Format メソッド (String, Object, Object)
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

String.Format メソッド (String, Object, Object)

 

指定した文字列の書式項目を、指定した 2 つのオブジェクトの文字列形式に置換します。

名前空間:   System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public static string Format(
	string format,
	object arg0,
	object arg1
)

パラメーター

format

arg0

1 番目に書式設定するオブジェクト。

arg1

2 番目に書式設定するオブジェクト。

戻り値

Type: System.String

書式項目が formatarg0 の文字列形式に置換された arg1 のコピー。

Exception Condition
ArgumentNullException

formatnull です。

FormatException

format が無効です。

または

書式指定項目のインデックスが 0 個または 1 です。

System_CAPS_noteメモ

使用例と包括的な使用法については、他のオーバー ロードは、 Format メソッドを参照してください、 Format オーバー ロードの概要です。

Universal Windows Platform
10 から利用可能
.NET Framework
1.1 から利用可能
Silverlight
2.0 から利用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 から利用可能
トップに戻る
表示:
© 2016 Microsoft