
    "IsReminderOn": true,
    "HasAttachments": false,
    "Subject": "Family reunion",
    "Body": {
        "ContentType": "HTML",
        "Content": "<html>\r\n<head>\r\n<meta http-equiv=\"Content-Type\" content=\"text/html; charset=utf-8\">\r\n<meta content=\"text/html; charset=us-ascii\">\r\n</head>\r\n<body>\r\nLet's get together this Thanksgiving!\r\n</body>\r\n</html>\r\n"
    },
    "BodyPreview": "Let's get together this Thanksgiving!",
    "Importance": "Normal",
    "Sensitivity": "Normal",
    "Start": {
        "DateTime": "2015-11-26T17:00:00.0000000",
        "TimeZone": "UTC"
    },
    "End": {
        "DateTime": "2015-11-30T05:00:00.0000000",
        "TimeZone": "UTC"
    },
    "Location": {
        "DisplayName": ""
    },
    "IsAllDay": false,
    "IsCancelled": false,
    "IsOrganizer": true,
    "Recurrence": null,
    "ResponseRequested": true,
    "SeriesMasterId": null,
    "ShowAs": "Busy",
    "Type": "SingleInstance",
    "Attendees": [
        {
            "Status": {
                "Response": "None",
                "Time": "0001-01-01T00:00:00Z"
            },
            "Type": "Required",
            "EmailAddress": {
                "Name": "Terrie Barrera",
                "Address": "Terrie@contoso.com"
            }
        },
        {
            "Status": {
                "Response": "None",
                "Time": "0001-01-01T00:00:00Z"
            },
            "Type": "Required",
            "EmailAddress": {
                "Name": "Lauren Solis",
                "Address": "Lauren@contoso.com"
            }
        }
    ],
    "Organizer": {
        "EmailAddress": {
            "Name": "Christine Irwin",
            "Address": "christine@contoso.com"
        }
    },
    "WebLink": "https://outlook.office.com/owa/?ItemID=AAMkAGE1M2%2Bbs88AACbuFiiAAA%3D&exvsurl=1&viewmodel=ICalendarItemDetailsViewModelFactory",
    "MultiValueExtendedProperties@odata.context": "https://outlook.office.com/api/v2.0/$metadata#Me/Events('AAMkAGE1M2_bs88AACbuFiiAAA%3D')/MultiValueExtendedProperties",
    "MultiValueExtendedProperties": [
        {
            "PropertyId": "StringArray {66f5a359-4659-4830-9070-00050ec6ac6e} Name Recreation",
            "Value": [
                "Food",
                "Hiking",
                "Swimming"
            ]
        }
    ]
}

拡張プロパティにフィルターを使用してアイテムを取得する

PropertyIdValue のフィルターによって指定される拡張プロパティを持つサポートされるリソースのインスタンスを取得します。 フィルターは、サインインしているユーザーのメールボックス内のリソースのすべてのインスタンスに適用されます。 このフィルターは、単一値のみをサポートし、複数値の拡張プロパティはサポートしません。

PropertyId のフィルターで指定する文字列 {propertyId_value} は、サポートされる PropertyId の形式のいずれかに従う必要があります。

{property_value} が文字列ではない場合、ep/value{property_value} と比較するときに、適切な Edm データ型に明示的にキャストしてください。 文字列以外で型指定されたプロパティのサンプル要求については、以下でそのようなキャストの例をご確認ください。

フィルター文字列内のコロン、スラッシュ、スペースに URL エンコードを適用していることをご確認ください。

GET https://outlook.office.com/api/beta/me/messages?$filter=SingleValueExtendedProperties/Any(ep: ep/PropertyId eq '{propertyId_value}' and ep/Value eq '{property_value}')

GET https://outlook.office.com/api/beta/me/events?$filter=SingleValueExtendedProperties/Any(ep: ep/PropertyId eq '{propertyId_value}' and ep/Value eq '{property_value}')

GET https://outlook.office.com/api/beta/me/contacts?$filter=SingleValueExtendedProperties/Any(ep: ep/PropertyId eq '{propertyId_value}' and ep/Value eq '{property_value}')

GET https://outlook.office.com/api/beta/me/tasks?$filter=SingleValueExtendedProperties/Any(ep: ep/PropertyId eq '{propertyId_value}' and ep/Value eq '{property_value}')

GET https://outlook.office.com/api/beta/me/mailfolders?$filter=SingleValueExtendedProperties/Any(ep: ep/PropertyId eq '{propertyId_value}' and ep/Value eq '{property_value}')

GET https://outlook.office.com/api/beta/me/calendars?$filter=SingleValueExtendedProperties/Any(ep: ep/PropertyId eq '{propertyId_value}' and ep/Value eq '{property_value}')

GET https://outlook.office.com/api/beta/me/contactfolders?$filter=SingleValueExtendedProperties/Any(ep: ep/PropertyId eq '{propertyId_value}' and ep/Value eq '{property_value}')

GET https://outlook.office.com/api/beta/me/taskfolders?$filter=SingleValueExtendedProperties/Any(ep: ep/PropertyId eq '{propertyId_value}' and ep/Value eq '{property_value}')

最小限必要なスコープ: 次の対象リソースに対応する読み取りスコープのうちのいずれかです。

要求のサンプル

最初の例では、文字列で型指定され、フィルターで指定された単一値の拡張プロパティを持つメッセージを取得します。 フィルターは、以下のような拡張プロパティを検索します。

  • その PropertyId は文字列 String {66f5a359-4659-4830-9070-00047ec6ac6e} Name Color と一致します (ここでは、読みやすくするため URL エンコードを削除しています)。
  • その Value は文字列 Green です。
GET https://outlook.office.com/api/beta/me/Messages?$filter=SingleValueExtendedProperties%2FAny(ep%3A%20ep%2FPropertyId%20eq%20'String%20{66f5a359-4659-4830-9070-00047ec6ac6e}%20Name%20Color'%20and%20ep%2FValue%20eq%20'Green')

次の 2 つの例では、文字列以外で型指定された単一値の拡張プロパティを持つメッセージを取得する方法を示しています。 読みやすくするため、必要な URL エンコードは含まれていません。 次の例は、以下のような拡張プロパティを検索するフィルターを示しています。

  • その PropertyId は文字列 CLSID {00062008-0000-0000-C000-000000000046} Name ConnectorSenderGuid と一致します。

  • その Value は GUID b9cf8971-7d55-4b73-9ffa-a584611b600b です。 プロパティ値を GUID と比較するには、ep/ValueEdm.Guid にキャストします。

GET https://outlook.office.com/api/beta/me/Messages?$filter=SingleValueExtendedProperties/any(ep:ep/PropertyId eq 'CLSID {00062008-0000-0000-C000-000000000046} Name ConnectorSenderGuid' and cast(ep/Value, Edm.Guid) eq (b9cf8971-7d55-4b73-9ffa-a584611b600b))

3 番目と最後の例は、以下のような拡張プロパティを検索するフィルターを示しています。

  • その PropertyId は文字列 Integer {66f5a359-4659-4830-9070-00047ec6ac6e} Name Pallete と一致します。

  • その Value は整数 12 と等しくなります。 プロパティ値を整数と比較するには、ep/ValueEdm.Int32 にキャストします。

GET https://outlook.office.com/api/beta/me/Messages?$filter=SingleValueExtendedProperties/any(ep:ep/PropertyId eq 'Integer {66f5a359-4659-4830-9070-00047ec6ac6e} Name Pallete' and cast(ep/Value, Edm.Int32) eq 12)

応答のサンプル

正常な応答が HTTP 200 OK 応答コードによって示され、応答の本文には、対応するフィルターに一致する拡張プロパティを持つメッセージのすべてのプロパティが含まれます。 応答本文は、メッセージのコレクションの取得からの応答に似ています。 応答は、一致する拡張プロパティを含みません。

PropertyIdValue のフィルターによって指定される拡張プロパティを持つサポートされるリソースのインスタンスを取得します。 フィルターは、サインインしているユーザーのメールボックス内のリソースのすべてのインスタンスに適用されます。 このフィルターは、単一値のみをサポートし、複数値の拡張プロパティはサポートしません。

PropertyId のフィルターで指定する文字列 {propertyId_value} は、サポートされる PropertyId の形式のいずれかに従う必要があります。

{property_value} が文字列ではない場合、ep/value{property_value} と比較するときに、適切な Edm データ型に明示的にキャストしてください。 文字列以外で型指定されたプロパティのサンプル要求については、以下でそのようなキャストの例をご確認ください。

フィルター文字列内のコロン、スラッシュ、スペースに URL エンコードを適用していることをご確認ください。

GET https://outlook.office.com/api/v2.0/me/messages?$filter=SingleValueExtendedProperties/Any(ep: ep/PropertyId eq '{propertyId_value}' and ep/Value eq '{property_value}')

GET https://outlook.office.com/api/v2.0/me/events?$filter=SingleValueExtendedProperties/Any(ep: ep/PropertyId eq '{propertyId_value}' and ep/Value eq '{property_value}')

GET https://outlook.office.com/api/v2.0/me/contacts?$filter=SingleValueExtendedProperties/Any(ep: ep/PropertyId eq '{propertyId_value}' and ep/Value eq '{property_value}')

GET https://outlook.office.com/api/v2.0/me/tasks?$filter=SingleValueExtendedProperties/Any(ep: ep/PropertyId eq '{propertyId_value}' and ep/Value eq '{property_value}')

GET https://outlook.office.com/api/v2.0/me/mailfolders?$filter=SingleValueExtendedProperties/Any(ep: ep/PropertyId eq '{propertyId_value}' and ep/Value eq '{property_value}')

GET https://outlook.office.com/api/v2.0/me/calendars?$filter=SingleValueExtendedProperties/Any(ep: ep/PropertyId eq '{propertyId_value}' and ep/Value eq '{property_value}')

GET https://outlook.office.com/api/v2.0/me/contactfolders?$filter=SingleValueExtendedProperties/Any(ep: ep/PropertyId eq '{propertyId_value}' and ep/Value eq '{property_value}')

GET https://outlook.office.com/api/v2.0/me/taskfolders?$filter=SingleValueExtendedProperties/Any(ep: ep/PropertyId eq '{propertyId_value}' and ep/Value eq '{property_value}')

最小限必要なスコープ: 次の対象リソースに対応する読み取りスコープのうちのいずれかです。

要求のサンプル

最初の例では、フィルターで指定された単一値の拡張プロパティを持つメッセージを取得します。フィルターは、次のものを持つ拡張のプロパティを返します。

  • 文字列 String {66f5a359-4659-4830-9070-00047ec6ac6e} Name Color と一致する PropertyId (ここでは、読みやすくするため URL エンコードを削除しています)。
  • その ValueGreen です。
GET https://outlook.office.com/api/v2.0/Me/Messages?$filter=SingleValueExtendedProperties%2FAny(ep%3A%20ep%2FPropertyId%20eq%20'String%20{66f5a359-4659-4830-9070-00047ec6ac6e}%20Name%20Color'%20and%20ep%2FValue%20eq%20'Green')

次の 2 つの例では、文字列以外で型指定された単一値の拡張プロパティを持つメッセージを取得する方法を示しています。 読みやすくするため、必要な URL エンコードは含まれていません。 次の例は、以下のような拡張プロパティを検索するフィルターを示しています。

  • その PropertyId は文字列 CLSID {00062008-0000-0000-C000-000000000046} Name ConnectorSenderGuid と一致します。

  • その Value は GUID b9cf8971-7d55-4b73-9ffa-a584611b600b です。 プロパティ値を GUID と比較するには、ep/ValueEdm.Guid にキャストします。

GET https://outlook.office.com/api/beta/me/Messages?$filter=SingleValueExtendedProperties/any(ep:ep/PropertyId eq 'CLSID {00062008-0000-0000-C000-000000000046} Name ConnectorSenderGuid' and cast(ep/Value, Edm.Guid) eq (b9cf8971-7d55-4b73-9ffa-a584611b600b))

3 番目と最後の例は、以下のような拡張プロパティを検索するフィルターを示しています。

  • その PropertyId は文字列 Integer {66f5a359-4659-4830-9070-00047ec6ac6e} Name Pallete と一致します。

  • その Value は整数 12 と等しくなります。 プロパティ値を整数と比較するには、ep/ValueEdm.Int32 にキャストします。

GET https://outlook.office.com/api/beta/me/Messages?$filter=SingleValueExtendedProperties/any(ep:ep/PropertyId eq 'Integer {66f5a359-4659-4830-9070-00047ec6ac6e} Name Pallete' and cast(ep/Value, Edm.Int32) eq 12)

応答のサンプル

正常な応答が HTTP 200 OK 応答コードによって示され、応答の本文には、対応するフィルターに一致する拡張プロパティを持つメッセージのすべてのプロパティが含まれます。 応答本文は、メッセージのコレクションの取得からの応答に似ています。 応答は、一致する拡張プロパティを含みません。


次の手順

アプリケーション開発を開始する準備ができている方にも、単に詳しい情報を必要としている方にも、最適なコンテンツをご用意しています。

Office 365 プラットフォームの使い方の詳細については、次のリンク先をご覧ください。

アプリ開発を開始する準備ができている方にも、単に詳しい情報を必要としている方にも、最適なコンテンツをご用意しています。

Office 365 プラットフォームの使い方の詳細については、次のリンク先をご覧ください。

© 2018 Microsoft