カバレッジ テスト (Device Fundamental)

Device Fundamental カバレッジ テストは、指定されたデバイスのドライバー スタックに出入りするさまざまな I/O 要求パケット (IRP) を監視してレポートします。カバレッジ テストで得られるデータは、ドライバーのテスト中や検証中にカバレッジの弱点を特定するうえで役立つ場合があります。

カバレッジ テスト

テスト説明

IRP カバレッジ データのクリア

IRP カバレッジ データをクリアします。

テスト バイナリ: DriverCoverageClearCoverageData.dll

テスト メソッド: ClearCoverageData

パラメーター: なし

IRP カバレッジ データ収集の無効化

DQ パラメーターによって指定されたデバイスの IRP カバレッジ データ収集を無効にします。

テスト バイナリ: DriverCoverageDisableSupport.dll

テスト メソッド: DisableCoverageDataCollection

パラメーター:

DQ - 「Device Fundamental テストのパラメーター」をご覧ください

収集された IRP カバレッジ データの表示

すべてのデバイスについてこれまでに収集された IRP カバレッジ データを表示します。

テスト バイナリ: DriverCoverageDisplayCoverage.dll

テスト メソッド: DisplayCoverageData

パラメーター: なし

IRP カバレッジが有効なデバイスの表示

IRP カバレッジ データ収集が現在有効になっているデバイスを表示します。

テスト バイナリ: DriverCoverageDisplayEnabledDevices.dll

テスト メソッド: DisplayEnabledDevices

パラメーター: なし

IRP カバレッジ データ収集の有効化

DQ パラメーターによって指定されたデバイスの IRP カバレッジ データ収集を有効にします。

テスト バイナリ: DriverCoverageEnableSupport.dll

テスト メソッド: EnableCoverageDataCollection

パラメーター: なし

DQ - 「Device Fundamental テストのパラメーター」をご覧ください

 

カバレッジ テストについて

Device Fundamentals カバレッジ テストは Driver Coverage ツールキットに基づいています。Driver Coverage ツールキットは、以前は WDK のスタンドアロン ツールとして使うことができました。カバレッジ テストの実装方法について詳しくは、「Driver Coverage ツールキット」をご覧ください。

関連トピック

Visual Studio を使って実行時にドライバーをテストする方法
Device Fundamental テストを選んで構成する方法
Device Fundamental のテスト
Device Fundamental テストのパラメーター
提供されている WDTF シンプル I/O プラグイン
コマンド プロンプトから実行時にドライバーをテストする方法

 

 

表示:
© 2015 Microsoft