記憶域ドライバーの新機能

このトピックでは、Windows 8 の記憶域の新機能と強化された機能についてまとめています。

クラッシュダンプ フィルター ドライバーの読み取りサポート

Windows 8 では、クラッシュダンプ フィルター ドライバーの読み取りコールバック ルーチンがサポートされるようになりました。読み取りコールバック ルーチンを 使うと、フィルター ドライバーではシステム再開時に休止状態ファイルを処理できます。 読み取りコールバック ルーチン Dump_Read が、初期化中にクラッシュダンプ フィルター ドライバーによって登録された FILTER_INITIALIZATION_DATA 構造体に含まれるようになりました。

拡張記憶域での IEEE 1667 と Trusted Computing Group (TCG) への準拠を強化した記憶域サイロ

Windows 8 のリリース前は、UsbStor.sys ポート ドライバーには IEEE 1667 サイロ機能が含まれていました。 IEEE 1667 サイロ機能は、UsbStor.sys から新しい EhStorClass.sys ドライバーに移動されました。この移動により、IEEE 1667 対応デバイスのサポートは、UsbStor.sys に加えて、他の記憶域ポートまで拡張されるようになりました。

また、TCG 記憶域サイロ ドライバーである EhStorTcgDrv.sys も Windows 8 の新機能です。このサイロ ドライバーでは、TCG 準拠記憶域デバイスの帯域幅とキーを管理するための TCG プロトコルが実装されています。

サイロ ドライバーと拡張記憶域クラス ドライバーとの通信用の新しい一連の制御コードは次のとおりです。

Storport の拡張機能

Storport ドライバーの拡張機能にはさまざまな新機能が用意されています。Storport ミニポート ドライバー開発に重要な新機能は次のとおりです。

  • 拡張 SRB 形式

    ATA ポート固有の機能 (TRIM や SMART など) により、これらの機能を使うデバイスの Storport モデルでミニポートの開発はできなくなります。Windows 8 の Storport では、拡張 SRB 形式が加わりこれらの機能に対応しています。STORAGE_REQUEST_BLOCK 構造体では、拡張 SRB 形式を使うことができます。SCSI_REQUEST_BLOCK 構造体を処理する Storport 対応ルーチンは、STORAGE_REQUEST_BLOCK 構造体でも動作するようになりました。

  • タイマーの増設

    従来のミニポートでは、StorPortNotification ルーチンと RequestTimerCall 通知の種類を使って、1 つのタイマーを作ることができました。Windows 8 では、サポート ルーチンを使って最大 4 つのタイマーを作成できるようになりました。新しいタイマー ルーチンは次のとおりです。

  • ACPI メソッドと電源設定通知

    ミニポート ドライバーでは、StorPortInvokeAcpiMethod ルーチンを使って、記憶域コントローラーの ACPI メソッドを直接呼び出すことができます。選んだ電源設定通知をミニポート ドライバーに送るには、StorPortSetPowerSettingNotificationGuids ルーチンを使って通知に登録します。

仮想プロビジョニング

コミットされていない記憶域の割り当てにより、限られた記憶域リソースを柔軟かつ効率的に使うことができます。Windows 8 では、仮想プロビジョニングされた記憶域の状態について情報を提供します。仮想プロビジョニングされた記憶域割り当ての状態や情報は、次のメソッドを使って取得できます。

 

 

表示:
© 2015 Microsoft