Visual Studio 2017 を使用することをお勧めします

/vmb、/vmg (処理形式)

 

公開日: 2016年7月

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

クラス メンバーを指すポインターをコンパイル時にどのように処理するかを指定します。

必ずクラスを定義してからそのクラスのメンバーへのポインターを宣言する場合は、/vmb を選択します。

クラスを定義する前に、そのクラスのメンバーへのポインターを宣言する場合は、/vmg を選択します。 このような順序で宣言するのは、互いに参照し合う 2 つの別のクラスにあるメンバーを定義する場合です。 2 つのクラスが互いに参照し合うときは必然的に、いずれか一方のクラスがそれを定義する以前に参照されます。

/vmb  
/vmg  

コード内で pointers_to_members または 継承キーワード を使用して、ポインター表現を指定することもできます。

Visual Studio 開発環境でこのコンパイラ オプションを設定するには

  1. プロジェクトの [プロパティ ページ] ダイアログ ボックスを開きます。 詳細については、「方法 : プロジェクト プロパティ ページを開く」を参照してください。

  2. [C/C++] フォルダーをクリックします。

  3. [コマンド ライン] プロパティ ページをクリックします。

  4. [追加のオプション] ボックスにコンパイラ オプションを入力します。

このコンパイラ オプションをコードから設定するには

コンパイラ オプション
コンパイラ オプションの設定

表示: