EtwActivityIdControlKernel Function

EtwActivityIdControlKernel 関数は、現在のアクティビティ識別子の作成と設定を行い、ユーザー モード スレッドとカーネル モード スレッドで使うことができます。

構文


NTSTATUS EtwActivityIdControlKernel(
  _In_     ULONG ControlCode,
  _Inout_  LPCGUID *ActivityId
);

パラメーター

ControlCode [in]

現在のスレッドの ActivityId で実行するアクションを指定します。ControlCode パラメーターには、次の定義済みの値のいずれかを設定できます。

意味
EVENT_ACTIVITY_CTRL_GET_ID

現在のスレッドのアクティビティ識別子を ActivityId パラメーターで返します。

EVENT_ACTIVITY_CTRL_SET_ID

現在のスレッドのアクティビティ識別子を ActivityId に指定された値に設定します。この関数に渡す ActivityId は、必ずしも EVENT_ACTIVITY_CTRL_CREATE_ID 制御コードか EVENT_ACTIVITY_CTRL_CREATE_SET_ID 制御コードによって作成された ID である必要はない点に注意してください。 ある種のアクティビティ識別子に関する必要を満たす使用可能なローカル値など、GUID に収まる任意の値を使うことができます。

 

ActivityId [in, out]

アクティビティを一意に識別する GUID へのポインターです。このパラメーターは、ControlCode が EVENT_ACTIVITY_CTRL_SET_ID のときは入力パラメーターで、ControlCode が EVENT_ACTIVITY_CTRL_GET_ID のときは出力パラメーターです。ActivityId パラメーターは、関連するイベントをグループ化する方法を提供します。このパラメーターは、エンド ツー エンドのトレースで使われます。

戻り値

成功した場合は ERROR_SUCCESS を返し、エラーの場合は次の値を返します。

リターン コード説明
ERROR_INVALID_PARAMETER

1 つ以上のパラメーターが無効です。

 

注釈

EtwActivityIdControlKernel 関数は、現在のスレッドの ActivityId で機能します。 これは、EtwActivityIdControlKernel 関数はスレッド環境ブロック (TEB) ではなくカーネルのスレッド記憶域を使うという点で、EtwActivityIdControl と異なります。したがって、EtwActivityIdControlKernel はどのスレッドでも使うことができます。 EtwActivityIdControlKernel では、EtwActivityIdControl ルーチンに使用可能な ControlCode 値のサブセットがサポートされます。

要件

サポートされている最小のクライアント

Windows 8.1

サポートされている最小のサーバー

Windows Server 2012 R2

ヘッダー

Wdm.h

ライブラリ

Ntoskrnl.lib

参照

EtwActivityIdControl

 

 

表示: