WDK を使ったドライバーのビルド

Windows Driver Kit (WDK) を使ってドライバーをビルドします。 WDK 8 と WDK 8.1 は Microsoft Visual Studio と完全に統合されています。ドライバーのビルドは、Visual Studio 開発環境を使って行うか、Microsoft ビルド エンジン (MSBuild) を使ってコマンド ラインから直接行うことができます。 ドライバーを Windows 8.1、Windows 8、Windows 7、Windows Vista 用にビルドするには、Visual Studio と MSBuild を使います。ドライバーを Windows XP 用にビルドするには、Windows 7 WDK と Windows ビルド ユーティリティ (Build.exe) を使う必要があります。

重要  以前のバージョンの WDK で使われていた Windows ビルド ユーティリティ (Build.exe) は、MSBuild に置き換えられました。現在の WDK は、Visual Studio プロジェクトをビルドする場合と同じコンパイラとビルド ツールを使います。以前のバージョンの WDK でビルドしたドライバー プロジェクトは、Visual Studio 環境で動作するように変換する必要があります。変換ユーティリティは、コマンド ラインから実行できます。既にあるソースから新しい Visual Studio プロジェクトを作成することによって、既にあるドライバーを変換することもできます。詳しくは、「既にあるソース ファイルからのドライバーの作成」と「WDK と Visual Studio のビルド環境」をご覧ください。

ここでは、次の項目について説明します。

Visual Studio を使ったドライバーのビルド

ドライバーのビルドは、Visual Studio でプロジェクトまたはソリューションをビルドする方法と同じです。Windows ドライバー テンプレートを使って新しいドライバー プロジェクトを作成する場合は、テンプレートによって既定の (アクティブな) プロジェクト構成と既定の (アクティブな) ソリューション ビルド構成が定義されます。

  Windows Driver Kit (WDK) 8 で作られたプロジェクトやソリューションは、WDK for Windows 8.1 と Microsoft Visual Studio 2013 で使うことができるようにアップグレードする必要があります。プロジェクトやソリューションを開く前に、ProjectUpgradeTool を実行してください。ProjectUpgradeTool はプロジェクトとソリューションを変換し、WDK 8.1 を使って構築できるようにします。

ビルド構成の管理と編集について詳しくは、「Building in Visual Studio」をご覧ください。

ソリューション ビルド構成の選択、オプションの設定、ドライバーのビルド

既定のソリューション ビルド構成は、[Win8 Debug] (Win8 デバッグ) と [Win32] です。 以前のバージョンの WDK では、このビルド構成は [x86 Checked Build Environment] (x86 チェック ビルド環境) を使ってドライバーをビルドすることに相当します。

Ff554644.wedge(ja-jp,VS.85).gif構成を選択してドライバーをビルドするには

  1. Visual Studio で、ドライバー プロジェクトまたはソリューションを開きます。
  2. [ソリューション エクスプローラー] でソリューションを右クリックし、[構成マネージャー] をクリックします。
  3. [構成マネージャー] で、ビルドの種類に応じて、アクティブ ソリューション構成 (たとえば [Win8 Debug] (Win8 デバッグ)、[Win8 Release] (Win8 リリース) など) とアクティブ ソリューション プラットフォーム (たとえば [Win32] など) を選びます。
  4. ドライバーまたはドライバー パッケージのためのプロジェクト プロパティを構成します。 展開、ドライバー署名、その他のタスクのプロパティを設定できます。詳しくは、「ドライバーとドライバー パッケージのためのプロジェクト プロパティの構成」をご覧ください。
  5. [ビルド] メニューの [ソリューションのビルド] をクリックします (Ctrl + Shift + B)。

コマンド ライン (MSBuild) を使ったドライバーのビルド

ドライバーのビルドは、Visual Studio コマンド プロンプト ウィンドウと Microsoft ビルド エンジン (MSBuild) を使って、コマンド ラインから行うことができます。以前のバージョンの WDK では、Windows ビルド ユーティリティ (Build.exe) を使い、サポートされているビルド構成ごとに個別のビルド環境ウィンドウを提供していました。 現在は、どのビルド構成でも Visual Studio コマンド プロンプト ウィンドウを使うことができます。

Ff554644.wedge(ja-jp,VS.85).gifVisual Studio のコマンド プロンプト ウィンドウを使ってドライバーをビルドするには

  1. Visual Studio のコマンド プロンプト ウィンドウを開きます。

    このウィンドウで MSBuild.exe を使い、プロジェクト (.VcxProj) またはソリューション (.Sln) ファイルを指定して、任意の Visual Studio プロジェクトをビルドできます。

  2. プロジェクト ディレクトリに移動し、ターゲットに対する MSbuild コマンドを入力します。

    たとえば、既定のプラットフォームと構成を使って、MyDriver.vcxproj という名前の Visual Studio ドライバー プロジェクトのクリーンなビルドを行うには、プロジェクト ディレクトリに移動し、次の MSBuild コマンドを入力します:

    msbuild /t:clean /t:build .\MyDriver.vcxproj 
    

    構文 - 特定の構成とプラットフォームを指定するには、次のコマンド構文を使います。

    
    msbuild /t:clean /t:build ProjectFile /p:Configuration=configuration /p:Platform=platform     
    
    
    

    たとえば、構成が "Win8 Debug (Win8 デバッグ)"、プラットフォームが "Win32" のドライバーをビルドするには、次のコマンドを実行します。

    msbuild /t:clean /t:build .\MyDriver.vcxproj /p:Configuration="Win8 Debug" /p:Platform=Win32
    

Visual Studio での WDK プロジェクト ビルド構成

次の表は、Visual Studio のプロジェクト ビルド構成と、以前のバージョンの WDK (WDK 8 より前) で使われていたビルド環境との対応関係を示しています。

重要  ドライバーを Windows XP 用または ia64 ベースのコンピューター用にビルドするには、Windows 7 WDK を使う必要があります。Windows 7 WDK は、Windows デベロッパー センター – ハードウェア サイトからダウンロードできます。 ドライバーを Windows Vista 用にビルドするには、WDK 8 か WDK 7 を使う必要があります。
プロジェクト構成プロジェクト プラットフォーム対応する Windows 7 WDK ビルド環境ウィンドウ

Win8.1 Debug (Win8.1 デバッグ)

Win32、x64、または ARM

Windows 7 WDK または WDK 8 では使用できません

Win8.1 Release (Win8.1 リリース)

Win32、x64、または ARM

Windows 7 WDK または WDK 8 では使用できません

Win8 Debug (Win8 デバッグ)

Win32 または x64

Windows 7 WDK では使用できません

Win8 Release (Win8 リリース)

Win32 または x64

Windows 7 WDK では使用できません

Win7 Debug (Win7 デバッグ)

Win32

Win7 x86 のチェック ビルド

Win7 Release (Win7 リリース)

Win32

Win7 x86 のフリー ビルド

Win7 Debug (Win7 デバッグ)

x64

Win7 x64 のチェック ビルド

Win7 Release (Win7 リリース)

x64

Win7 x64 のフリー ビルド

Vista Debug (Vista デバッグ)

Not available in WDK 8.1

Win32

Vista x86 のチェック ビルド

Vista Release (Vista リリース)

Not available in WDK 8.1

Win32

Vista x86 のフリー ビルド

Vista Debug (Vista デバッグ)

Not available in WDK 8.1.

x64

Vista x64 のチェック ビルド

Vista Release (Vista リリース)

Not available in WDK 8.1.

x64

Vista x64 のフリー ビルド

 

ドライバーとドライバー パッケージのためのプロジェクト プロパティの構成

プロパティ ページを使うと、ドライバーとドライバー パッケージのオプションの構成と設定を行うことができます。ドライバーの構成では、ソリューションのビルド時に自動的に署名するかどうかと、リモート テスト コンピューターに自動的に展開するかどうかを選ぶことができます。

WDK には、StampinfWPP プリプロセッサ (WPP トレース) など、多くのコマンド ライン ツールが用意されています。これらは通常、ビルド プロセスに含まれます。これらのツールは、Visual Studio には同梱されていません。 これらのツールは、Visual Studio ビルド環境に組み込むために、MSBuild の WDK タスクとしてラップされています。 いずれかのドライバー テンプレートを使うか、変換した既存のドライバーがある場合は、これらのプロパティ ページが既にプロジェクトに存在していることがあります。そうでない場合は、関連するファイルの種類 (たとえば、メッセージ コンパイラの .mc や .man ファイル) をプロジェクトやソリューションに追加すると、プロパティ ページがプロジェクトに自動的に追加されます。詳しくは、「WDK と Visual Studio のビルド環境」をご覧ください。

個別のドライバーまたはドライバー パッケージ全体のプロパティを設定できます。次の表は、特にドライバーとドライバー パッケージに対して構成できる、利用可能なプロパティの一部を示しています。

ドライバー プロジェクトのプロパティドライバー パッケージのプロパティ

個別のドライバー ファイルの署名プロパティ (「ドライバーの署名」をご覧ください)

ドライバー パッケージの署名プロパティ (「ドライバーの署名」をご覧ください)

ドライバー プロジェクトのカウンター マニフェスト プリプロセッサ プロパティ (CTRPP 用)

ドライバー パッケージ プロジェクトの展開プロパティ (「テスト コンピューターへのドライバーの展開」をご覧ください)

ドライバー プロジェクトのドライバー モデル設定プロパティ

ドライバー パッケージ プロジェクトのドライバーの検証ツール プロパティ

ドライバー プロジェクトのメッセージ コンパイラ プロパティ

ドライバー パッケージ プロジェクトの KMDF 検証ツール プロパティ

ドライバー プロジェクトの Stampinf プロパティ

ドライバー パッケージ プロジェクトの UMDF 検証ツール プロパティ

WPP プリプロセッサ (WPP トレース)

ドライバー パッケージ プロジェクトの Inf2Cat プロパティ (Inf2Cat ツールに関するトピックをご覧ください)

 

ドライバーのビルドに関するトラブルシューティングのヒント

WDK と Visual Studio を使ってドライバーをビルドする際の問題をトラブルシューティングする際は、以下の情報をお役立てください。

Ff554644.wedge(ja-jp,VS.85).gifVisual Studio のオプションを使ってより詳しいビルド出力を得るには

  1. [Tools]、[ Options] を順にクリックします。
  2. [プロジェクトおよびソリューション]フォルダーをクリックし、[ビルド/実行] をクリックします。
  3. [MSBuild プロジェクト ビルドの出力の詳細][MSBuild プロジェクト ビルド ログ ファイルの詳細] のオプションを変更します。 既定では、いずれも "最小" に設定されています。

関連トピック

Building in Visual Studio
ProjectUpgradeTool
MSBuild
既にあるソース ファイルからのドライバーの作成
WDK と Visual Studio のビルド環境
ドライバーへの署名
テスト コンピューターへのドライバーの展開

 

 

表示:
© 2015 Microsoft