メモリ リークのデバッグ - DRIVER_VERIFIER_DETECTED_VIOLATION (C4): 0x62

ドライバーが最初にそのすべてのプール割り当てを解放しないでアンロードされると、ドライバーの検証ツールはパラメーター 1 値が 0x62 の Bug Check 0xC4: DRIVER_VERIFIER_DETECTED_VIOLATION を生成します。未解放メモリ割り当て (メモリ リークとも呼ばれる) は、オペレーティング システムのパフォーマンス低下を招く一般的な原因です。システム プールを断片化し、最終的にはシステムのクラッシュにつながる可能性があります。

ドライバーの検証ツールを実行しているテスト コンピューターにカーネル デバッガーを接続しているときにドライバーの検証ツールにより違反が検出された場合、Windows がデバッガーに割り込み、エラーの簡単な説明を表示します。

ドライバー アンロード時のメモリ リークのデバッグ

!analyze を使ったバッグ チェックに関する情報の表示

実行されたバグ チェックと同様、デバッガーを制御するときに最初に行う手順は !analyze -v コマンドの実行です。

kd> !analyze -v
Connected to Windows 8 9600 x86 compatible target
Loading Kernel Symbols
.................................................................................
Loading User Symbols
.......................
Loading unloaded module list
........
*******************************************************************************
*                                                                             *
*                        Bugcheck Analysis                                    *
*                                                                             *
*******************************************************************************

DRIVER_VERIFIER_DETECTED_VIOLATION (c4)
A device driver attempting to corrupt the system has been caught.  This is
because the driver was specified in the registry as being suspect (by the
administrator) and the kernel has enabled substantial checking of this driver.
If the driver attempts to corrupt the system, bugchecks 0xC4, 0xC1 and 0xA will
be among the most commonly seen crashes.
Arguments:
Arg1: 00000062, A driver has forgotten to free its pool allocations prior to unloading.
Arg2: 9707712c, name of the driver having the issue.
Arg3: 9c1faf70, verifier internal structure with driver information.
Arg4: 00000003, total # of (paged+nonpaged) allocations that weren't freed.
	Type !verifier 3 drivername.sys for info on the allocations
	that were leaked that caused the bugcheck.

パラメーター 1 (Arg1) の値が 0x62 の Bug Check 0xC4: DRIVER_VERIFIER_DETECTED_VIOLATION は、次のように表されます。

DRIVER_VERIFIER_DETECTED_VIOLATION (C4)
Arg1Arg2Arg3Arg4原因ドライバーの検証ツールのフラグ
0x62ドライバーの名前。予約済み解放されなかった割り当ての合計数。ページ プールと非ページ プールの両方が含まれます。ドライバーは、最初にそのプール割り当てを解放しないでアンロードされます。 Windows 8.1 では、ドライバーが IoAllocateWorkItem を使って割り当てたすべての作業項目 (IO_WORKITEM) を最初に解放しないでアンロードされた場合にもこのバグ チェックが行われます。このパラメーターが設定されたバグ チェックは、プールのトラック オプションがアクティブの場合のみ行われます。 プールのトラック (verifier /flags 0x8) を指定します。[プールのトラック] オプションは、標準フラグ (verifier /standard ) で有効です。

 

!verifier 3 拡張コマンドを使ったプール割り当て情報の調査

この特定のバグ チェックでは、パラメーター 4 (Arg4) に指定された情報が最も重要です。Arg4 は、解放されなかった割り当ての数を示しています。!analyze コマンドの出力も、それらの割り当ての内容の表示に使うことができる !verifier デバッガー拡張コマンドを示しています。 !verifier 3 MyDriver.sys コマンドの全出力を次の例に示します。

kd> !verifier 3 Mydriver.sys

Verify Flags Level 0x000209bb

  STANDARD FLAGS:
    [X] (0x00000000) Automatic Checks
    [X] (0x00000001) Special pool
    [X] (0x00000002) Force IRQL checking
    [X] (0x00000008) Pool tracking
    [X] (0x00000010) I/O verification
    [X] (0x00000020) Deadlock detection
    [X] (0x00000080) DMA checking
    [X] (0x00000100) Security checks
    [X] (0x00000800) Miscellaneous checks
    [X] (0x00020000) DDI compliance checking

  ADDITIONAL FLAGS:
    [ ] (0x00000004) Randomized low resources simulation
    [ ] (0x00000200) Force pending I/O requests
    [ ] (0x00000400) IRP logging
    [ ] (0x00002000) Invariant MDL checking for stack
    [ ] (0x00004000) Invariant MDL checking for driver
    [ ] (0x00008000) Power framework delay fuzzing
    [ ] (0x00040000) Systematic low resources simulation
    [ ] (0x00080000) DDI compliance checking (additional)
    [ ] (0x00200000) NDIS/WIFI verification
    [ ] (0x00800000) Kernel synchronization delay fuzzing
    [ ] (0x01000000) VM switch verification

    [X] Indicates flag is enabled


Summary of All Verifier Statistics

  RaiseIrqls           0x0
  AcquireSpinLocks     0x0
  Synch Executions     0x0
  Trims                0x0

  Pool Allocations Attempted             0x2db1a
  Pool Allocations Succeeded             0x2db1a
  Pool Allocations Succeeded SpecialPool 0x2db1a
  Pool Allocations With NO TAG           0x0
  Pool Allocations Failed                0x0

  Current paged pool allocations         0x0 for 00000000 bytes
  Peak paged pool allocations            0x0 for 00000000 bytes
  Current nonpaged pool allocations      0x3 for 00001058 bytes
  Peak nonpaged pool allocations         0x13 for 0004A4A0 bytes

Driver Verification List
------------------------

  MODULE: 0x84226b28 MyDriver.sys (Loaded)

    Pool Allocation Statistics: ( NonPagedPool / PagedPool )

      Current Pool Allocations: ( 0x00000003 / 0x00000000 )
      Current Pool Bytes:       ( 0x00001058 / 0x00000000 )
      Peak Pool Allocations:    ( 0x00000013 / 0x00000000 )
      Peak Pool Bytes:          ( 0x0004A4A0 / 0x00000000 )
      Contiguous Memory Bytes:       0x00000000
      Peak Contiguous Memory Bytes:  0x00000000

    Pool Allocations:

      Address     Length      Tag   Caller    
      ----------  ----------  ----  ----------
      0x982a8fe0  0x00000020  VMdl  0x9a3bf6ac  MyDriver!DeviceControlDispatch
      0x8645a000  0x00001008  mdrv  0x9a3bf687  MyDriver!DeviceControlDispatch
      0x9a836fd0  0x00000030  Vfwi  0x9a3bf6ed  MyDriver!GetNecessaryObjects

この例では、ドライバー MyDriver.sys に、メモリ割り当てが 2 つと正しく解放されていない I/O 作業項目が 1 つあります。 各リストは、現在の割り当てのアドレス、サイズ、使われたプール タグ、割り当ての要求が生成されたドライバー コードのアドレスを示しています。 該当するドライバーのシンボルが読み込まれた場合、呼び出し元アドレスの隣の関数の名前も示されます。

表示されたタグのうち、ドライバー自体に指定されたものは 1 つ (アドレス 0x8645a000 の割り当てに対して) だけです (mdrv)。 VMdl タグは、ドライバーの検証ツールにより検証されたドライバーが IoAllocateMdl を呼び出すと必ず使われます。 同様に、Vfwi タグは、ドライバーの検証ツールにより検証されたドライバーが IoAllocateWorkItem を使って作業項目を割り当てる要求を生成すると必ず使われます。

シンボルがあれば、メモリ割り当てが発生したソース ファイル内の場所を特定可能

ドライバーのシンボルが読み込まれると、それらのシンボルに行番号情報が含まれている場合、ln CallerAddress コマンドを使って呼び出しが行われた行を表示することができます。 この出力では、割り当てを行った関数内のオフセットも示されます。

kd> ln 0x9a3bf6ac  
d:\coding\wdmdrivers\mydriver\handleioctl.c(50)+0x15
(9a3bf660)   MyDriver!DeviceControlDispatch+0x4c   |  (9a3bf6d0)   MyDriver!DeviceControlDispatch

kd> ln 0x9a3bf687  
d:\coding\wdmdrivers\mydriver\handleioctl.c(38)+0x12
(9a3bf660)   MyDriver!DeviceControlDispatch+0x27   |  (9a3bf6d0)   MyDriver!DeviceControlDispatch

kd> ln 0x9a3bf6ed  
d:\coding\wdmdrivers\mydriver\handleioctl.c(72)+0xa
(9a3bf6d0)   MyDriver!GetNecessaryObjects+0x1d   |  (9a3bf71c)   MyDriver!GetNecessaryObjects

メモリ割り当てのログの確認

ドライバーの検証ツールは、プールのトラックが有効なときにカーネル領域で行われたすべてのメモリ割り当ての循環ログも保持します。 既定では、直近 65,536 (0x10000) 個の割り当てが保持されます。新しい割り当てが行われると、ログ内の最も古い割り当てが上書きされます。 クラッシュの少し前に割り当てが行われた場合、上に示した割り当て以外の割り当てに関する追加情報を取得できる可能性があります (具体的には、割り当て時点のカーネル スタックのスレッド アドレスとフレーム)。

このログには、!verifier 0x80 AddressOfPoolAllocation コマンドを使ってアクセスできます。 このとき、この特定のアドレスのログに存在するすべての割り当てと解放が表示される点に注意してください。ログ履歴の表示をキャンセルまたは停止するには、キーボード ショートカット Ctrl + Break (WinDbg の場合) と Ctrl + C (KD の場合) を使います。

kd> !verifier 0x80 0x982a8fe0

Log of recent kernel pool Allocate and Free operations:

There are up to 0x10000 entries in the log.

