展開 最小化

WebView.DataTransferPackage Property

[DataTransferPackage は、Windows 8.1 より後のリリースでは、変更されるか使用できなくなる可能性があります。代わりに、CaptureSelectedContentToDataPackageAsync を使用してください。]

WebView に渡されるクリップボード DataPackage を取得します。

構文


public DataPackage DataTransferPackage { get; }

プロパティ値

型: DataPackage

クリップボード データ パッケージ。

解説

このプロパティは通常、共有をサポートするために使用します。共有操作中にソース アプリは、共有されるデータを DataPackage オブジェクトに置き、そのオブジェクトを処理するためにターゲット アプリに送信します。

このプロパティを使用して共有サポートを実装する方法を次のコード例に示します。


private void Share_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    dataTransferManager = DataTransferManager.GetForCurrentView();
    dataTransferManager.DataRequested += dataTransferManager_DataRequested;
    DataTransferManager.ShowShareUI();
}

void dataTransferManager_DataRequested(DataTransferManager sender, DataRequestedEventArgs args)
{
    DataRequest request = args.Request;
    DataPackage p = WebView7.DataTransferPackage;

    if (p.GetView().Contains(StandardDataFormats.Text))
    {
        p.Properties.Title = "WebView Sharing Excerpt";
        p.Properties.Description = "This is a snippet from the content hosted in the WebView control";
        request.Data = p;
    }
    else
    {
        request.FailWithDisplayText("Nothing to share");
    }
    dataTransferManager.DataRequested -= dataTransferManager_DataRequested;
}


要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012

クライアント サポートの終了

Windows 8.1

サーバー サポートの終了

Windows Server 2012 R2

名前空間

Windows.UI.Xaml.Controls
Windows::UI::Xaml::Controls [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

WebView
XAML WebView コントロールのサンプル

 

 

表示:
© 2015 Microsoft