この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

TextWriter.Write メソッド (String, Object, Object, Object)

 

公開日: 2016年10月

String.Format(String, Object, Object, Object) メソッドと同じセマンティクスを使用して、書式設定された文字列をテキスト文字列またはストリームに書き込みます。

名前空間:   System.IO
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public virtual void Write(
	string format,
	object arg0,
	object arg1,
	object arg2
)

パラメーター

format
Type: System.String

複合書式指定文字列 (「解説」を参照)。

arg0
Type: System.Object

書式設定および書き込みをする最初のオブジェクト。

arg1
Type: System.Object

書式設定および書き込みをする 2 番目のオブジェクト。

arg2
Type: System.Object

書式設定および書き込みをする 3 番目のオブジェクト。

Exception Condition
ArgumentNullException

formatnull です。

ObjectDisposedException

TextWriter が閉じています。

IOException

I/O エラーが発生します。

FormatException

format 有効な複合書式指定文字列ではありません。

または

書式指定項目のインデックスが 0 (ゼロ) よりも小さいか (つまり、このメソッドのオーバー ロードのうちの 3 つ) を書式設定オブジェクトの数以上です。

このメソッドを使用して、オブジェクトの値を文字列形式に変換して、その表現を文字列に埋め込むには、.NET Framework のです。 .NET Framework では、次の書式設定のトピックで詳しく説明されている広範な書式設定のサポートを提供します。

format パラメーターは、0 または 1 つ以上のインデックス付きプレース ホルダー、このメソッドのパラメーター リスト内のオブジェクトに対応する書式指定項目と呼ばれる個以上のテキストが混在します。 書式設定のプロセスでは、対応するオブジェクトの値の文字列形式に各書式項目を置換します。

書式指定項目の構文は次のとおりです。

{インデックス[、長さ] [:formatString]}

角かっこ内の要素は省略できます。 次の表では、各要素について説明します。 複合書式指定項目の構文を含む機能を書式設定の詳細については、次を参照してください。 複合書式指定します。

要素

説明

インデックス

書式設定するオブジェクトのパラメーター リスト内の 0 から始まる位置。 オブジェクトが指定された場合 インデックスnull, 、書式指定項目が置き換え String.Emptyします。 このオーバー ロードは、パラメーターに 3 つのオブジェクトを持つためにボックスの一覧の値 インデックス 0、1、または 2 を常にする必要があります。 内のパラメーターがない場合、 インデックス 、位置、 FormatException がスローされます。

長さ

パラメーターの文字列表記で文字列の最小数。 正の値は、パラメーター右揃えになります。負の場合は、左揃えをお勧めします。

:formatString

書式設定するオブジェクトでサポートされている標準またはカスタム書式指定文字列。 値の formatString は、オブジェクトのによってサポートされる値と同じ ToString(format) メソッドです。 場合 formatString が指定されていない書式設定するオブジェクトを実装して、 IFormattable インターフェイス、 null の値として渡される、 format パラメーターとして使用されている、 IFormattable.ToString 書式指定文字列。

先頭および末尾の文字を中かっこ"{"と"}"が必要です。 単一のリテラル中かっこ文字を指定する format, 先頭の 2 つの指定、または末尾に中かっこ文字です。 つまり、"{{"または"}}"。

このメソッドは個別の改行文字 (16 進 0x000a) の指定した文字列を検索されず、単に置き換え TextWriter.NewLineします。

指定したオブジェクトがない書式指定文字列で参照されている場合は無視されます。

共通 I/O タスクの一覧は、次を参照してください。 共通 I/O タスクします。

ユニバーサル Windows プラットフォーム
10 以降で使用可能
.NET Framework
1.1 以降で使用可能
トップに戻る
表示: