言語: HTML | XAML

クイック スタート: 加速度計を使用したユーザーの動きへの応答 (C#)

加速度計を使うと、C# で記述されたアプリでユーザーの動きに応答できます。

シンプルなゲーム アプリでは、加速度計などの単一のセンサーを入力デバイスとして使います。このようなアプリでは、一般的に、入力として 1 軸または 2 軸のみを使いますが、もう 1 つの入力ソースとしてシェイク イベントを使う場合もあります。

ロードマップ: このトピックと他のトピックとの関連については、「C# または Visual Basic を使った Windows ランタイム アプリのためのロードマップ」をご覧ください。

目標: このクイック スタートを完了すると、加速度計を使ってユーザーの動きに応答する方法を理解できます。

必要条件

XAML、Visual C#、イベントについて理解している必要があります。

使うデバイスやエミュレーターが加速度計をサポートしている必要があります。

完了までの時間: 20 分.

手順

1. Microsoft Visual Studio を開きます。

Microsoft Visual Studio のインスタンスを開きます。

2. 新しいプロジェクトを作る

[Visual C#/ストア アプリ] のプロジェクトの種類を選び、[空のアプリケーション] を選んで、新しいプロジェクトを作ります。

3. C# コードを置き換える

プロジェクトの MainPage.xaml.cs ファイルを開き、記載されているコードを次のコードで置き換えます。


using System;
using System.Collections.Generic;
using System.IO;
using System.Linq;
using Windows.Foundation;
using Windows.Foundation.Collections;
using Windows.UI.Xaml;
using Windows.UI.Xaml.Controls;
using Windows.UI.Xaml.Controls.Primitives;
using Windows.UI.Xaml.Data;
using Windows.UI.Xaml.Input;
using Windows.UI.Xaml.Media;
using Windows.UI.Xaml.Navigation;

// Required to support the core dispatcher and the accelerometer

using Windows.UI.Core;
using Windows.Devices.Sensors;

namespace App1
{

    public sealed partial class MainPage : Page
    {
        // Sensor and dispatcher variables
        private Accelerometer _accelerometer;

        // This event handler writes the current accelerometer reading to 
        // the three acceleration text blocks on the app's main page.

        private async void ReadingChanged(object sender, AccelerometerReadingChangedEventArgs e)
        {
            await Dispatcher.RunAsync(CoreDispatcherPriority.Normal, () =>
            {
                AccelerometerReading reading = e.Reading;
                txtXAxis.Text = String.Format("{0,5:0.00}", reading.AccelerationX);
                txtYAxis.Text = String.Format("{0,5:0.00}", reading.AccelerationY);
                txtZAxis.Text = String.Format("{0,5:0.00}", reading.AccelerationZ);

            });
        }

        public MainPage()
        {
            this.InitializeComponent();
            _accelerometer = Accelerometer.GetDefault();

            if (_accelerometer != null)
            {
                // Establish the report interval
                uint minReportInterval = _accelerometer.MinimumReportInterval;
                uint reportInterval = minReportInterval > 16 ? minReportInterval : 16;
                _accelerometer.ReportInterval = reportInterval;

                // Assign an event handler for the reading-changed event
                _accelerometer.ReadingChanged += new TypedEventHandler<Accelerometer, AccelerometerReadingChangedEventArgs>(ReadingChanged);
            }
        }
    }
}


元のスニペットの名前空間の名前を、自分のプロジェクトに指定した名前に変更する必要があります。たとえば、作成したプロジェクトの名前が AccelerometerCS だとすると、namespace App1namespace AccelerometerCS に置き換えます。

4. XAML コードを置き換える

MainPage.xaml ファイルを開き、元の内容を次の XML に置き換えます。


<Page
    x:Class="App1.MainPage"
    xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
    xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
    xmlns:local="using:App1"
    xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008"
    xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006"
    mc:Ignorable="d">

