SwapChainPanel.CreateCoreIndependentInputSource Method

deviceTypes パラメーターの指定に従って入力型を処理するコア入力オブジェクトを作成します。このコア入力オブジェクトは、バックグラウンド スレッドで入力イベントを処理できます。

構文


public CoreIndependentInputSource CreateCoreIndependentInputSource(
  CoreInputDeviceTypes deviceTypes
)

パラメーター

deviceTypes

型: CoreInputDeviceTypes

列挙体の結合値。

戻り値

型: CoreIndependentInputSource

相互運用の目的ための入力サブシステムを表し、入力イベントのコネクション ポイントに使用できるオブジェクト。

解説

このメソッドによって、SwapChainPanel を含むアプリは、バックグラウンド スレッドの入力処理ロジックを意図的に提供しているため、アプリが XAML UI スレッドから独立して入力とレンダリングを処理できるようにします。非 UI スレッドから CreateCoreIndependentInputSource を呼び出す必要があります。それ以外の場合は、このメソッドの呼び出しは失敗します。

コア入力オブジェクトを作成し、SwapChainPanel と関連付けるには、CreateCoreIndependentInputSource メソッドを使用します。 正常に作成された場合、SwapChainPanel のコンテンツをアクセスする指定したデバイスの種類のユーザー入力は、CreateCoreIndependentInputSource が呼び出されたスレッドにリダイレクトされます。 アプリケーションでこの入力を処理するには、入力イベントを登録し、それらのイベントをバックグラウンド スレッドで処理します。 CoreIndependentInputSource オブジェクトを通じて入力メッセージを受け取るには、アプリ コードにより SwapChainPanel 上でスワップ チェーンを設定し、このスワップ チェーンから (Microsoft DirectX レベルで) 少なくとも 1 回レンダリングする必要があります。これで、ヒット テストが可能なレンダリングが提供されます。

通常、イベント処理の一部として CoreDispatcher::ProcessEvents を使用します。CoreIndependentInputSource::Dispatcher から CoreDispatcher の参照を取得します。.バックグラウンド スレッドの使用方法の詳細については、「ThreadPool」や「Windows ストア アプリでのスレッド プールの使用」を参照してください。

CreateCoreIndependentInputSource は、複数回呼び出すことができます。 CreateCoreIndependentInputSource が呼び出されるたびに、前の CoreIndependentInputSource オブジェクトは SwapChainPanel との関連付けが解除されます。 つまり、同時に 1 つの CoreIndependentInputSource オブジェクトのみがイベントを取得できます。

CreateCoreIndependentInputSource の使用方法を示すコード例については、「XAML SwapChainPanel DirectX interop sample (XAML SwapChainPanel DirectX の相互運用のサンプル)」に含まれている DrawingPanel クラス定義を参照してください。

deviceTypesCoreInputDeviceTypes.None として渡された場合 (これは CreateCoreIndependentInputSource を呼び出す一般的な方法でなありません)、CreateCoreIndependentInputSourcenull を返すことができます。

要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8.1

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012 R2

名前空間

Windows.UI.Xaml.Controls
Windows::UI::Xaml::Controls [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

SwapChainPanel
CoreIndependentInputSource
ThreadPool
Windows ストア アプリでのスレッド プールの使用
DirectX と XAML の相互運用
XAML SwapChainPanel DirectX の相互運用サンプル

 

 

表示:
© 2015 Microsoft