ネットワーク ドライバーの新機能

Windows 8 と Windows Server 2012 では、ネットワーク ドライバー用に次の新しいドライバー サポート機能が導入されました。これらの機能には、NDIS 6.30、Wi-Fi Direct と新しいモバイル ブロードバンド機能、Receive Segment Coalescing、新しい SIO_LOOPBACK_FAST_PATH IOCTL、Hyper-V 拡張可能スイッチ拡張機能、Windows フィルタリング プラットフォームなどが含まれます。

次のセクションでは、ネットワーク ドライバー用の新機能について説明します。

NDIS 6.30

このバージョンの NDIS は、以前のバージョンの NDIS から拡張され、多くの新機能と強化された機能が備わっています。新機能と強化された機能について詳しくは、 「NDIS 6.30 について」をご覧ください。

Wi-Fi Direct と新しいモバイル ブロードバンド機能

Receive Segment Coalescing

Receive Segment Coalescing (RSC) を使うと、ネットワーク カード ミニポート ドライバーは、複数の TCP セグメントを結合し、それらのセグメントを単一の結合ユニット (SCU) としてオペレーティング システムのネットワーク サブシステムに示すことができます。

詳しくは、次のトピックをご覧ください。

SIO_LOOPBACK_FAST_PATH

新しい Windows ソケット SIO_LOOPBACK_FAST_PATH I/O 制御コードによって、TCP ソケットでループバックの高速パスが有効になります。この機能を使うと、TCP ループバックを使うアプリケーション (金融サービス業界で使われるアプリケーションなど) の待機時間を短縮し、パフォーマンスを向上させることができます。

詳しくは、次のトピックをご覧ください。

Hyper-V 拡張可能スイッチ拡張機能

Hyper-V 拡張可能スイッチは、Hyper-V の親パーティションの管理オペレーティング システムで動作する仮想イーサネット スイッチです。Hyper-V 拡張可能スイッチ拡張機能は、NDIS Hyper-V 拡張可能スイッチの機能または Windows フィルタリング プラットフォーム (WFP) vSwitch の機能を使って作ることができます。

詳しくは、次のトピックをご覧ください。

Windows フィルタリング プラットフォーム

Windows フィルタリング プラットフォーム (WFP) を使うと、さらに処理を続けられるようにする前に発信パケットと着信パケットを調査または変更できる TCP/IP パケット処理パスにアクセスできます。TCP/IP 処理パスをタップすることによって、独立系ソフトウェア ベンダー (ISV) はファイアウォール、ウイルス対策ソフトウェア、診断ソフトウェアなどのアプリケーションやサービスをより簡単に作成できます。WFP には、ユーザー モードとカーネル モードのコンポーネントが用意されているため、サード パーティの ISV は TCP/IP プロトコル スタックやオペレーティング システム全体のいくつかのレイヤーで行うフィルター処理の決定に参加できます。WFP 接続のリダイレクト機能を使うと、WFP コールアウト カーネル ドライバーが接続をユーザー モード プロセスにローカルにリダイレクトし、コンテンツ調査をユーザー モードで実行して、調査したコンテンツを別の接続を使って元の接続に転送できます。

いくつかの IOCTL 制御コードが「WSK ソケットの IOCTL 操作」に追加されたため、複数の WFP ベースの接続プロキシ アプリケーションが連携して同じトラフィック フローを検査できます。

関連トピック

ネットワーク デバイス

 

 

表示:
© 2015 Microsoft