Parsing 0x00010000 log entries, searching for address 0x982a8fe0.


======================================================================
Pool block 982a8fe0, Size 00000020, Thread 9c158bc0
81b250cd nt!IovAllocateMdl+0x3d
8060e41d VerifierExt!IoAllocateMdl_internal_wrapper+0x35
81b29388 nt!VerifierIoAllocateMdl+0x22
9a3bf6ac MyDriver!DeviceControlDispatch+0x4c
9a3bf611 MyDriver!NonPNPIRPDispatch0x51
9a3bf05a MyDriver!AllIRPDispatch+0x1a
80611710 VerifierExt!xdv_IRP_MJ_DEVICE_CONTROL_wrapper+0xd0
81b3b635 nt!ViGenericDispatchHandler+0x2d
81b3b784 nt!ViGenericDeviceControl+0x18
81b24b4d nt!IovCallDriver+0x2cc
81703772 nt!IofCallDriver+0x62
8191165e nt!IopSynchronousServiceTail+0x16e
81915518 nt!IopXxxControlFile+0x3e8

kd> !verifier 0x80 0x8645a000

Log of recent kernel pool Allocate and Free operations:

There are up to 0x10000 entries in the log.

Parsing 0x00010000 log entries, searching for address 0x8645a000.


======================================================================
Pool block 8645a000, Size 00001000, Thread 9c158bc0
8060ee4f VerifierExt!ExAllocatePoolWithTagPriority_internal_wrapper+0x5b
81b2619e nt!VerifierExAllocatePoolWithTag+0x24
9a3bf687 MyDriver!DeviceControlDispatch+0x27
9a3bf611 MyDriver!NonPNPIRPDispatch0x51
9a3bf05a MyDriver!AllIRPDispatch+0x1a
80611710 VerifierExt!xdv_IRP_MJ_DEVICE_CONTROL_wrapper+0xd0
81b3b635 nt!ViGenericDispatchHandler+0x2d
81b3b784 nt!ViGenericDeviceControl+0x18
81b24b4d nt!IovCallDriver+0x2cc
81703772 nt!IofCallDriver+0x62
8191165e nt!IopSynchronousServiceTail+0x16e
81915518 nt!IopXxxControlFile+0x3e8
81914516 nt!NtDeviceIoControlFile+0x2a

kd> !verifier 0x80 0x9a836fd0  

Log of recent kernel pool Allocate and Free operations:

There are up to 0x10000 entries in the log.

Parsing 0x00010000 log entries, searching for address 0x9a836fd0.


======================================================================
Pool block 9a836fd0, Size 00000030, Thread 88758740
8151713d nt!IovAllocateWorkItem+0x1b
84a133d9 VerifierExt!IoAllocateWorkItem_internal_wrapper+0x29
8151b3a7 nt!VerifierIoAllocateWorkItem+0x16
9a3bf6ed MyDriver!GetNecessaryObjects+0x1d
9a3bf620 MyDriver!NonPNPIRPDispatch0x51
9a3bf05a MyDriver!AllIRPDispatch+0x1a
84a16710 VerifierExt!xdv_IRP_MJ_DEVICE_CONTROL_wrapper+0xd0
8152d635 nt!ViGenericDispatchHandler+0x2d
8152d784 nt!ViGenericDeviceControl+0x18
81516b4d nt!IovCallDriver+0x2cc
810f5772 nt!IofCallDriver+0x62
8130365e nt!IopSynchronousServiceTail+0x16e
81307518 nt!IopXxxControlFile+0x3e8

メモリ リークの修正

ドライバーの検証ツールによるこのバグ チェックは、ドライバーがカーネル メモリをリークしないようにするためのものです。 いずれの場合にも、割り当てられたオブジェクトが解放されていない既存のコード パスを特定し、適切に解放されるようにすることで、適切な修正を行います。

静的ドライバー検証ツールは、Windows ドライバーのソース コードをスキャンし、各種コード パスの動作をシミュレートすることで考えられる問題を報告するツールです。 静的ドライバー検証ツールは、このような問題の特定に役立つ優れた開発時ユーティリティです。

ドライバーの検証ツールが関係しないシナリオなど、使うことができる他の手法については、「カーネル モード メモリ リークの検出」をご覧ください。

関連トピック

カーネル モード メモリ リークの検出
静的ドライバー検証ツール
Windows デバッグに関するページ
ドライバーの検証ツールが有効な場合のバグ チェックの処理

 

 

表示: