Windows Driver Kit (WDK) ツールのインデックス

ここでは、Windows Driver Kit (WDK) に含まれているツールに関する基本情報を示します。また、ドライバーの開発に役立つその他のツールへの参照も示します。これらの他のツールは、オペレーティング システムの一部として提供されるか、個別にダウンロードできます。各ツールについて詳しくは、このトピックの各ツールに関する説明をご覧ください。

最新の WDL を取得する方法については、「Windows Driver Kit (WDK) について」をご覧ください。

このトピックは次のセクションで構成されます。

WDK ツールのインデックス

次の表では、Windows ドライバー開発者にとって便利なツールについて説明します。ツールの一覧には、WDK に同梱されるツール (WDK ツール フィールドで示します) に加え、別途入手できるツールや Windows と共にインストールされるツールも含まれています。通常すべてのドライバーで使うことができるツールについては、「すべてのドライバー」をご覧ください。Windows ポータブル デバイス (WPD) ドライバーまたはセンサーに固有のツールなど、各テクノロジに固有のツールがグループごとにまとめられています。

  Visual Studio 環境変数 %WindowsSdkDir% は、このバージョンの WDK がインストールされている Windows キット ディレクトリへのパス (C:\Program Files (x86)\Windows Kits\8.1 など) を表しています。

テクノロジ: オーディオ/ビデオ ドライバー

ツール名ツールの場所説明とヘルプ ファイルの場所

画面の色調整ツール (Dccw.exe)

WDK ツール: いいえ

%Windir%\System32\Dccw.exe

ユーザーが画面の色を Windows と World Wide Web の国際標準 red-green-blue (sRGB) 色空間に近づくように調整できる調整ツールです。

WHDC ドキュメント:

Windows 7 画面の色調整ツールによる MCCS の使用

GraphEdt (Graphedt.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\tools\x86\graphedt.exe

%WindowsSdkDir%\tools\x64\graphedt.exe

ストリーミング オーディオ/ビデオ キャプチャ ドライバーをテストするためのフィルター グラフをビルドします。

MSDN ドキュメント:

GraphEdit の概要

KSStudio (KsStudio.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\tools\x86\KsStudio.exe

%WindowsSdkDir%\tools\x64\KsStudio.exe

   このツールは、管理者特権を持つユーザーが実行する必要があります。

このツールでは、フィルターとフィルターの内部ノードとの間のピン間接続を示すフィルター グラフをグラフィック表示で表すことができます。

%WindowsSdkDir%\tools\x86\KsStudio.chm

%WindowsSdkDir%\tools\x64\KsStudio.chm

詳しくは、「AVStream のテストとデバッグ」をご覧ください。

USB デバイス ビューアー (Usbview.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\tools\x86\Usbview.exe

%WindowsSdkDir%\tools\x64\Usbview.exe

USB ホスト コントローラー、USB ハブ、接続されている USB デバイスを列挙し、そのデバイスに対してレジストリから USB 要求を出すことによってデバイスに関する情報を取得できます。

USB デバイス ビューアーのソース コードは、コード ギャラリーから入手できます。USBVIEW サンプル アプリケーションに関するページをご覧ください。

 

テクノロジ: Bluetooth ドライバー

ツール名ツールの場所説明とヘルプ ファイルの場所

Bluetooth 照会レコード検証ツール (Sdpverify.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\tools\x86\Sdpverifiy.exe

%WindowsSdkDir%\tools\x64\Sdpverifiy.exe

Bluetooth デバイスの照会レコードを Windows で解釈されたとおりに表示します。

WDK ドキュメント:

Bluetooth 照会レコード検証ツール

 

テクノロジ: Windows Image Acquisition (WIA) ドライバー

ツール名ツールの場所説明とヘルプ ファイルの場所

WIADbgCfg (Wiadbgcfg.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\tools\x86\wiadbgcfg.exe

%WindowsSdkDir%\tools\x64\wiadbgcfg.exe

WIA ドライバーのログを有効にします (Windows Server 2003 以降のバージョンの Windows)。

   以前のバージョンの Windows では、WIALogCfg を使います。

%WindowsSdkDir%\tools\x86\wiadbgcfg.htm

%WindowsSdkDir%\tools\x64\wiadbgcfg.htm

WIAInfo2 (Wiainfo2.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\tools\x86\wiainfo2.exe

%WindowsSdkDir%\tools\x64\wiainfo2.exe

WIM 項目ツリーを表示し、WIA デバイス ドライバーのプロパティを表示および編集できるようにします。

%WindowsSdkDir%\tools\x86\wiainfo2.htm

%WindowsSdkDir%\tools\x64\wiainfo2.htm

WIALogCfg (Wialogcfg.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\tools\x86\wialogcfg.exe

%WindowsSdkDir%\tools\x64\wialogcfg.exe

WIA ドライバーのログを有効にします (Windows XP のみ)。

   最新バージョンの Windows では、WIADbgCfg を使います。

%WindowsSdkDir%\tools\x86\wialogcfg.htm

%WindowsSdkDir%\tools\x64\wialogcfg.htm

WIAPreview (Wiapreview.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\tools\x64\wiapreview.exe

%WindowsSdkDir%\tools\x86\wiapreview.exe

WIA プレビュー コンポーネントとドライバーのセグメント化フィルターの使い方を示します。

%WindowsSdkDir%\tools\x64\wiapreview.htm

%WindowsSdkDir%\tools\x86\wiapreview.htm

WIATest (Wiatest.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\tools\x64\wiatest.exe

%WindowsSdkDir%\tools\x86\wiatest.exe

ドライバーで作られた項目ツリー、ドライバーで公開された Windows Image Acquisition (WIA) プロパティ、各プロパティの現在の値を表示します。このツールを使って、開発や単体テストの際にドライバーをデバッグできます。

%WindowsSdkDir%\tools\x64\wiatest.htm

%WindowsSdkDir%\tools\x64\wiatest.htm

Windows イメージング トレース ファイル ビューアー (Wiatrcvw.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\tools\x64\Wiatrcvw.exe

%WindowsSdkDir%\tools\x86\Wiatrcvw.exe

WIA トレース ログ (%WINDIR%\Debug\WIA\wiatrace.log) を表示し、各モジュールの WIA トレース パラメーターを変更できます。

%WindowsSdkDir%\tools\x64\Wiatrcvw.mht

%WindowsSdkDir%\tools\x64\Wiatrcvw.mht

 

テクノロジ: Windows ポータブル デバイス (WPD) ドライバー

ツール名ツールの場所説明とヘルプ ファイルの場所

WpdDeviceInspector (WpdDeviceInspector.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\tools\x64\WpdDeviceInspector.exe

%WindowsSdkDir%\tools\x86\WpdDeviceInspector.exe

WPD ドライバーを照会し、デバイスとその機能を説明する包括的な HTML レポートを生成します。たとえば、このツールを使って、サポートされるデバイスのコマンドとオブジェクトの一覧を取得できます。また、各オブジェクトでサポートされるすべてのプロパティの一覧も生成されます。

WDK ドキュメント:

Windows ポータブル デバイス

WPD ドライバー開発ツール

WpdInfo (WpdInfo.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\tools\x64\WpdInfo.exe

%WindowsSdkDir%\tools\x86\WpdInfo.exe

デバイスの開閉、デバイスでのオブジェクトの作成または削除、デバイス コマンドの発行などの一般的な WPD 操作を実行します。

WDK ドキュメント:

Windows ポータブル デバイス

WPD ドライバー開発ツール

Microsoft ネットワーク モニター (NetMon.exe)

WDK ツール: いいえ

Microsoft ネットワーク モニター (NetMon.exe) をここからダウンロード。

WPD コンポーネントからのトレース情報を表示します。このツールは、WDK の以前のバージョンに付属していた WpdMon.exe に置き換わるものです。

WDK ドキュメント:

Windows ポータブル デバイス

WPD ドライバー開発ツール。「ネットワーク モニター ツールの使用」をご覧ください。

 

テクノロジ: プリンター ドライバー

ツール名ツールの場所説明とヘルプ ファイルの場所

GPDCheck (Gpdcheck.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\tools\x64\gpdcheck.exe

%WindowsSdkDir%\tools\x86\gpdcheck.exe

Generic Printer Description (GPD) ファイルの構文の正しさを確認します。

コマンド オプションの詳細を参照するには、次のように入力してください。

gpdcheck /?

INFGate (Infgate.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\tools\x64\infgate.exe

%WindowsSdkDir%\tools\x86\infgate.exe.exe

プリンターの INF ファイルの準拠を検証します。

コマンド オプションの詳細を参照するには、次のように入力してください。

infgate /?

isXPS (isXPS.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\tools\x64\isxps\isxps.exe

%WindowsSdkDir%\tools\x86\isxps\isxps.exe

XPS ファイルが XPS 仕様と OPC 仕様に準拠しているか確認します。

コマンド オプションの詳細を参照するには、コマンド プロンプト ウィンドウで

isxps /? 」と入力します。

詳しくは、Windows MSDN ライブラリの isXPS 準拠ツールに関するページをご覧ください。

Looksgood (Looksgood.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\tools\x64\looksgood.exe

%WindowsSdkDir%\tools\x86\looksgood.exe

XPS レンダリング エンジンが正しいか確認します。

コマンド オプションの詳細を参照するには、次のように入力してください。

looksgood /?

MakeNTF (Makentf.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\tools\x64\makentf.exe

%WindowsSdkDir%\tools\x86\makentf.exe

Adobe Font Metrics (AFM) ファイルと東アジア用フォントの AFM ファイルを Windows フォント ファイル (.ntf) に変換します。

WDK ドキュメント:

AFM ファイルの NTF ファイルへの変換

東アジア用 AFM ファイルの NTF ファイルへの変換

PPDCheck (Ppdcheck.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\tools\x64\ppdcheck.exe

%WindowsSdkDir%\tools\x86\ppdcheck.exe

PostScript Printer Description (PPD) ファイルの構文の正しさを検証します。

コマンド オプションの詳細を参照するには、次のように入力してください。

ppdcheck /?

PTConform (PTConform.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\tools\x64\PTConform.exe

%WindowsSdkDir%\tools\x86\PTConform.exe

印刷チケットまたは印刷機能ドキュメントが、印刷スキーマに準拠しているか確認します。

コマンド オプションの詳細を参照するには、次のように入力してください。

ptconform /?

XpsAnalyzer (XpsAnalyzer.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\tools\x64\XpsAnalyzer.exe

%WindowsSdkDir%\tools\x86\XpsAnalyzer.exe

XPS 1.0 仕様との互換性について、XML Paper Specification (XPS) ファイルを分析します。

WDK ドキュメント:

XpsAnalyzer

 

テクノロジ: センサー

ツール名ツールの場所説明とヘルプ ファイルの場所

センサー診断ツール (sensordiagnostictool.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\tools\x64\

%WindowsSdkDir%\tools\x86\

ドライバー、ファームウェア、ハードウェアのセンサーと位置情報機能をテストします。 センサーと位置情報 API を呼び出して、データの取得、イベント処理、レポート間隔、感度の変更、プロパティの取得をテストします。

WDK ドキュメント:

センサー診断ツールでのセンサー機能のテスト

 

テクノロジ: すべてのドライバー

ツール名ツールの場所説明とヘルプ ファイルの場所

BinPlace (Binplace.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\bin\x86\binplace.exe

ファイルを移動したり、実行可能ファイルからシンボルを抽出したり、シンボル ファイルからプライベート シンボルを削除して、大きなコーディング プロジェクトを管理します。

WDK ドキュメント:

BinPlace

ドライバーのコード分析

WDK ツール: はい

コード分析ツールは Visual Studio に含まれています。WDK をインストールするときに、ドライバー固有のコンポーネントが追加されます。

C と C++ のコーディング エラーを検出する静的な検証ツール。このバージョンは特にカーネル モードのドライバーでエラーを検出するために設計されています。

  以前のバージョンの WDK では、この機能は OACR に組み込まれ、スタンドアロン ツールの PREfast for Drivers としても使うことができました。Visual Studio 2012 以降、現時点ではこの機能は Visual Studio に組み込まれています。

WDK ドキュメント:

ドライバーのコード分析

CertMgr (CertMgr.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\bin\x64\CertMgr.exe

%WindowsSdkDir%\bin\x86\CertMgr.exe

ドライバーとドライバー パッケージに署名するために使われる証明書、証明書信頼リスト (CTL)、証明書失効リスト (CRL) を管理します。

WDK ドキュメント:

CertMgr

ChkINF

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\tools\x86\Chkinf

ドライバーのセットアップ情報 (INF) ファイルの構造と構文を検証する Perl スクリプトのセット。

WDK ドキュメント:

ChkINF

モデム INF ファイルでの ChkINF の使用

DDInstall.WMI を処理するための共同インストーラー

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\tools\x64\coinstallers

%WindowsSdkDir%\tools\x86\coinstallers

Windows 2000 と Windows XP で INF ファイルの [DDIinstall.WMI] セクションを処理するために使う再頒布可能な共同インストーラーです。

%WindowsSdkDir%\tools\x64\coinstallers\wmiinst.htm

%WindowsSdkDir%\tools\x86\coinstallers\wmiinst.htm

コンピューター ハードウェア識別ツール (ComputerHardwareIds.exe)

WDK ツール: はい

Windows Driver Kit (WDK) 8:

%WindowsSdkDir%\tools\x64\ComputerHardwareIds.exe

%WindowsSdkDir%\tools\x86\ComputerHardwareIds.exe

WDKPath\tools\Other\ia64\ComputerHardwareIds.exe

Windows Driver Kit (WDK) 8.1:

%WindowsSdkDir%\bin\x64\ComputerHardwareIds.exe

%WindowsSdkDir%\bin\x86\ComputerHardwareIds.exe

%WindowsSdkDir%\bin\arm\ComputerHardwareIds.exe

SMBIOS 情報からコンピューター ハードウェア ID を取得します。

WDK ドキュメント:

ComputerHardwareIds

Dependency Walker (Depends.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\tools\x64\depends.exe

%WindowsSdkDir%\tools\x86\depends.exe

ツリー ダイアグラム内のアプリケーションに必要なモジュールの依存関係パターンを表示します。表示される内容には、各モジュールでエクスポートされた機能、他のモジュールで実際に呼び出された機能、モジュールの読み込みと実行に必要なファイルの最小セットなど、多くの詳細情報が含まれます。

ツールの [Dependency Walker] (Dependency Walker) ヘルプ メニューで、[ヘルプのトピック] を選びます。

DevCon (Devcon.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\tools\x64\devcon.exe

%WindowsSdkDir%\tools\x86\devcon.exe

デバイス マネージャーのコマンド ライン バージョン。DevCon には、ローカル コンピューター上のデバイスの有効化、無効化、インストール、構成、削除を行う機能と、ローカル コンピューターとリモート コンピューター上のデバイスに関する詳しい情報を表示する機能があります。

WDK ドキュメント:

DevCon

Device Fundamental テスト

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\Testing\Tests\DeviceFundamentals

Device Fundamental テストは、WDK で提供されるテストのコレクションで、Visual Studio から実行できます。Device Fundamental テストは、Windows ハードウェア認定プログラムにも含まれています。

Device Fundamental テストを使って、ドライバーの信頼性とセキュリティをテストできます。

WDK ドキュメント:

Device Fundamental のテスト

Visual Studio を使って実行時にドライバーをテストする方法

Device Fundamental テストを選んで構成する方法

ドライバー (Drivers.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\tools\x64\drivers.exe

%WindowsSdkDir%\tools\x86\drivers.exe

コンピューターにインストールされているすべてのドライバーの一覧を表示します。

WDK ドキュメント:

なし

ドライバーの検証ツール (Verifier.exe)

WDK ツール: いいえ

%Windir%\system32\verifier.exe

カーネル モード ドライバーとグラフィックス ドライバーを監視して、無効な関数呼び出しや、システムを破損する可能性がある操作を検出します。ドライバーにさまざまなストレス テストを実行して、不適切な動作を見つけることができます。

WDK ドキュメント:

ドライバーの検証ツール

ドライバーの確認ログ (DVL)

WDK ツール: はい

Microsoft Visual Studio と WDK が必要です。[ドライバー] メニューの [Create Driver Verification Log] (ドライバーの検証ツール ログの作成) をクリックします。

Windows Server 2012 ハードウェア認定プログラムでは、該当するドライバーの提出の際に、ドライバーの検証ツール ログ (DVL) も含めることを要件としています。DVL には、コード分析と静的ドライバー検証ツールのログ ファイルからの結果の要約が含まれています。「ドライバーの検証ツール ログの作成」をご覧ください。

拡張記憶域証明書管理ツール (EhStorCertMgrCmd.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\tools\x64\ehstorcertmgrcmd.exe

%WindowsSdkDir%\tools\x86\ehstorcertmgrcmd.exe

IEEE 1667 標準に準拠する USB 記憶装置上の証明書を管理します。

WDK ドキュメント:

拡張記憶域証明書管理ツール

イベントとパフォーマンス カウンターのマニフェスト生成ツール (ECManGen.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\bin\x64\ECManGen.exe

%WindowsSdkDir%\bin\x86\ECManGen.exe

XML タグを使うことなくイベントまたはパフォーマンス カウンターのマニフェスト (*.man) をゼロから作成するためのツールです。 マニフェスト ファイルの作成については、インストルメンテーション マニフェストの記述 (Windows) に関するページと「カーネル モード ドライバーへのイベント トレースの追加」をご覧ください。

GUIDgen (Guidgen.exe)

WDK ツール: いいえ

Microsoft Exchange Server GUID ジェネレーターに関するページからダウンロード

クラス、オブジェクト、インターフェイスを識別できるグローバル一意識別子 (GUID) を生成します。生成された GUID は、ソース コードに挿入できるように 4 つの形式のいずれかでクリップボードにコピーされます。

GUIDGEN.doc (ダウンロード パッケージに含まれる)

Inf2Cat (Inf2cat.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\bin\x64\inf2cat.exe

%WindowsSdkDir%\bin\x86\inf2cat.exe

ドライバー パッケージの INF ファイルが、Windows バージョンの指定したリストでデジタル署名できるかどうかを確かめ、署名できる場合は、指定された Windows バージョンに適用する署名されていないカタログ ファイルを生成します。

WDK ドキュメント:

Inf2Cat

MakeCat (MakeCat.exe)

WDK ツール: はい

WDKPath\bin\amd64\MakeCat.exe

WDKPath\bin\ia64\MakeCat.exe

WDKPath\bin\x86\MakeCat.exe

ドライバー パッケージ用のカタログ ファイルを作ります。

WDK ドキュメント:

MakeCat

MakeCert (MakeCert.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\bin\x64\MakeCert.exe

%WindowsSdkDir%\bin\x86\MakeCert.exe

システム テスト ルート キーまたは指定された別のキーによって署名される X.509 証明書を作ります。

WDK ドキュメント:

MakeCert

MSBuild (MSBuild.exe)

WDK ツール: いいえ

Visual Studio でインストール

Microsoft WDK で提供されるサンプル、ドライバー、関連付けられたソフトウェア コンポーネントをビルドします。

MSBuild

PnpCpu (PnPCpu.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\tools\x64\PnPCpu.exe

%WindowsSdkDir%\tools\x86\PnPCpu.exe

Windows Server 2008 の実行中のインスタンスへのプロセッサのホット アドをシミュレートします。

WDK ドキュメント:

PNPCPU

PnPUtil (PnPUtil.exe)

WDK ツール: いいえ

%Windir%\system32\pnputil.exe

Windows ドライバー ストアからドライバー パッケージをインストールまたは削除するコマンド ライン ツールです。

このツールは、Windows Vista 以降のバージョンの Windows で使うことができます。

WDK ドキュメント:

PnPUtil

PoolMon (Poolmon.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\tools\x64\poolmon.exe

%WindowsSdkDir%\tools\x86\poolmon.exe

システムのページ カーネル プール、非ページ カーネル プールと、ターミナル サービス セッションに使われるメモリ プールからオペレーティング システムが収集するメモリ割り当てに関するデータを表示します。データは、プール割り当てタグによりグループ化されます。

WDK ドキュメント:

PoolMon

PowerCfg (PowerCfg.exe)

WDK ツール: いいえ

%Windir%\system32\powercfg.exe

システムのエネルギー効率を評価するためのコマンド ライン ツールです。

このツールは、Windows XP SP2 以降のバージョンの Windows で利用できます。

デベロッパー センター ドキュメント:

システムのエネルギー効率の評価に PowerCfg を使用する

コマンド オプションの詳細を参照するには、次のように入力してください。

PowerCfg /?

Pvk2Pfx (Pvk2Pfx.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\bin\x64\Pvk2Pfx.exe

%WindowsSdkDir%\bin\x86\Pvk2Pfx.exe

.spc ファイル、.cer ファイル、.pvk ファイルに含まれている公開キーと秘密キーの情報を Personal Information Exchange (.pfx) ファイルにコピーします。

WDK ドキュメント:

Pvk2Pfx

PwrTest (Pwrtest.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\tools\x64\pwrtest.exe

%WindowsSdkDir%\tools\x86\pwrtest.exe

コンピューターから電源管理情報を実行および記録する、Windows Vista 以降の電源管理ツールです。

WDK ドキュメント:

PwrTest

SignTool (SignTool.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\bin\x64\SignTool.exe

%WindowsSdkDir%\bin\x86\SignTool.exe

ファイルのデジタル署名、ファイル内の署名の検証、ファイルへのタイムスタンプの付与を行います。

WDK ドキュメント:

SignTool

Stampinf (Stampinf.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\bin\x64\stampinf.exe

%WindowsSdkDir%\bin\x86\stampinf.exe

共通の INF ファイル ディレクティブ (DriverVer ディレクティブなど) を更新します。

WDK ドキュメント:

Stampinf

静的ドライバー検証ツール

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\tools\SDV

  Visual Studio の [ドライバー] メニューの [Launch Static Driver Verifier] (静的ドライバー検証ツールの起動)。

Windows ドライバーのソース コードを体系的に分析し、ドライバーが Windows オペレーティング システム カーネルと正しく情報をやり取りしているかどうかを調べる静的な検証ツールです。

WDK ドキュメント:

静的ドライバー検証ツール

Tracefmt (Tracefmt.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\bin\x64\tracefmt.exe

%WindowsSdkDir%\bin\x86\tracefmt.exe

イベント トレース ログ ファイル (.etl) またはリアルタイムのトレース セッションからのトレース メッセージを書式設定および表示します。

WDK ドキュメント:

Tracefmt

TraceLog (Tracelog.exe)

WDK ツール: はい

WDK 8:

%WindowsSdkDir%\tools\x64\tracelog.exe

%WindowsSdkDir%\tools\x86\tracelog.exe

WDK 8.1:

%WindowsSdkDir%\bin\x64\tracelog.exe

%WindowsSdkDir%\bin\x86\tracelog.exe

%WindowsSdkDir%\bin\arm\tracelog.exe

コマンド ラインでトレース セッションを構成および制御します。遅延プロシージャ呼び出し (DPC) と割り込みサービス ルーチン (ISR) に費やす時間を測定します。

WDK ドキュメント:

Tracelog

TracePDB (Tracepdb.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\bin\x64\tracepdb.exe

%WindowsSdkDir%\bin\x86\tracepdb.exe

WPP トレース プロバイダーの完全またはプライベートな PDB シンボル ファイルからトレース メッセージ フォーマット (.tmf) ファイルを作ります。

WDK ドキュメント:

Tracepdb

TraceView (Traceview.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\tools\x64\TraceView.exe

%WindowsSdkDir%\tools\x86\TraceView.exe

トレース セッションを構成および制御し、リアルタイム トレース セッションとトレース ログの書式設定されたトレース メッセージを表示します。TraceView は、バッチ処理やスクリプトのためのグラフィック ユーザー インターフェイスとコマンド ライン インターフェイスを備えています。

WDK ドキュメント:

TraceView

TraceWPP (Tracewpp.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\bin\x64\tracewpp.exe

%WindowsSdkDir%\bin\x86\tracewpp.exe

Windows ソフトウェア トレース プリプロセッサ (WPP) を実行します。

WDK ドキュメント:

WPP プリプロセッサ

ソフトウェア トレース ツールの概要

WDF テスター

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\tools\x64\

%WindowsSdkDir%\tools\x86\

WDF ドライバーのテスト、確認、デバッグに利用できるツールのセットです。スクリプトまたはコンパイルされたアプリケーションで使うことができる WMI プログラミング インターフェイスを提供します。

WDK ドキュメント:

WdfTester: WDF ドライバーのテスト ツールセット

WDF 検証ツール (Wdfverifier.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\tools\x64\wdfverifier.exe

%WindowsSdkDir%\tools\x86\wdfverifier.exe

KMDF ドライバーと UMDF ドライバーのフレームワークの検証ツールに、使いやすいインターフェイスを提供します。

WDK ドキュメント:

WDF 検証ツールの制御アプリケーション

Web Services on devices (WSD) Basic Interoperability Tool (WSDBIT)

WDK ツール: はい

WSDBIT クライアント:

%WindowsSdkDir%\tools\x64\wsdbit_client.exe

%WindowsSdkDir%\tools\x86\wsdbit_client.exe

WSDBIT サーバー:

%WindowsSdkDir%\tools\x64\wsdbit_server.exe

%WindowsSdkDir%\tools\x86\wsdbit_server.exe

Web サービスのデバイス プロファイル (DPWS) の実装が WSDAPI と連携するか確認します。

WDK ドキュメント:

WSD 相互運用性ツール

Winerror (Winerror.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\tools\x64\winerror.exe

%WindowsSdkDir%\tools\x86\winerror.exe

指定されたエラー コード (Winerror.h) または成功コード (Ntstatus.h) のエラー メッセージ識別子とマッピング情報を返します。

コマンド オプションの詳細を参照するには、次のように入力してください。

winerror /?

WMIMofCk (Wmimofck.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\bin\x86\wmimofck.exe

WDK ドキュメント:

wmimofck.exe の使用

コマンド オプションの詳細を参照するには、次のように入力してください。

wmimofck -?

WsdCodeGen (Wsdcodegen.exe)

WDK ツール: はい

%WindowsSdkDir%\bin\x64\wsdcodegen.exe

%WindowsSdkDir%\bin\x86\wsdcodegen.exe

Web サービス コントラクトに基づいてプロキシとスタブを自動的に生成します。主として、このツールを使ってクライアント アプリケーションを作成できます。 一方、ユーザー モードのドライバーのテストや作成にもこのツールを使うことができます。

バイナリ MOF ファイル (.bmf) で指定されたクラス、プロパティ、メソッド、イベントを WMI で使うことができるか確認します。MOF サポート ファイルを生成します。

Windows SDK:

デバイスの Web サービスに関するページをご覧ください。

WSDDebug_client と WSDDebug_host

WDK ツール: はい

デバッグ クライアント:

%WindowsSdkDir%\bin\x64\WSDDebug_client.exe

%WindowsSdkDir%\bin\x86\WSDDebug_client.exe

デバッグ ホスト:

%WindowsSdkDir%\bin\x64\WSDDebug_host.exe

%WindowsSdkDir%\bin\x86\WSDDebug_host.exe

これらのツールは、デバイスまたはアプリケーションのトラブルシューティングに利用できるソフト デバイスとクライアントです。

Windows SDK:

デバイスの Web サービスに関するページをご覧ください。

 

WDK for Windows 8.1 の新機能

WDK 8.1 では次のツールが追加または変更されました。

WDK for Windows 8 の新機能

WDK for Windows 8 には次のツールが追加されました。

WDK for Windows 8 の 変更点

次の Microsoft WDK for Windows 7 のツールは、WDK for Windows 8 には含まれていません。

  • Windows 生体認証フレームワーク ツール (BioTest.exe, WBDIDriverTest.exe)

  • Device Path Exerciser (devpathexer.exe)。 Device Fundamental ファジー テストの一部になりました。

  • IoSpy と IoAttack (IoSpyCmd.exe、IoAttack.exe)。 Device Fundamental テストの一部になりました。

  • Kernrate (Kernrate.exe)。Kernrate はサポートされなくなりました。代わりに、Windows パフォーマンス ツールキットを使います。

  • Microsoft Auto Code Review (OACR) (ドライバー コンポーネントは Visual Studio のコード分析ツールの一部になりました)

  • プラグ アンド プレイ ドライバー テスト (pnpdtest.exe) Device Fundamental テストの一部になりました。

  • ProCalc

  • WWAN ドライバー テスト アプリ (wwandrivertestapp.exe)

サポートされているプラットフォーム

WDK 8.1 は、次のバージョンの Windows で実行されるドライバーの開発をサポートします。

  • Windows 8.1 と Windows 8

  • Windows Server 2012 R2 と Windows Server 2012

  • Windows 7

  • Windows Server 2008 R2

  • Windows Vista (SP1 と SP2 を含む) では、WDK 8 を使う必要があります。Windows XP では、WDK 7 を使う必要があります。

これらのバージョンの Windows で統合された Visual Studio ドライバー開発環境を実行できます。

  • Windows 8.1 と Windows 8

  • Windows Server 2012 R2 と Windows Server 2012

  • Windows 7

  • Windows Server 2008 R2

 

 

表示:
© 2015 Microsoft