緊急通知

パートナーは、さまざまな政府緊急通知プログラムのサポートを有効にすることができます。

Windows 10 Mobile では、次の種類の政府緊急通知プログラムをサポートしています。

  • 米国で販売されるデバイスでは、パートナーは、通信事業者のネットワークでサポートされている場合、Commercial Mobile Alert Service (CMAS) のサポートを有効にすることができます。パートナーは、警告の種類の既定値も指定できます。CMAS は、米国の連邦プログラムで、ユーザーは、国家的な非常事態、自然災害、悪天候、誘拐事件などの状況で、優先順位の高い SMS メッセージとして緊急通知を受信できます。

    また、この OS は ATIS-0700013 (Implementation Guidelines for Mobile Device Support of Multi-Language CMAS (モバイル デバイスによる多言語 CMAS のサポートの実装ガイドライン)) の仕様に従って、CMAS チャネルの個別の範囲 (4383 ~ 4395) で 1 つの追加の言語による CMAS メッセージの処理をサポートします。

  • 日本で販売されるデバイスでは、パートナーは、通信事業者のネットワークでサポートされている場合、Earthquake & Tsunami Warning System (ETWS) を有効にすることができます。

  • オランダで販売されるデバイスでは、パートナーは、通信事業者のネットワークでサポートされている場合、Netherlands Announcements を有効にすることができます。

  • チリで販売されるデバイスでは、パートナーは、通信事業者のネットワークでサポートされている場合、デバイスで LatAlert ローカル通知を受信できるようにすることができます。

  • 台湾で販売されるデバイスでは、パートナーは、EmOperatorEnabled の設定を有効にする必要はありません。繁体字中国語での "Presidential" 警告に対する CMAS 警告 (チャネル 4370) と英語での "Presidential" 警告に対する CMAS 警告 (チャネル 4383) は、自動的に有効になります。CMAS Required Monthly Test の設定が有効になっている場合、英語による必須の月例検査の警告もサポートされます。

緊急メッセージは、ユーザーが非表示にするまで、画面の上部に通知として表示されます。緊急メッセージは、返信、転送、コピーと貼り付けをサポートしていません。記憶域がいっぱいの状態であっても受信できます。緊急メッセージは、受信時に独特の警告音とバイブレーションを使用します。

警告通知が表示されたときに、ユーザーが警告メッセージを閉じるか、[設定] をタップしてメッセージングの設定ページに移動し、警告の受信後に簡単に緊急警報の設定を変更できます。[設定] ボタンは、緊急警報の設定ページを表示するように OS が構成されている場合にのみ表示されます。このボタンは、ユーザーが表示できる設定ページがあり、ユーザーが警告を制御できる場合、すべての種類の緊急警報について表示されます。他の警告メッセージがある場合は、これらのメッセージは閉じられません。ユーザーは常に個別に警告を閉じる必要があります。

制約: なし

このカスタマイズのサポート対象: per-SIM

手順:
  1. 有効にする警告の種類に対する手順に基づいて次の応答ファイルのコード サンプルを変更します。

    <?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?>  
    <ImageCustomizations xmlns="http://schemas.microsoft.com/embedded/2004/10/ImageUpdate"  
                         Name="EmergencyNotifications"  
                         Description="Use to enable and configure the settings for certain government emergency notification programs."  
                         Owner=""  
                         OwnerType="OEM"> 
      
      <!-- Define the Targets --> 
      <Targets>
         <Target Id="">
            <TargetState>
               <Condition Name="" Value="" />
               <Condition Name="" Value="" />
            </TargetState>
         </Target>
      </Targets>
      
      <Static>
        <Settings Path="Multivariant">
          <Setting Name="Enable" Value="1" />
        </Settings>
        <Settings Path="AutoDataConfig">
          <Setting Name="Enable" Value="0" />
        </Settings>
      </Static>
    
      <!-- Specify the Variant -->
      <Variant Name=""> 
        <TargetRefs>
          <TargetRef Id="" /> 
        </TargetRefs>
     
        <!-- Enable and configure the settings for the emergency notification program program. 
             See the sections for the emergency notification program for more information about the settings you can enable. -->
    
      </Variant>
    
    </ImageCustomizations>
    
  2. Owner を指定します。

  3. Targets またはバリアントを適用するタイミングの条件を定義します (SIM の MCC、MNC、SPN のキー オフなど)。

  4. Variant の設定を定義します。これは、関連付けられているターゲットの条件が満たされた場合に適用されます。

  5. EmOperatorEnabled 設定は、ユーザーに対して表示される緊急警報のユーザー インターフェイスを指定します。米国の CMAS、日本の ETWS、オランダの NL 警報システムの値については、各セクションで説明します。

    ただし、EmOperatorEnabled が設定されていない場合、既定値は 0 または none です。

    有効にする政府緊急通知プログラムの設定を構成します。各セクションでは、政府緊急通知プログラムを有効にするために使用する必要がある正しい EmOperatorEnabled 値と、警告システムの構成を完了するために使用できるその他の設定を示します。

    EmOperatorEnabled 値説明

    0

    なし

    1

    CMAS 警告

    2

    NL 警告

    3

    ETWS 警告

    4

    LAT 警告

     

テスト手順:

携帯電話会社と協力して、ネットワーク上でこのカスタマイズをテストします。

米国の CMAS 緊急通知の設定

<wdcml:tla rid="win_threshold_mobile" xmlns:wdcml="http://microsoft.com/wdcml"/> がサポートしている CMAS 警告の種類は、"Presidential" 警告、"Extreme" 警告、"Severe" 警告、"AMBER" 警告です。

CMAS 緊急警報の種類ごとに UI にトグルがあり、ユーザーは警告の種類を有効または無効にすることができます。既定では、すべての警告の種類がオンになっています。"Presidential" 警告は読取り専用で常にオンになっています。

ユーザーの設定は、apollo からの更新や復元を含め、更新や復元を行っても保持されます。パートナーは、これらの警告の種類の既定値を設定できますが、ユーザーの設定の方が優先されます。

手順:

  1. CMAS 警告の種類の構成を完了するには、次の設定または EmergencyNotifications.xml を使用します。

        <Settings Path="Messaging/PerSimSettings/$(__ICCID)/EmergencyAlertOptions">  
          <Setting Name="EmOperatorEnabled" Value="1" />
          <Setting Name="CmasExtremeAlertEnabled" Value="" />
          <Setting Name="CmasSevereAlertEnabled" Value="" />
          <Setting Name="CmasAMBERAlertEnabled" Value="" />
          <Setting Name="SevereAlertDependentOnExtremeAlert" Value="" />
        </Settings>  
    
        <!-- To fully configure CMAS, you must also set the per-device and per-IMSI DefaultMCC setting. 
        <Settings Path="CellCore/PerDevice/SMS">  
          <Setting Name="DefaultMCC" Value="" />                  
        </Settings>  
     
        <Settings Path="CellCore/PerIMSI/$(__IMSI)/SMS">  
          <Setting Name="DefaultMCC" Value="" />                  
        </Settings>  
        -->
    
  2. EmOperatorEnabled 値は常に 1 に設定します。これは CMAS 警告を指定します。

  3. CmasExtremeAlertEnabledCmasSevereAlertEnabledCmasAMBERAlertEnabled の値を、0 (オフ) または 1 (オン) に設定します。これらの設定は既定ではオンになっています。

  4. (省略可能) 特定の携帯電話会社の要件を満たすために、OEM は SevereAlertDependentOnExtremeAlert の設定を 0 (オフ) または 1 (オン) に設定します。これにより、メッセージング設定 CPL の [緊急警報] ページに表示される CMAS-Severe 警告が CMAS-Extreme 警告に応じて切り替わります。有効にした場合、ユーザーが CMAS-Extreme 警告をオフにすると、CMAS-Severe 警告もオフになります。CMAS-Severe 警告は、CMAS-Extreme 警告もオンの場合にのみ、オンとオフを切り替えることができます。

  5. CMAS を完全に構成するには、デバイスごとまたは SIM ごとの DefaultMCC も設定する必要があります。両方のパスで DefaultMCC を設定することもできます。

    デバイスごとのパスは、予期しない SIM ターゲットが挿入されたときのシナリオに対応します。ここでは、デバイスごとの DefaultMCC の値はデバイス全体の既定値として使用されます。IMSI ごとの DefaultMCC 値は、特定の SIM が Target 内で定義されており、Targets の条件と一致する SIM がデバイスに挿入されたときに使用されます。ここでは、IMSI ごとの DefaultMCC 値は、デバイスごとの構成で設定した値よりも優先されます。

    デバイスのユーザーが米国に適用される CMAS メッセージを受信することを完全に許可するには、OEM は DefaultMCC 値を 310 または 311 に設定する必要があります。テスト用の SIM カードのシナリオを実行する場合でも、001 を使わないでください。

以前の Windows Phone のリリースから CMAS 警告の設定を Windows 10 Mobile に移行する場合、ユーザーの設定を復元するためのガイドとして次のマッピングを使用します。

以前のリリースの設定Windows 10 Mobile の設定

"AMBER" 警告: オン

"AMBER" 警告: オン

"Presidential" 警告のみ

"Presidential" 警告: オン

"Extreme" 警告: オフ

"Severe" 警告: オフ

"Presidential" 警告と "Extreme" 警告

"Presidential": オン

"Extreme" 警告: オン

"Severe" 警告: オフ

すべての警告

"Presidential": オン

"Extreme" 警告: オン

"Severe" 警告: オン

 

日本の ETWS 緊急通知の設定

パートナーは、Earthquake & Tsunami Warning System (ETWS) を有効にし、警告メッセージと共に警告音を再生するよう構成できます。

手順:

  1. ETWS 警告の種類の構成を完了するには、次の設定または EmergencyNotifications.xml を使用します。

        <Settings Path=Messaging/PerSimSettings/$(__ICCID)">
          <!-- Use to add a custom alert sound
          <Asset Name="EtwsSound" Source="" 
          <Setting Name="EtwsSoundFileName" Value="" />
          -->
    
          <Setting Name="EarthquakeMessageString" Value="" />
          <Setting Name="TsunamiMessageString" Value="" />
          <Setting Name="EarthquakeTsunamiMessageString" Value="" />
        </Settings>
    
        <Settings Path="Messaging/PerSimSettings/$(__ICCID)/EtwsSoundEnabled">  
          <Setting Name="EmOperatorEnabled" Value="3" />
          <Setting Name="EtwsSoundEnabled" Value="" />
        </Settings>  
    
    
  2. カスタム警告音を使用するには、次の手順を実行します。

    1. EtwsSound アセット名を追加し、Source をカスタム警告音の場所とファイル名に設定することにより、カスタム警告音ファイルを追加します。

    2. EtwsSoundFileName 設定を使用し、その値を前の手順で追加したサウンド ファイルの名前に設定します。

  3. 津波と地震のメッセージの既定の文字列はローカライズされています。ただし、カスタマイズした文字列の 1 つのセットのみが許可されます。既定の文字列を変更する場合、デバイスで設定されている言語に関係なく、同じカスタムの文字列が表示されます。

    • Primary Earthquake の既定のメッセージを変更するには、EarthquakeMessageString 設定値を指定します。この文字列は、デバイスで設定されている言語に関係なく使用されます。

    • Primary Tsunami の既定のメッセージを変更するには、TsunamiMessageString 設定値を指定します。この文字列は、デバイスで設定されている言語に関係なく使用されます。

    • Primary Tsunami and Earthquake の既定のメッセージを変更するには、EarthquakeTsunamiMessageString 設定値を指定します。この文字列は、デバイスで設定されている言語に関係なく使用されます。

  4. EmOperatorEnabled 値は常に 3 に設定します。これは ETWS 警告を指定します。

  5. ETWS 警告音を再生するには、EtwsSoundEnabled を 0 (オフ) または 1 (オン) に設定します。この値が設定されていない場合、既定値はオンです。

オランダの NL 緊急通知の設定

オランダ NL 警告システムは、米国の CMAS システムに基づいており、デバイスのユーザー エクスペリエンスは CMAS 警告と同様です。

手順:

  1. NL 警告の種類の構成を完了するには、次の設定または EmergencyNotifications.xml を使用します。

        <Settings Path="Messaging/PerSimSettings/$(__ICCID)/NlAlertOptions">
            <Setting Name="EmOperatorEnabled" Value="2" />
            <Setting Name="CmasExtremeAlertEnabled" Value="" />
        </Settings>  
    
  2. EmOperatorEnabled 値は常に 2 に設定します。これは NL 警告を指定します。

  3. NL-Alert2 警告を有効にするには、Nl2AlertEnabled を 0 (オフ) または 1 (オン) に設定します。

    Nl2AlertEnabled は、ユーザーが切り替えることができる警告の種類である NL-Alert2 警告を、オランダの CMAS 設定ページに表示するかどうかを制御します。

チリの LAT-Alert ローカル警告

LAT-Alert 緊急警報システムは、3GPP 緊急警報と CMAS システムに基づいています。チリ国内でデバイスを出荷する場合、パートナーはこのカスタマイズを有効にする必要があります。

手順:

  1. チリの LAT-Alert ローカル警告の種類の構成を完了するには、次の設定または EmergencyNotifications.xml を使用します。

        <Settings Path="Messaging/PerSimSettings/$(__ICCID)/LatAlertOptions">
            <Setting Name="EmOperatorEnabled" Value="4" />
            <Setting Name="LatLocalAlertEnabled" Value="" />
        </Settings>  
    
  2. EmOperatorEnabled 値は常に 4 に設定します。これは LAT-Alert ローカル警告を指定します。

  3. LAT-Alert ローカル警告を受信できるようにするには、LatLocalAlertEnabled を 0 (オフ) または 1 (オン) に設定します。

    ユーザーは、[メッセージング] 設定 CPL で LAT-Alert ローカル警告を構成することも、無効にすることもできません。

 

 

表示: