電話用 Continuum

概要

電話用 Continuum は、互換性のある Windows 10 Mobile デバイスの新しいエクスペリエンスです。 Continuum 対応のアクセサリ* により、モニターだけでなくマウスやキーボードに電話を接続して、その電話をノート PC のように使い、さまざまな処理を実行できます。また、Office のような生産性アプリを使っていても、ビデオやゲームで楽しんでいても、通話、SMS、ツイートなど、電話で行う操作はすべて、そのまま電話で行うことができます。**

* アクセサリは別売りです。

** アプリを入手できるかどうか、およびアプリのエクスペリエンスは、市場によって異なる場合があります。一部の機能には、Office 365 サブスクリプションが必要になる場合があります。

電話用 Continuum は、アプリを開くディスプレイ (電話の画面、モニター、大画面テレビ、会議室のプロジェクターなど) に基づいてアプリの表示を最適化することで、ユニバーサル Windows アプリのフレームワークを最大限に利用します。

この仕様では、この機能をサポートするためのハードウェア要件を規定します。Microsoft では、これらの要件に対して電話用 Continuum 機能の構築とテストを行います。

しくみ

モバイル デバイス (電話/タブレット) を、モニター、テレビ、プロジェクターなどの外部ディスプレイにドッキング (ワイヤード (有線) またはワイヤレス) すると、Windows 10 Mobile は、電話/タブレットに必要なエクスペリエンスを維持しながら、別途カスタマイズされたエクスペリエンスを外部ディスプレイで起動します。さらに、マウスやキーボードを、PC での操作と同じように、外部ディスプレイでも使うことができます。

Mt608594.Fig0_WiredWireless_Ovrvw(ja-jp,VS.85).png

電話/タブレットとモニターは、独立した個別のディスプレイとして管理されます。電話/タブレットとモニターの間でカーソルやアプリケーション ウィンドウをドラッグしたり、これらのディスプレイにまたがるようにデスクトップを拡張したりすることはできません。アプリケーションはいずれかのモニターで起動できます。また、アプリが拡張画面で実行されている場合は、内部画面でコンパニオン エクスペリエンスを実現できます。キーボードとマウスを、電話/タブレットと組み合わせた場合、そのキーボードやマウスでの入力は外部画面のみを対象とします。キーボードとマウスが接続されていない場合は、電話を使って入力を外部画面に提供できます。

デスクトップ環境では、次を利用できます。

  • [スタート] メニューを使った従来のデスクトップ エクスペリエンス
  • 外部画面への Windows 10 アプリのスケーリング
  • フル キーボードとマウスのサポート

モバイル環境では、次を利用できます。

  • 完全なモバイル機能 (通信、アプリを含む)
  • 電話画面サイズへの Windows 10 アプリのスケーリング

ハードウェア構成

電話用 Continuum では、ワイヤード (有線) とワイヤレスの両方の構成がサポートされます。ここでは、電話用 Continuum 機能をサポートするために構築されたと思われるハードウェア構成の例をいくつか示します。実際の実装と設計は、OEM とハードウェア ベンダーによって決まります。

ワイヤレス ドングル

図 1 は、メディア利用構成の Miracast ドングルを示しています。電話は、Miracast 経由でテレビにキャストされます。Bluetooth キーボードとマウスを使うと、外部画面でアプリケーションを制御できます。Windows 10 に含まれる Miracast 拡張機能をサポートするドングルでは、最高のエクスペリエンスが実現します。これらの拡張機能をサポートしない Miracast ドングルでは待ち時間が増えるほか、接続の問題も発生するため、エクスペリエンスが低下します。

図 1: 生産性アプリケーション構成における Miracast 専用ドングル

Mt608594.Fig1_WirelessDongle(ja-jp,VS.85).png

ワイヤレス ドック

図 2 は、ワイヤレス ドック構成を示しています。ワイヤレス ドックは、ワイヤレス ドングルと同じコンポーネントを中心に構築され、USB キーボードとマウスが追加接続されています。電話/タブレットからドックへのワイヤレス接続では、Miracast 経由でオーディオとビデオをサポートします。Windows 10 に含まれる Miracast 拡張機能をサポートするドングルでは、最高のエクスペリエンスが実現します。これらの拡張機能をサポートしない Miracast ドングルでは待ち時間が増えるほか、接続の問題も発生するため、エクスペリエンスが低下します。この構成では Bluetooth キーボードとマウスを使うことができます。または、USB キーボードとマウスをドックに接続し、その入力を、Windows 10 Mircast 拡張機能に含まれる Miracast User Input Back Channel (UIBC) 機能経由で電話にルーティングできます。UIBC キーボードとマウスを使うには、ドックが Windows 10 Miracast 拡張機能をサポートしている必要があります。

図 2: ワイヤレス ドック構成

Mt608594.Fig3_WirelessDock(ja-jp,VS.85).png

ワイヤード (有線) ドック

図 3 は、ワイヤード (有線) ドック構成を示しています。電話からドックへのワイヤード (有線) 接続では、オーディオ、ビデオ、USB、および電力をサポートします。ディスプレイ ケーブルでドックとモニターを接続します。キーボードとマウスは、ワイヤード (有線) またはワイヤレスのいずれかでドックに接続できます。この構成では、ワイヤード (有線) 接続で提供される帯域幅のおかげでドック エクスペリエンスが向上します。USB Type C は必須ではありませんが、推奨されます。これにより、高品質でわかりやすい 1 本のケーブル エクスペリエンスが実現します。

図 3: ワイヤード (有線) ドック構成

Mt608594.Fig4_WiredDock(ja-jp,VS.85).png

ハードウェア要件

このセクションでは、電話用の Continuum をサポートするために必要なハードウェア要件を定義します。

電話およびタブレット用 Continuum の要件

電話をサポートする Continuum は、Windows 10 の最小ハードウェア要件に関するページに記載されているすべての要件を満たす必要があります。Continuum をサポートするための追加の要件を表 1 に示します。

表 1: 電話用 Continuum の要件

コンポーネント最小要件プレミアムの推奨事項
アプリケーション プロセッサ Qualcomm MS8992、MS8994デュアル SIM サポート
RAM*

2 GB の RAM (ディスプレイ解像度が 720p の電話の場合)

3 GB の RAM (ディスプレイ解像度が 1080p 以上の電話の場合)

フラッシュ ストレージ ≥16 GB の非リムーバブル フラッシュ メモリ
microSD 省略可能microSD カード サポート
Bluetooth Bluetooth 4.0 サポートが必要
Wi-Fi 802.11n 以上のデュアル バンドをサポート802.11ac デュアル バンド推奨。2x2 アンテナ推奨。
Miracast Windows 10 Miracast 拡張機能をサポート。
USB ワイヤード (有線) ドック構成をサポートするには USB デュアル ロールが必要。USB 2.0 サポートが必要 USB 3.0 推奨。ワイヤード (有線) 構成をサポートするには USB Type C コネクタを強く推奨。

 

* ハイエンド カメラなどのカスタム機能を電話に追加するには、RAM の追加が必要になる場合があります。機能を追加する必要がある場合は、メモリ要件を慎重に見積もることが重要です。

電話用 Continuum のワイヤレス ドングルの要件

ワイヤレス ドングルは、次の要件を満たす必要があります。

表 2: 電話用 Continuum のワイヤレス ドングルの要件

コンポーネント最小要件プレミアム要件
Wi-Fi 802.11n 以上をサポート。 802.11ac デュアル バンド推奨。
Miracast 必須。「その他の要件」セクションを参照。 キーボードとマウス入力を有効にするには、Miracast UIBC (HID コマンド モード) を推奨。
USB デバイスへの給電には USB と AC アダプターを推奨。
オーディオ/ビデオの待機時間 ≤80 ミリ秒*
ディスプレイ解像度 最小 720P @60 fps、1080P @30 fps
ディスプレイ コネクタ HDMI 1.4

 

* 現在の Miracast レシーバーでは不可。

電話用 Continuum のワイヤレス ドックの要件

ワイヤレス ドックは、次の要件を満たす必要があります。

表 3: 電話用 Continuum のワイヤレス ドックの要件

コンポーネント最小要件プレミアム要件
Wi-Fi 802.11n 以上をサポート。Wi-Fi Direct Services (WFDS) が必要。802.11ac デュアル バンド推奨
Miracast Windows 10 Miracast 拡張機能をサポート。 ドックが WSB/USB-MA をサポートしていない場合にキーボードとマウス入力を有効にするには、Miracast UIBC (HID コマンド モード) が必要。
USB*キーボードとマウス用に 2 つ以上の USB A ソケット。WSB/USB-MA 経由で USB 周辺機器がサポートされている場合は 3 つ目。USB 2.0 サポートが必要。 デバイスへの給電には USB と AC アダプターを推奨。 3.0 推奨。
オーディオ/ビデオの待機時間 ≤80 ミリ秒
ディスプレイ解像度 720p 最小
ディスプレイ コネクタ HDMI 1.4 が必要。 DisplayPort 1.2 推奨。アダプター経由の VGA サポートを強く推奨。
ワイヤレス電話の充電 推奨

 

*Windows 10 Mobile では USB 周辺機器のサポートが制限されます。

電話用 Continuum のワイヤード (有線) ドックの要件

電話用 Continuum のワイヤード (有線) ドックは、次の要件を満たす必要があります。

表 4: 電話用 Continuum のワイヤード (有線) ドックの要件

コンポーネント最小要件プレミアム要件
USB*HID および USB 記憶域用に 3 つ以上の USB A ソケット。USB 2.0 サポートが必要。 デバイスへの給電には USB と AC アダプターを推奨。 3.0 推奨。電話への接続には USB Type C コネクタを強く推奨。マイクロ USB が使用されている場合、電話とドックには、USB A/V 用追加コンポーネントが必要になる可能性がある。
オーディオ/ビデオの待機時間 ≤40 ミリ秒
ディスプレイ解像度 720p 最小
ディスプレイ コネクタ HDMI 1.4 が必要。 DisplayPort 1.2 推奨。アダプター経由の VGA サポートを強く推奨。

 

* Windows 10 Mobile では USB 周辺機器のサポートが制限されます。

その他の要件

Windows 10 Miracast 拡張機能

Windows 10 に含まれる Miracast 拡張機能をサポートする Miracast レシーバーでは、最高のエクスペリエンスが実現します。これらの拡張機能をサポートしない Miracast レシーバーでは待ち時間が増えるほか、接続の問題も発生するため、エクスペリエンスが低下します。パートナーが新しい拡張機能をサポートするには、既存の Miracast デバイスをアップグレードする必要があります。

これらの Miracast の機能強化に加え、Miracast User Input Back Channel (UIBC) のサポートが Windows 10 に追加されます。Miracast UIBC は、入力コマンドを Miracast レシーバーから Miracast センダーに送信して処理するための、オプションの Wi-Fi Direct 機能です。これにより、USB ポートが含まれ UIBC を実装する Miracast レシーバーを、ワイヤレス "ドック" として使用できます。ユーザーは、キーボードとマウスをそのレシーバーに接続し、フルサイズのキーボード、マウス、およびモニターのセットアップにワイヤレスで接続できます。代替汎用モードの実装でサポートするのは ASCII キーのみであるため、標準的な Windows キー (Windows キー、Ctrl キー、Alt キーなど) をサポートするには、HID コマンド モードの Miracast レシーバー上で UIBC が実装されている必要があります。

