SearchBox.SearchHistoryContext Property

検索のコンテキストを識別し、ユーザーの検索履歴をアプリに格納するために使用される文字列を取得または設定します。

構文


public:
property String^ SearchHistoryContext { 
   String^ get();
   void set (String^ value);
}


<SearchBox SearchHistoryContext="string"/>

プロパティ値

型: System.String [.NET] | Platform::String [C++]

検索のコンテキストを識別する文字列。既定値は、空の文字列 ("") です。

解説

検索履歴のコンテキスト文字列は、検索履歴を格納するための 2 次キーとして使用されます。主キーは AppId です。検索履歴のコンテキスト文字列を使用して、アプリケーション内のさまざまなページまたは検索エントリ ポイントに対するさまざまな検索履歴を保存することができます。 このプロパティを設定しなかった場合、Windows では、アプリケーションのすべての検索が同じコンテキストで実行されるものと仮定します。

要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8.1

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012 R2

名前空間

Windows.UI.Xaml.Controls
Windows::UI::Xaml::Controls [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

SearchBox

 

 

表示:
© 2015 Microsoft