Windows RE の展開

以下の手順を使って Windows® 回復環境 (Windows RE) を新しいコンピューターに展開すると、システム障害が発生したときに、エンド ユーザーが PC を修復できるようになります。

前提条件

このチュートリアルを完了するには、次のものが必要です。

手順 1: Windows RE を展開する

  1. Windows RE ツール パーティションに新しいディレクトリを作成し、カスタムの Windows RE ツール イメージ (Winre.wim) をこのディレクトリにコピーします。次に、ファームウェアの種類に基づく例を示します。

    UEFI:

    mkdir T:\Recovery\WindowsRE
    
    xcopy /h W:\Windows\System32\Recovery\Winre.wim T:\Recovery\WindowsRE
    

    T: は、Windows RE ツール パーティションのドライブ文字を表しています。次に例を示します。

    BIOS:

    mkdir S:\Recovery\WindowsRE
    
    xcopy /h W:\Windows\System32\Recovery\Winre.wim S:\Recovery\WindowsRE
    

    S: は、システム パーティションを表しています。

  2. カスタムの Windows RE ツール イメージを登録します。

    UEFI:

    C:\Windows\System32\Reagentc /setreimage /path T:\Recovery\WindowsRE /target W:\Windows
    

    T: は、Windows RE ツール パーティションを表しています。

    BIOS

    C:\Windows\System32\Reagentc /setreimage /path S:\Recovery\WindowsRE /target W:\Windows
    

    S: は、システム パーティションを表しています。

  3. 省略可能: カスタム ツールを Windows RE ブート イメージに追加している場合、そのイメージを登録して、[ブート オプション] メニューに表示されるようにします。
    Reagentc /setbootshelllink /configfile E:\Recovery\BootMenu\AddDiagnosticsToolToBootMenu.xml
    

    カスタム ツールの追加について詳しくは、「Windows RE のブート オプション メニューにカスタム ツールを追加する」をご覧ください。

  4. 省略可能: Windows RE を含むセカンダリ ブート パスを実行するためのハードウェア回復ボタン (またはボタンの組み合わせ) を構成します。詳しくは、「Windows RE を起動するためのハードウェア回復ボタンの追加」をご覧ください。

手順 2: 回復パーティションを特定し、ドライブ文字を非表示にする

   PC のリカバリー機能を Windows 8 エディション用に構成する場合は、このセクションを省略し、「PC のリカバリー機能を展開する」に進んでください。
 

パーティションを回復パーティションとして構成し、ドライブ文字を非表示にして、パーティションがエクスプローラーなどの一般的な Windows メニューに表示されないようにします。

Dn898536.wedge(ja-jp,VS.85).gif回復パーティションを特定してドライブ文字を非表示にするための DiskPart スクリプトを準備する

  1. メモ帳を使って、回復パーティションを特定して非表示にするコマンドを記載したテキスト ファイルを作ります。次に、ファームウェアの種類に基づく例を示します。

    UEFI:

    PARTITION_MSFT_RECOVERY_GUID (de94bba4-06d1-4d40-a16a-bfd50179d6ac) の ID を使って、パーティションを回復パーティションとして定義します。

    GPT 属性 0x8000000000000001 を使って、ドライブ文字を非表示にし、必要に応じて 2 つの属性 GPT_BASIC_DATA_ATTRIBUTE_NO_DRIVE_LETTER および GPT_ATTRIBUTE_PLATFORM_REQUIRED の組み合わせを使ってそれらの文字をマークします。

    UEFI ハード ドライブ パーティション属性について詳しくは、PARTITION_INFORMATION_GPT 構造体に関するページをご覧ください。

    rem == HideRecoveryPartitions-UEFI.txt
    select disk 0
    select partition 1
    remove
    set id=de94bba4-06d1-4d40-a16a-bfd50179d6ac
    gpt attributes=0x8000000000000001
    rem == If Push-button reset features are included, add the following commands:
    rem    select partition 5
    rem    remove
    rem    set id=de94bba4-06d1-4d40-a16a-bfd50179d6ac
    rem    gpt attributes=0x8000000000000001
    list volume
    

    BIOS:

    属性 id=27 を使ってシステム パーティションを定義し、remove コマンドを使ってドライブ文字を削除します。

    rem == HideRecoveryPartitions-BIOS.txt
    select disk 0
    select partition 3
    set id=27
    remove
    list volume
    exit
    
  2. 完成したファイルを、ファームウェアの種類に基づいて E:\Recovery\HideRecoveryPartitions-UEFI.txt または E:\Recovery\HideRecoveryPartitions-BIOS.txt の名前で保存します。

Dn898536.wedge(ja-jp,VS.85).gifドライブ文字を特定し、非表示にする

  • 回復パーティションを特定し、非表示にするには、次のように diskpart スクリプトを実行します。
    Diskpart /s E:\Recovery\HideRecoveryPartitions-<firmware>.txt
    

    <firmware> は、UEFI または BIOS を表しています。

Dn898536.wedge(ja-jp,VS.85).gifWindows RE 構成が正しく設定されていることを確認します。

  • 管理者として実行するコマンド プロンプトを開きます。

    Windows RE の情報を確認します。

    reagentc /info
    

    次のことを確認します。

    • Windows RE ステータスが有効になっている。
    • Windows RE の場所が正しいパーティションになっている。
    • WinRE の BCD GUID エントリが、ファイル reagent.xml の WinRE GUID エントリと同じである。BIOS ベースの PC の場合、このファイルはシステム パーティションの \Recovery\(GUID)\ にあります。UEFI ベースの PC の場合、このファイルは Windows RE ツール パーティションの \Recovery\WindowsRE\ にあります。
    • WinRE が \Recovery\WindowsRE ディレクトリにある。

関連トピック

Windows 回復環境 (Windows RE) テクニカル リファレンス
DISM イメージ管理のコマンド ライン オプション
Windows RE のカスタマイズ
Windows RE のブート オプション メニューにカスタム ツールを追加する

 

 

表示: