Device Fundamental のテスト

このセクションの内容

トピック説明

CHAOS テスト (Device Fundamental)

CHAOS (Concurrent Hardware and Operating System) テストでは、さまざまな PnP ドライバー テスト、デバイス ドライバー ファジー テスト、電源システム テストを同時に実行します。

カバレッジ テスト (Device Fundamental)

Device Fundamental カバレッジ テストは、指定されたデバイスのドライバー スタックに出入りするさまざまな I/O 要求パケット (IRP) を監視してレポートします。カバレッジ テストで得られるデータは、ドライバーのテスト中や検証中にカバレッジの弱点を特定するうえで役立つ場合があります。

CPUStress テスト (Device Fundamental)

CpuStress テストは、さまざまなプロセッサ使用率レベルでデバイス I/O のテストを実行します。

DriverInstall テスト (Device Fundamental)

Driver Install テストのカテゴリには、ドライバーのアンインストールと再インストールを複数回実行してインストール機能をテストするテストが含まれています。再インストールするたびに、ドライバーとデバイスに対して I/O テストが開始されます。このテストは、デバイス ドライバーやデバイスのインストールと再インストールを実行する必要のあるエンド ユーザーのエクスペリエンスを向上するように設計されています。

I/O テスト (Device Fundamental)

Device Fundamental I/O テストは、指定したデバイスに対して基本的な I/O テストを実行します。

侵入テスト (Device Fundamental)

Device Fundamental 侵入テストは、さまざまな形式の入力攻撃を実行する、セキュリティ テストの重要なコンポーネントです。攻撃と侵入のテストは、ソフトウェア インターフェイスの脆弱性を特定するのに役立ちます。

PnP テスト (Device Fundamental)

Device Fundamental PnP テストではドライバーがほとんどすべての PnP IRP を処理しますが、特に強調される削除、再分配、突然の削除の 3 つの領域があります。PnP テストではこれらを個別にテストする、またはすべて一緒にテストする (つまり、ストレス テストとして行う) メカニズムが提供されます。この PnP テストは、ユーザー モード API 呼び出し (テスト アプリケーション経由) とカーネル モード API 呼び出し (上位フィルター ドライバー経由) の組み合わせを使うことで実行されます。

再起動テスト (Device Fundamental)

Device Fundamental 再起動テストは、システム再起動の前後、または再起動中に、指定したデバイスで I/O を実行します。

スリープ テスト (Device Fundamental)

Device Fundamental スリープ テストは、システムのスリープ状態の移行の前後、または移行中に、指定したデバイスで I/O と PnP の操作を実行します。スリープ テストにより、デバイスのテスト中に、サポートされているスリープ状態のすべてをシステムが循環できることが確認されます。また、シンプル I/O ストレス テスト中にこれらの状態が変更された後、デバイスが引き続き機能することも確認されます。

 

 

 

表示:
© 2015 Microsoft