このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

配置 (C++)

更新 : 2007 年 11 月

配置とは、完成したアプリケーションやコンポーネントを他のコンピュータにインストールできるように配布するためのプロセスです。配置は、開発者のコンピュータでアプリケーションが作成された時点から始まり、ユーザーのコンピュータにアプリケーションがインストールされ実行できるようになった時点に終了する、複数段階のプロセスです。

Visual Studio には、Windows アプリケーションを配置する方法として、ClickOnce による配置と Windows インストーラによる配置という 2 つの異なるテクノロジが用意されています。

  • 共通言語ランタイムを動作環境とする C++ アプリケーション (混在アセンブリ、純粋なアセンブリ、検証可能なアセンブリ) は、ClickOnce を使用して配置できます。Windows インストーラを使用してマネージ アプリケーションを配置することもできますが、ClickOnce を使用することで、.NET Framework のセキュリティ機能 (マニフェストへの署名など) を最大限に活用できます。これは、Windows インストーラを使った配置にはないメリットです。ClickOnce は、ネイティブ C++ アプリケーションの配置には対応していません。詳細については、「Visual C++ アプリケーションの ClickOnce 配置」を参照してください。

  • Windows インストーラ テクノロジは、ネイティブ C++ アプリケーションの配置だけでなく、共通言語ランタイムを動作環境とする C++ アプリケーションの配置にも使用できます。

ClickOnce と Windows インストーラによる配置の比較の詳細については、「配置ストラテジの選択」を参照してください。

ここでは、ターゲット プラットフォームをサポートしているコンピュータでネイティブな Visual C++ アプリケーションを確実に実行する方法、インストール パッケージに含める必要があるファイル、およびアプリケーションが依存する Visual C++ コンポーネントを再配布する場合の推奨される方法について説明します。

これまで配置プロセスに携わったことがあり、主に Visual Studio 2008 での変更点について関心がある場合は、まず、「配置方法の選択」を参照してください。配置の例については、「配置例」を参照してください。

次のトピックでは、Visual C++ アプリケーションの配置について詳しく説明します。

表示: