Visual Studio 2017 を使用することをお勧めします

/Wp64 (64 ビット移植性の問題の検出)

 

公開日: 2016年7月

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

このコンパイラ オプションは廃止されました。 Visual Studio 2013 より前の Visual Studio のバージョンでは、このオプションは、__w64 キーワードでもマークされている型の 64 ビット移植性の問題を検出します。

/Wp64  

既定では、Visual Studio 2013 より前の Visual Studio のバージョンにおいて、/Wp64 コンパイラ オプションは Visual C++ の 32 ビットのコンパイラではオフで、Visual C++ の 64 ビットのコンパイラではオンです。

System_CAPS_ICON_important.jpg 重要

/Wp64 コンパイラ オプションと __w64 キーワードは、Visual Studio 2010 および Visual Studio 2012 で使用されなくなり、Visual Studio 2013 以降ではサポートされません。 このスイッチを使用するプロジェクトを変換すると、変換中にスイッチは移行されません。 このオプションを Visual Studio 2010 または Visual Studio 2012 で使用するには、プロジェクト プロパティの [コマンド ライン] セクションの [追加オプション] で、コンパイラ スイッチを入力する必要があります。 コマンド ラインから /Wp64 コンパイラ オプションを使用すると、コンパイラはコマンド ラインの警告 D9002 を発行します。 このオプションとキーワードを使用して 64 ビット移植に関する問題を検出する代わりに、64 ビット プラットフォームに対応する Visual C++ コンパイラを使用して、/W4 オプションを指定します。 詳細については、「64 ビット用プログラムの構成」を参照してください。

次の型の変数は、64 ビット オペレーティング システムで使用されている場合と同様に、32 ビットのオペレーティング システムでテストされます。

  • int

  • long

  • pointer

通常 64 ビット コンパイラを使用してアプリケーションをコンパイルする場合は、64 ビットのコンパイラがすべての問題を検出するため、32 ビットのコンパイル時には /Wp64 を無効にするだけで十分です。 Windows の 64 ビットのオペレーティング システムを対象にする方法の詳細については、「64 ビット用プログラムの構成」を参照してください。

Visual Studio 開発環境でこのコンパイラ オプションを設定するには

  1. プロジェクトの [プロパティ ページ] ダイアログ ボックスを開きます。

    詳細については、「方法 : プロジェクト プロパティ ページを開く」を参照してください。

  2. [C/C++] フォルダーをクリックします。

  3. [コマンド ライン] プロパティ ページをクリックします。

  4. /Wp64 を含めるよう [詳細オプション] ボックスを変更します。

このコンパイラ オプションをコードから設定するには

コンパイラ オプション
コンパイラ オプションの設定
64 ビット用プログラムの構成

表示: