展開 最小化

MediaElement.Stretch Property

MediaElement を表示先の四角形全体に引き伸ばす方法を表す値を取得または設定します。

構文


public Stretch Stretch { get; set; }

プロパティ値

型: Stretch

ImageHeightWidth が明示的に指定されない場合に、ソース イメージのレンダリング方法を指定する Stretch の列挙値。既定値は Uniform です。

解説

Stretch.None。コンテンツの元のサイズを維持します。.

Stretch.Fill。対象の領域を埋めるようにコンテンツのサイズを変更します。 ビデオの縦横比は保持されません。

Stretch.UniformToFillMediaElement を一様に拡大して、コンテンツの縦横比を保持しながら使用可能なレイアウト空間を塗りつぶします。 対象の四角形の縦横比がコンテンツと異なる場合は、対象の領域に合わせて元のコンテンツをクリッピングします。

Stretch.UniformMediaElement を一様に拡大して、イメージの縦横比を保持しながらレイアウト空間を塗りつぶします。 イメージ全体が表示され、ひずみがなく、トリミングされていないことを保証します。コンテンツの縦横比によって、イメージの上か横にレターボックスまたはピラーボックスが発生することがあります。

JavaScript を使用して Windows ストア アプリで msZoom のようなズーム効果を作成する方法を示すコードを次に示します。 MediaElement コンテンツは、コンテンツの縦横比を保持しながら、レイアウト空間全体を埋めます。 コンテンツの縦横比がレイアウト空間と異なる場合に、トリミングが発生する可能性があります。


private void ToggleZoom(MediaElement media)
{
    if (media.Stretch != Stretch.UniformToFill)
    {
								// zoom
        media.Stretch = Stretch.UniformToFill;
    }
    else
    {
        // unzoom
        media.Stretch = Stretch.Uniform;
    }
}

要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8.1

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012 R2

名前空間

Windows.UI.Xaml.Controls
Windows::UI::Xaml::Controls [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

MediaElement

 

 

表示:
© 2015 Microsoft