ドライバーのコード分析

ドライバーのコード分析は、C/C++ プログラムの基本的なコーディング エラーをコンパイル時に検出する静的検証ツールです。(主に) カーネル モード ドライバーのコードからエラーを検出することを目的に特化されたモジュールが備わっています。

  以前のバージョンの WDK では、コード分析用のドライバー固有のモジュールが、PREfast for Drivers (PFD) と呼ばれるスタンドアロン ツールに組み込まれていました。また、PREfast for Drivers は、Microsoft Automated Code Review (OACR) の一部として、WDK ビルド環境に統合されていました。 Windows Driver Kit (WDK) 8 以降では、ドライバー固有の機能が Visual Studio のコード分析ツールに統合されました。

このセクションの内容

 

 

表示:
© 2015 Microsoft