ID2D1GdiInteropRenderTarget インターフェイス

GDI 描画コマンドを受け入れることができるデバイス コンテキストへのアクセスを提供します。

実装するタイミング

カスタム実装はサポートされません。

メンバー

ID2D1GdiInteropRenderTarget インターフェイス の継承元は次のとおりです: IUnknown インターフェイス. ID2D1GdiInteropRenderTarget は次のメンバーも定義します:

メソッド

ID2D1GdiInteropRenderTarget インターフェイス は次の項目を定義します: メソッド.

メソッド説明
GetDC

このレンダー ターゲットに関連付けられたデバイス コンテキストを取得します。

ReleaseDC

GetDC メソッドで取得したデバイス コンテキストを使用した描画が終了したことを示します。

 

解説

ID2D1GdiInteropRenderTarget オブジェクトを直接作成せずに、既存のレンダー ターゲット インスタンスの QueryInterface メソッドを使用して ID2D1GdiInteropRenderTarget バージョンのレンダー ターゲットを用意します。

すべてのレンダー ターゲットが ID2D1GdiInteropRenderTarget インターフェイスをサポートしているわけではありません。レンダー ターゲットは、GDI と互換性があり (レンダー ターゲットの作成時に D2D1_RENDER_TARGET_USAGE_GDI_COMPATIBLE フラグが指定されている)、DXGI_FORMAT_B8G8R8A8_UNORM ピクセル形式と D2D1_ALPHA_MODE_PREMULTIPLIED または D2D1_ALPHA_MODE_IGNORE アルファ モードが使用されている必要があります。

QueryInterface メソッドは常に成功し、レンダー ターゲットで ID2D1GdiInteropRenderTarget インターフェイスがサポートされていない場合は、GetDC の呼び出しが失敗します。(CreateCompatibleRenderTarget メソッドにより作成されたレンダー ターゲットの場合は、メソッドを作成したレンダー ターゲットにこれらの設定が含まれている必要があります。)

特定のレンダー ターゲットが ID2D1GdiInteropRenderTarget インターフェイスをサポートしているかどうかをテストするには、GDI の互換性および適切なピクセル形式を指定する D2D1_RENDER_TARGET_PROPERTIES を作成し、レンダー ターゲットの IsSupported メソッドを呼び出して、レンダー ターゲットが GDI と互換性があるかどうかを確認します。

要件

クライアントの最小要件

Windows 7, Windows Vista SP2 および Windows Vista 用のプラットフォーム更新プログラム

サーバーの最小要件

Windows Server 2008 R2, Windows Server 2008 SP2 および Windows Server 2008 用のプラットフォーム更新プログラム

ヘッダー

D2d1.h

ライブラリ

D2d1.lib

DLL

D2d1.dll

参照

Direct2D と GDI の相互運用性の概要

 

 

表示: