トレース プロバイダー

トレース プロバイダーは、Windows イベント トレーシング (ETW) テクノロジを使ってトレース メッセージまたはトレース イベントを生成するユーザー モード アプリケーションまたはカーネル モード ドライバーのコンポーネントです。一般的に、トレース イベントとメッセージは、プロバイダーの個別のアクションを報告します。イベントの記録を読むと、プロバイダーが実際に動作しているときに何を行っているのかを理解するのに役立ちます。

トレース セッションには、複数のトレース プロバイダーを含めることができます。これは、複数のプロバイダー コンポーネントを実装するドライバーまたはアプリケーションをトレースする場合や、やり取りする複数のドライバーまたはアプリケーションをトレースする場合に特に便利です。

複数のトレース プロバイダーを含むトレース セッションを開始するには、トレース コントローラーに送信する GUID (.guid 拡張子) または制御ファイルに、目的のすべてのプロバイダーのコントロール GUID を指定する必要があります。イベント トレース ログ (.etl) ファイルでは、複数のプロバイダーによって生成されたトレース メッセージが混在することになります。

カーネル モード ドライバーまたはユーザー モード アプリケーションでは、1 つのソース ファイル内でも、複数のトレース プロバイダー コンポーネントをサポートできます。この機能は、ドライバーまたはアプリケーションでの特定の操作をトレースする場合に便利です。複数のトレース プロバイダーを実装するには、プロバイダーごとに WPP_CONTROL_GUIDS マクロで異なるコントロール GUID を使う必要があります。

同様に、複数のドライバーまたはアプリケーションを 1 つのトレース プロバイダーに含めることや、複数のドライバーまたはアプリケーションでリソースを共有することができます。この機能は、ポートやミニポート ドライバーなど、関連するアプリケーションやドライバーをトレースする場合に便利です。この機能を実装するには、各プロバイダーの WPP_CONTROL_GUIDS マクロで同じコントロール GUID を指定します。

 

 

表示:
© 2015 Microsoft