よく寄せられる質問/トラブルシューティング

このよく寄せられる質問は、使用モデルだけでなく、デバイス構築に関する一般的な質問に回答することを目的としています。

#質問回答
デバイスとハードウェア
1どの電話が電話用 Continuum をサポートしていますか。このドキュメントで定義されている最小のハードウェア要件を満たす Windows 10 Mobile ベースのデバイスで、OEM がこの機能を有効にしたいと考えているものすべてが電話用 Continuum をサポートします。
2現在の製品デバイスがこれをサポートしていないのはなぜですか。 電話用 Continuum 機能は、新しいチップセットによって実現する技術革新です。古いチップセットは、機能をサポートするために必要な要件の一部を備えていません。
3テレビで動作しますか。
  • ご利用のテレビに HDMI 入力がある場合は、ワイヤード (有線) またはワイヤレス アクセサリを使って接続できます。
  • ほとんどの場合、動作します。テレビ、またはモニターなどのディスプレイが HDMI または DisplayPort 入力をサポートしている場合は、ワイヤード (有線) またはワイヤレス Continuum 対応アクセサリを使って接続できます。
4ワイヤード (有線) とワイヤレスの違いは何ですか。 なぜワイヤレスだけではないのですか。
  • ワイヤレス機能を使うと、ケーブルで接続する必要がないためさまざまな点で便利です。たとえば、デスクでの生産性が向上したり、ソファからテレビを操作したりできます。ただし、ディスプレイに接続するには追加の手順がいくつか必要で、干渉が発生する可能性もあります。簡単なオフィスワーク、会議室でのプレゼンテーション、リビング ルームのエンターテインメント アプリは、ワイヤレス セットアップでも十分に機能します。
  • ワイヤード (有線) ドックはシンプルです。電話またはタブレットを接続するだけで、直ちに周辺機器に接続できます。また、キーボード、マウス、または大容量記憶装置を USB ポートに接続することも可能です。ワイヤード (有線) ドックには、デバイスが充電されるという利点があります。デバイス上の Microsoft PowerPoint、Microsoft Word、Excel、エクスプローラーなどのアプリを使うと、腰を下ろしてすぐに作業を開始できます。ワイヤード (有線) セットアップでは、ホーム オフィス、キッチン オフィス、および寮の部屋での作業をさらに効率化できる可能性があります。
5どの Miracast レシーバーが Continuum で動作しますか。 すべての Miracast レシーバーが動作しますが、Windows 10 Miracast ファームウェアの拡張機能を実装しているレシーバーでは、待機時間が短いキーボード/マウス、高速接続など、はるかに優れたエクスペリエンスが実現します。さらに、User Input Back Channel (UIBC) をサポートする USB ポートを備えた Continuum 対応アクセサリを使って、USB ワイヤレス キーボードとマウスに接続することもできます。Bluetooth 経由で接続するための追加手順が不要であるため、利便性も向上します。
6ワイヤレス プロトコルとは何ですか。標準的な機能ですか。または、独自の機能ですか。拡張機能を備えた Miracast のことです。複数のサード パーティが既に拡張機能を実装しています。
7どのくらいの時間で接続が確立しますか。 Miracast の "IP アドレスの高速割り当て" 拡張機能を実装するレシーバーでは、最短の時間で Miracast 接続が確立します。こうしたレシーバーで接続が確立するまでの時間は 5 秒未満です。
8どの USB 周辺機器を電話用 Continuum で使うことができますか。 Windows 10 Mobile の OS は、USB キーボード、マウス、オーディオ、記憶域のほか、USB ハブをサポートしています。
9電話と一緒に外付けカメラを使うことができますか。 現時点では使用できません。
10マウスとキーボードを接続するにはどうすればよいですか。 Bluetooth をサポートするキーボードとマウスは、Bluetooth によって電話に接続できます。また、ワイヤード (有線) ドックや、UIBC をサポートするワイヤレス ドングルで、USB マウスとキーボードを接続することもできます。
11電話用 Continuum を使うときのバッテリー寿命はどれくらいですか。 この機能は、当然 1 つの画面で 1 つのアプリを実行するよりも多くの電力を消費しますが、これを測定するテストはまだ完了していません。ワイヤード (有線) 接続、またはワイヤレス充電パッドでは、電話用 Continuum を使いながら電話を充電できます。
12接続には HDMI、DisplayPort などが必要ですか。 電話の製造元がサポートする接続の種類によって異なります。Miracast レシーバーへのワイヤレス接続には、通常、そのレシーバーからテレビへの HDMI 接続が含まれます。(たとえば、ワイヤード (有線) ドックからの) ワイヤード (有線) 接続には、高い可能性で、ドックからテレビやモニターへの HDMI 接続または DisplayPort 接続が含まれます。
13ChromeCast で動作しますか。 いいえ。ワイヤレス接続は、Miracast を使って確立されます。これは、Chromecast ではサポートされていません。優れた生産性エクスペリエンスを実現するために、Miracast レシーバーは、Windows 10 Miracast 拡張機能をサポートする必要もあります。
