情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

ドライバーのレジストリ キーの紹介

ドライバーは、ドライバー固有またはデバイス固有の情報の保存やアクセスに、通常、システム定義の一連のレジストリ キーを使用します。ドライバーは次のレジストリ キーにアクセスできます。

  • Parameters キー

    ドライバーの Parameters キーには、ドライバーの構成情報を格納できます。このキーは Services ツリーにあります。

    システムがドライバーの DriverEntry ルーチンを呼び出すと、ドライバーの Services ツリーへのパスがドライバーに渡されます。ドライバーは、このパスを WdfDriverCreate に渡す必要があります。その後、ドライバーは WdfDriverGetRegistryPath を呼び出してパスを取得し、WdfDriverOpenParametersRegistryKey を呼び出して Parameters キーを開くことができます。

    Parameters キーの詳細については、「HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services ツリー」(英語の可能性あり) を参照してください。

  • ソフトウェア キー

    ドライバーのソフトウェア キーは "ドライバー キー" と呼ばれることもあります。これは、レジストリに各ドライバーのソフトウェア キーが含まれるためです。レジストリにはすべてのデバイス クラスの一覧が格納され、各ドライバーのソフトウェア キーはそのデバイス クラス エントリに存在します。システムは、各ドライバーに関する情報をソフトウェア キーの下に格納します。

    ドライバーは WdfFdoInitOpenRegistryKey および WdfDeviceOpenRegistryKey を呼び出して、ソフトウェア キーを開くことができます。

    ソフトウェア キーの詳細については、「HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control ツリー」(英語の可能性あり) を参照してください。

  • ハードウェア キー

    ドライバー スタックが、デバイスがシステムに接続されていることをプラグ アンド プレイ (PnP) マネージャーに通知すると、PnP マネージャーはそのデバイスのハードウェア キーを作成します。このキーは "デバイス キー" と呼ばれることもあります。PnP マネージャーは、各デバイスの一意の識別情報をデバイスのハードウェア キーの下に格納します。

    ドライバーは WdfFdoInitOpenRegistryKey および WdfDeviceOpenRegistryKey を呼び出して、デバイスのハードウェア キーを開くことができます。

    ハードウェア キーの詳細については、「HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Enum ツリー」(英語の可能性あり) を参照してください。

ドライバーの INF ファイルには、レジストリ値を設定する INF AddReg ディレクティブを含めることができます。INF ファイルは、通常、INF DDInstall.HW セクションを使用して、デバイスのハードウェア キーの下に情報を設定します。

使用するドライバーの種類で特定のレジストリ キーの下に情報を格納する必要があるかどうかを判断するには、このドキュメントの目次を使用して、使用するドライバーのデバイスの種類について説明しているセクションを参照してください。

ドライバーのレジストリ キーの詳細については、以下を参照してください。

レジストリ ツリーとレジストリ キーの概要 (英語の可能性あり)

ドライバーでのレジストリの使用 (英語の可能性あり)

 

 

コミュニティの追加

表示:
© 2015 Microsoft