WebUIProtocolActivatedEventArgs Class

アプリケーションが、URI スキーム名と関連付けられたアプリケーションとしてアクティブになると、データを提供します。

構文


/* このオブジェクトの作成とアクセスについては、「解説」を参照してください。 */

属性

[MarshalingBehavior(Standard)]
[Version(0x06020000)]

メンバー

WebUIProtocolActivatedEventArgsクラス には次の種類のメンバーがあります。

メソッド

The WebUIProtocolActivatedEventArgs クラス からメソッドを継承します。Object クラス (C#/VB/C++).

プロパティ

WebUIProtocolActivatedEventArgsクラス には次のプロパティがあります。

プロパティアクセスの種類説明

ActivatedOperation

読み取り専用Gets the app activation operation.

CurrentlyShownApplicationViewId

読み取り専用Gets the identifier for the currently shown app view.

Kind

読み取り専用Gets the activation type.

PreviousExecutionState

読み取り専用Gets the execution state of the app before it was activated.

SplashScreen

読み取り専用Gets the splash screen object that provides information about the transition from the splash screen to the activated app.

Uri

読み取り専用Gets the Uniform Resource Identifier (URI) for which the app was activated.

 

解説

このオブジェクトは、ActivationKindprotocol の場合に、WinJS.Application.Onactivated または Windows.UI.WebUI.WebUIApplication.activated イベントのイベント ハンドラーを実装するときにアクセスされます。

メモ  : このクラスはアジャイルではないため、そのスレッド モデルとマーシャリングの動作を考慮する必要があります。詳細については、「スレッドとマーシャリング (C++/CX)」を参照してください。

activated イベント ハンドラーは、すべてのアクティブ化イベントを受け取ります。kind プロパティは、アクティブ化イベントの種類を示します。この例は、URI のアクティブ化イベントを処理するように設定されています。


function onActivatedHandler(eventArgs) {
   if (eventArgs.detail.kind == Windows.ApplicationModel.Activation.ActivationKind.protocol) 
   {
       // TODO: Handle URI activation.

       // The received URI is eventArgs.detail.uri.rawUri
   }
}

要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8 [Windows ストア アプリのみ]

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012 [Windows ストア アプリのみ]

名前空間

Windows.UI.WebUI

メタデータ

Windows.winmd

参照

サンプル
関連起動のサンプル
タスク
URI のアクティブ化を処理する方法
ガイドライン
ファイルの種類と URI のガイドラインとチェック リスト
参照
URI
WebUIApplication.ActivatedEventHandler
WinJS.Application.onactivated

 

 

表示:
© 2015 Microsoft