14Airplay 対応デバイスで動作しますか。 いいえ。Airplay は、電話用 Continuum に必要なテクノロジをサポートしていません。
15マウス以外に、トラックパッドをサポートしていますか。 はい。トラックパッドは、USB 経由で実装されている場合はポインターとしてサポートされます。今後のリリースでは、ジェスチャなどの高精度タッチパッドのサポートを検討中です。
16電話用 Continuum は、モバイル ハイデフィニション リンク (MHL) 接続経由で動作しますか。 はい。この機能は、すべての有効なビデオ出力接続で動作します。
17電話用 Continuum はミラーリングの代わりになりますか。 はい。ただし、シンプルなディスプレイ ミラーリングを使うように設定することもできます。
18電話用 Continuum は 4K モニターまたはテレビをサポートしていますか。 最大解像度は、デバイスとレシーバーの機能によって制限されます。ディスプレイがサポートするネイティブ解像度が、デバイス/レシーバーの組み合わせによってサポートされる解像度よりも高い場合は、サポートされている次に高い解像度にフォールバックされます。
開発環境
1電話用 Continuum とは開発者にとってどのような意味がありますか。 電話用 Continuum は、まったく新しい価値をアプリにもたらします。電話のユーザーが大小さまざまな画面のエクスペリエンスを体験できるため、こうしたエクスペリエンスを、ユニバーサル Windows アプリを通じてカスタマイズできます。
2開発環境が利用可能になるのはいつですか。また、どのように利用可能になりますか。 ユニバーサル Windows アプリはすべての Windows デバイスで実行されるため、最も簡単なのは、Windows デスクトップでユニバーサル Windows アプリをテストして、アプリ ウィンドウのサイズを変更することです。モバイル ビューとデスクトップ ビューを切り離している場合は、ビュー サイズが変更されたときにデスクトップ上でビューを切り替えるテスト コードを記述します。
提供
1電話用 Continuum が利用可能になるのはいつですか。 電話用 Continuum は Windows 10 Mobile の機能で、今年の新しいデバイスの出荷と同時に利用できます。
Continuum に合わせたアプリのスケーリングと構築
1Cast API と Projection Manager API の違いは何ですか。 Cast API では、アプリがメディア要素を外部画面に移動できます。Projection Manager API では、開発者が、完全にカスタマイズされたビューを画面ごとに作成できます。
2Surface Hub では、コントロールを下部に配置するように推奨されています。これにより何が違ってくるのですか。 電話を手に持って行う操作と、大画面で行う操作は、物理的に異なります。Surface Hub と電話用 Continuum には、それぞれのデバイスの種類に合った独自の推奨事項が用意されています。 外部画面で実行される電話用 Continuum のアプリの場合は、従来のデスクトップに合わせて上部にコントロールを配置することをお勧めします。
3ペン入力とタッチ入力はサポートされていますか。 外部画面でのペン入力とタッチ入力は、現時点ではサポートされていません。
4外部画面でビデオを取得できますか。 はい、できます。
5外部画面でオーディオを取得できますか。 はい、できます。通信オーディオ (たとえば、携帯電話の通話) を除くすべてのオーディオを、外部オーディオ エンド ポイントに移動できます。これは、現在の Windows Phone に Bluetooth スピーカーを接続した場合の動作と似ています。このシナリオでは、通信オーディオは引き続き電話で処理されます。
6どのアプリケーションが電話用 Continuum をサポートしていますか。Windows 10 Mobile で動作する Windows 10 アプリと、ユニバーサル Windows アプリは外部画面で起動できます。
7大画面での電話の発着信は可能ですか。 着信は電話の画面にのみ表示され、オーディオの出力先も同じ場所になります。大きい画面と小さい画面で実行できる操作がありますが、自然な操作性のために一方が優先される場合もあります。
8大画面で SMS メッセージを送受信できますか。はい、できます。
9受信 SMS、着信、メール通知はどこに表示されますか。 この機能は、他のユーザーも大画面を見ている可能性があることを想定して開発しました。プライバシーを確保するために、テキスト メッセージとトースト通知は電話の画面にのみ送信されます。
10両方の画面で同じアプリケーションを実行できますか。 同時には実行できません。 ただし、Cast API または Projection Manager API を使うと、2 画面エクスペリエンスを提供するようにアプリを記述できます。
11ゲーム開発者がこれに関心を寄せるのはなぜですか。 この機能により、キーボードとマウス対応のゲームを、"ドッキングされた電話" 構成の大画面で実行するという、魅力的な可能性が広がります。開発者は Projection Manager API も利用できます。この API によって、電話で強化された複数画面エクスペリエンスを作成するというユニークな機会が提供されます。
12アプリがビデオ カメラを大画面で利用することはできますか。 いいえ、できません。
比較
1Chromecast/AirPlay の他のソリューションとは、どのように異なりますか。
  • 電話用 Continuum は、電話を PC のように使って、生産性を高め、物事を達成します。

  • Chromecast や AirPlay とは異なり、このソリューションは、ブラウザー エクスペリエンスとサポートされているアプリに限定されるものではありません。電話のスタート画面、Windows 10 アプリ、電話上のサービスのすべてが、画面のサイズに合わせて適切にスケーリングされます。

  • 電話用 Continuum では画面間の切り替えが容易です。 たとえば、メール アプリを使って電話でメール入力を開始してから、大画面に接続し、そのメールでの作業を、キーボード、マウス、および大画面を使って引き続き行うことができます。

  • 開発者が、電話用 Continuum 専用の特別なアプリを作成する必要はありません。ユニバーサル Windows アプリは、Windows PC、タブレット、および電話で動作し、電話用 Continuum エクスペリエンスをサポートしています。

  • Windows 10 Mobile の電話には、ユニバーサル Windows アプリとして Outlook、Word、Excel、PowerPoint が搭載され、世界クラスの生産性を実現します。

  • 周辺機器に接続しているときは、ローカル Wi-Fi ネットワークへの接続は不要です。 ローカル Wi-Fi に接続する必要がある場合、環境 (企業、大学、ホテルなど) によっては、操作性、接続性、およびコスト面で問題が発生することがあります。

2Chromebit とは、どのように異なりますか。
  • 電話用 Continuum では、ドック/ドングルに、アプリ セットやローカル データ セットが異なるもう 1 つの OS が含まれているわけではありません。 電話用 Continuum では、同じユニバーサル Windows アプリ、サービス、およびデータを使っており、複数の画面からこれにアクセスできます。これにより、画面間の移行が容易で、簡単に利用できます。

  • さらに管理しやすく、OS とアプリは電話で更新でき、すべての画面にメリットがもたらされます。 複数のデバイスを更新したり、複数のデバイスにアプリをインストールしたりする必要はありません。

  • 電話用 Continuum アクセサリは、完全な OS がなくても実行できるため、シンプルです。また、低価格での提供を目標としています。

3ノート PC やテレビに接続して、アプリを大画面で使うことができますか。 はい。ただし、このシナリオにより、まったく別の PC が追加されます。電話用 Continuum では、最も個人的なデバイス (電話) をさまざまなタスクに使うことができます。こうした中でノートブックや別のフル PC を使う可能性があります。
その他
1この機能は PC ビジネスに悪影響を及ぼしますか。 最終的に、自分に最適なデバイスの種類を決定するのはユーザーです。マイクロソフトでは、電話用 Continuum によって、いつも手元にあるデバイス、つまり電話の生産性が飛躍的に向上すると考えていますが、PC も非常に強力であり、多くのタスクを行うのに適しています。
2従来の Windows アプリケーションをサポートしていますか。 いいえ、直接的にはサポートしていません。従来の Windows アプリケーションは、Windows 10 Mobile では動作しません。ただし、Azure リモート デスクトップなどのクラウド ストリーミング サービスを使うと、従来のコードをこのエクスペリエンスで簡単に利用でき、従来の Windows アプリケーションが大画面に適切に表示されます。
3従来の Windows アプリケーションをサポートしていないことは、大きな弱点になっていますか。ユニバーサル Windows アプリにより、すべてのデバイスでの実行機能など、開発者は強力な機能を利用できます。マイクロソフトでは、開発者が電話用 Continuum を使って堅牢なアプリ エコシステムを実現させることを確信しています。ユーザーが関心を持つ中心的なシナリオにおいては、Microsoft Edge ブラウザー、Microsoft Office、Microsoft Outlook のメールとカレンダー、写真、マップ、音楽、映画 & テレビなど、ユニバーサル Windows アプリを用意しています。従来の主要ビジネス Windows アプリケーションの 1 つまたは 2 つに依存している企業については、Azure RemoteApp などのホストされているソリューションを使って、そのアプリケーションを利用できます。
4なぜ完全な Windows だけをサポートしないのですか。 電話用 Continuum は、最も個人的なデバイスに期待されるシンプルさとスピードを確保しながら、PC の優れた機能の一部を電話で利用できるように設計されました。
5すべてのアプリをサポートする予定ですか。 マイクロソフトでは、コンシューマーが優れたエクスペリエンスを体験できるように、ユニバーサル Windows アプリに重点的に取り組みました。このアプリは、小さな画面から大きな画面にスムーズにスケーリングされます。また、ユニバーサル アプリケーションでサポートされる最も一般的なシナリオも提供する予定です。ただし、今後サポートするアプリの種類については、コンシューマーからお寄せいただいたフィードバックに基づいて調整いたします。
6パフォーマンスは完全な PC とどのように関連していますか。 どのような欠点がありますか。 パフォーマンスの問題については、コンシューマーからお寄せいただいたフィードバックに基づいて今後も取り組んでまいりますが、モバイル OS で実行されている Microsoft Edge、Office、メール、フォト アプリ、およびその他のファースト パーティおよびサード パーティのユニバーサル Windows アプリについては、生産性とエンターテインメントに必要なパフォーマンス レベルに既に達成しており、主なユース ケースには対応していると考えています。

 

 

 

表示: