言語: HTML | XAML

アプリのグローバル化 (XAML)

Applies to Windows and Windows Phone

目的

このセクションでは、Windows ストア アプリのグローバル化とローカライズについての方法とガイドラインについて説明します。

Windows は世界中で利用されており、さまざまな市場に、カルチャ、地域、言語の異なるユーザーがいます。ユーザーは、自分の使用言語として世界のどの言語でも指定でき、複数の言語を指定することもできます。住んでいる地域として世界中のどの場所を指定することもできます。また、使用言語として、地域を問わずどの言語を指定することもできます。これらのガイドラインと、操作方法についてのトピックを利用して、他の言語、市場、カルチャ、地域にソフトウェアを適応させる方法を詳しく確認できます。ここでは、開発のための一連のベスト プラクティスを示すと共に、国際的な市場に向けてアプリを準備する方法についての詳しい情報を示します。

アプリのグローバル化とローカライズの概略については、次のビデオをご覧ください。

このセクションの内容

トピック説明

クイック スタート: UI リソースの翻訳

UI の文字列リソースをリソース ファイルに格納します。その後、これらの文字列をコードやマークアップから参照できます。

クイック スタート: グローバル対応の形式の使用

日付、時刻、数字、通貨を適切に書式設定することで、アプリをグローバル対応するように設計します。これを行うと、後に世界市場の他のカルチャ、地域、言語に適応させることができます。

言語と地域を管理する方法

Windows がアプリの UI リソースをどのように選び、UI 要素のフォーマットをどのように決定するかを制御できます。これらの機能を制御するには、Windows に用意されている言語と地域のさまざまな設定を使います。

ローカライズの準備をする方法

ローカライズに向けてアプリを準備する場合は、ここで説明している手順とベスト プラクティスに従ってください。

さまざまな言語のレイアウトとフォントを調整する方法

いくつかのシンプルなガイドラインに従えば、Windows ストア アプリのレイアウトとフォントのローカライズをサポートできます。

パターンを使って日付と時刻を書式設定する方法

Windows.Globalization.DateTimeFormatting API でカスタム パターンを使うと、日付と時刻を好みどおりの形式で表示することができます。

コンテンツ、ライブラリ、Web サービスを国際化する方法

外部のコンポーネントや Web サービスとの一貫性を保ってアプリのコンテンツが国際化されるようにします。

双方向対応の UI をサポートする方法

右から左への書記体系向けの双方向テキスト サポート (BiDi) を備えたアプリを設計できます。

多言語アプリ ツールキットの使用方法

Microsoft Visual Studio には多言語アプリ ツールキットが統合されています。そのため、Windows ストア アプリや Windows Phone アプリで翻訳がサポートされ、翻訳ファイルの管理、エディター ツールの利用が可能になります。

 

 

 

表示:
© 2015 Microsoft