クイック スタート: Live Connect 機能を使うためのアプリの登録 (XAML)

Applies to Windows and Windows Phone

C++、C#、または Visual Basic を使った Windows ストア アプリで Live Connect の機能を使う前に、まず、Windows ストア ダッシュボードでアプリを登録し、パッケージ ID を取得する必要があります。

このクイック スタートでは、そのための 2 種類の方法について説明します。自分にとって便利な方を選んでください。

  • Microsoft Visual Studio からアプリを登録できます。

    —または—

  • Windows ストア ダッシュボードを使い、アプリのパッケージ マニフェストにパッケージ ID を手動で入力して、アプリを登録できます。

重要  Windows の他の機能とは異なり、Live Connect 機能は、使う前に Windows ストア ダッシュボードで Windows ストア アプリを登録する必要があります。

必要条件

  • Windows ストア開発者アカウント

    Windows ストア開発者アカウントを持っていない場合は、Windows ストア ダッシュボードで作成します。Windows ストア開発者アカウントを取得したら、この手順を開始できます。

  • Visual Studio での Windows ストア アプリ プロジェクト

    Visual Studio で Windows ストア アプリ プロジェクトを作成していない場合でも、2 つ目のオプションを使って Windows ストアにエントリを作ることができます。ただし、Visual Studio でアプリのプロジェクトを作った後で、そのプロジェクトを、Windows ストアで作成したアプリ名に関連付ける必要があります。そのためには、Visual Studio の [ストア] メニューの [アプリケーションをストアと関連付ける] を使います。

完了までの時間: 10 分.

Visual Studio を使って Windows ストアのアプリを登録する

C++、C#、または Visual Basic を使った Windows ストア アプリを登録するには、次のように、アプリのプロジェクト ファイルを Visual Studio で開きます。

  1. [ストア] メニューの [アプリケーションをストアと関連付ける] をクリックします。
  2. [サインイン] をクリックし、自分の Microsoft アカウントの資格情報を使って Windows ストア開発者アカウントにサインインします。Windows ストア開発者アカウントを持っていない場合は、Windows ストア ダッシュボードで作成し、この手順を再開します。
  3. Visual Studio のアプリを関連付けるアプリを一覧から選びます。アプリが一覧にない場合は、[名前を予約] をクリックし、Windows ストア開発者アカウントに追加します。
  4. [次へ] をクリックし、Visual Studio のアプリに追加される情報を確認します。
  5. 情報が正しければ、[関連付ける] をクリックし、アプリのパッケージ マニフェストを更新します。

Windows ストア ダッシュボードを使って Windows ストアにアプリを登録する

Windows ストア ダッシュボードでの C++、C#、または Visual Basic を使った Windows ストア アプリの登録と、Visual Studio でのアプリ パッケージの更新を個別に行う場合は、次のようにします。

  1. ダッシュボードに移動します。

      Live Connect のアプリ管理サイトではないことに注意してください。Live Connect のアプリ管理サイトでは、Windows ストア アプリのパッケージ ID は取得できません。

  2. 確認のメッセージが表示されたら、Microsoft アカウントの資格情報でサインインします。
  3. ダッシュボードでアプリを見つけるか、追加します。

    • アプリが既にダッシュボードに登録されている場合は、アプリのタイルを見つけ、[編集] をクリックします。
    • ダッシュボードにアプリがない場合は、次のようにします。
      1. [アプリの提出] をクリックします。
      2. [アプリの名前] をクリックします。
      3. 画面上の指示に従ってアプリに名前を付け、変更を保存します。
      4. アプリの概要ページに戻ります。
  4. [高度な機能] をクリックします。
  5. [プッシュ通知と Live Connect サービスの情報] をクリックします。
  6. [アプリで Live Connect サービスを利用する場合は、次の点を確認してください] の下に表示される画面上の指示に従います。この手順では、アプリのパッケージ マニフェストで、どのプロパティをどの値に変更すればよいかを説明しています。
  7. アプリのパッケージ マニフェストを更新したら、[プッシュ通知と Live Connect サービスの情報] 画面を閉じて、[高度な機能] ページに戻ります。
  8. [保存] をクリックします。

要約と次のステップ

このクイック スタートでは、Windows ストアにアプリを登録する方法を説明しました。

Windows ストアに登録したアプリでは、Live Connect 機能を追加して、アプリをカスタマイズできます。

クイック スタート: アプリのカスタマイズ

 

 

表示:
© 2015 Microsoft