WSDBIT について

Web Services for Devices (WSD) API (WSDAPI) により、次の種類のメッセージ交換ができるようになります。

  • DPWS デバイスの検出。

  • DPWS デバイスの説明。これはメタデータ交換と呼ばれます。

  • DPWS サービスとの間のサービス固有メッセージとバイナリ添付ファイルの送信。

  • DPWS サービスからのイベントの受信登録と受信。

次の図のように、WSDAPI Basic Interoperability Tool (WSDBIT) は WSDAPI を使って DPWS メッセージの送受信を行います。WSDBIT を使って、クライアントで実行されている WSDAPI とデバイスで実行されている DPWS スタックの相互運用性をテストすることができます。

WSDAPI Basic Interoperability Tool (WSDBIT) と関連コンポーネントを示した図

相互運用性シナリオは、上記のメッセージ交換で使われるプロトコルと共にメッセージ形式を検証することを目的としています。 シナリオは、クライアントの観点から定義され、次のカテゴリで構成されています。

  • デバイスとサービスの検査では、DPWS デバイス検出とメタデータ交換のテストと検証を行います。

  • 簡易制御と詳細制御では、サービス固有メッセージのテストと検証を行います。

  • 添付ファイルでは、SOAP Message Transmission Optimization Mechanism (MTOM) 仕様で定義されたとおりに、メッセージの添付ファイルのテストと検証を行います。

  • イベント処理では、Web サービス イベント処理のテストと検証を行います。

  • セキュリティで保護された通信には、上記のすべてのシナリオの要素が含まれています。

相互運用性テストの特定の必要性に応じて、デバイス、クライアント、またはその両方を実装できます。

また、テスト ケースのセクションを個別に実装することもできます。 たとえば、デバイスとサービスの検査の相互運用性テスト ケースと、簡易制御と詳細制御の相互運用性テスト ケースだけを実装することができます。

   他のテスト ケースで必要になるため、最低でもデバイスとサービスの検査の相互運用性テスト ケースは実装しておく必要があります。

 

 

表示:
© 2015 Microsoft