    <Grid x:Name="LayoutRoot" Background="#FF0C0C0C">
        <TextBlock HorizontalAlignment="Left" Height="25" Margin="8,20,0,0" TextWrapping="Wrap" Text="X-axis:" VerticalAlignment="Top" Width="62" Foreground="#FFEDE6E6"/>
        <TextBlock HorizontalAlignment="Left" Height="27" Margin="8,49,0,0" TextWrapping="Wrap" Text="Y-axis:" VerticalAlignment="Top" Width="62" Foreground="#FFF5F2F2"/>
        <TextBlock HorizontalAlignment="Left" Height="23" Margin="8,80,0,0" TextWrapping="Wrap" Text="Z-axis:" VerticalAlignment="Top" Width="62" Foreground="#FFF6F0F0"/>
        <TextBlock x:Name="txtXAxis" HorizontalAlignment="Left" Height="15" Margin="70,16,0,0" TextWrapping="Wrap" Text="TextBlock" VerticalAlignment="Top" Width="61" Foreground="#FFF2F2F2"/>
        <TextBlock x:Name="txtYAxis" HorizontalAlignment="Left" Height="15" Margin="70,49,0,0" TextWrapping="Wrap" Text="TextBlock" VerticalAlignment="Top" Width="53" Foreground="#FFF2EEEE"/>
        <TextBlock x:Name="txtZAxis" HorizontalAlignment="Left" Height="15" Margin="70,80,0,0" TextWrapping="Wrap" Text="TextBlock" VerticalAlignment="Top" Width="53" Foreground="#FFFFF8F8"/>

    </Grid>
</Page>

元のスニペットのクラス名の最初の部分を、自分のアプリの名前空間に置き換える必要があります。たとえば、作成したプロジェクトの名前が AccelerometerCS だとすると、x:Class="App1.MainPage"x:Class="AccelerometerCS.MainPage" に置き換えます。また、xmlns:local="using:App1"xmlns:local="using:AccelerometerCS" に置き換える必要があります。

5. アプリをビルド、展開、実行する

アプリをビルド、展開、実行するには、F5 キーを押すか、[デバッグ][デバッグの開始] の順にクリックします。

アプリを実行した後、デバイスを移動するか、エミュレーター ツールを使うことによって、加速度計値を変更できます。

6. アプリを停止する

  1. Alt キーを押しながら Tab キーを押して、Visual Studio に戻ります。
  2. Shift キーを押しながら F5 キーを押すか、[デバッグ][デバッグの停止] の順にクリックして、アプリを停止します。

要約

上に示した例では、ごく短いコードを作成するだけで、加速度計の入力をアプリに組み込むことができることがわかります。

このアプリでは、MainPage メソッドで、既定の加速度計との接続を確立しています。


_accelerometer = Accelerometer.GetDefault();

このアプリでは、MainPage メソッドで、レポート間隔を設定しています。このコードは、デバイスでサポートされる最小の間隔を取得し、要求される 16 ミリ秒の間隔 (約 60 Hz のリフレッシュ レート) と比較します。サポートされる最小の間隔が要求される間隔よりも大きい場合は、値を最小値に設定します。それ以外の場合は、値を要求される間隔に設定します。


uint minReportInterval = _accelerometer.MinimumReportInterval;
uint reportInterval = minReportInterval > 16 ? minReportInterval : 16;
_accelerometer.ReportInterval = reportInterval;

ReadingChanged メソッドで、新しい加速度計データをキャプチャしています。センサーのドライバーは、センサーから新しいデータを受け取るたびに、このイベント ハンドラーを使ってアプリに値を渡します。このアプリの場合、このイベント ハンドラーが次の行で登録されています。


_accelerometer.ReadingChanged += new TypedEventHandler<Accelerometer, 
AccelerometerReadingChangedEventArgs>(ReadingChanged);

プロジェクトの XAML 内にある TextBlock に、この新しい値が書き込まれます。


<TextBlock x:Name="txtXAxis" HorizontalAlignment="Left" Height="15" Margin="70,16,0,0" TextWrapping="Wrap" Text="TextBlock" VerticalAlignment="Top" Width="61" Foreground="#FFF2F2F2"/>
 <TextBlock x:Name="txtYAxis" HorizontalAlignment="Left" Height="15" Margin="70,49,0,0" TextWrapping="Wrap" Text="TextBlock" VerticalAlignment="Top" Width="53" Foreground="#FFF2EEEE"/>
 <TextBlock x:Name="txtZAxis" HorizontalAlignment="Left" Height="15" Margin="70,80,0,0" TextWrapping="Wrap" Text="TextBlock" VerticalAlignment="Top" Width="53" Foreground="#FFFFF8F8"/>


関連トピック

Accelerometer class
加速度計センサーのサンプルに関するページ
Roadmap for creating apps using C#, C++, or VB

 

 

表示:
© 2015 Microsoft