WebUIFileSavePickerActivatedEventArgs クラス
TOC
目次を折りたたむ
目次を展開する

WebUIFileSavePickerActivatedEventArgs Class

ユーザーがファイル ピッカーでファイルを保存して、保存場所としてこのアプリケーションを選ぶと発生する、アクティブ化済みイベントについての情報を提供します。

C#/C++/VB:  この型は FileSavePickerActivatedEventArgs として表示されます。

構文


/* このオブジェクトの作成とアクセスについては、「解説」を参照してください。 */

属性

[MarshalingBehavior(Standard)]
[Version(0x06020000)]

メンバー

WebUIFileSavePickerActivatedEventArgsクラス には次の種類のメンバーがあります。

メソッド

The WebUIFileSavePickerActivatedEventArgs クラス からメソッドを継承します。Object クラス (C#/VB/C++).

プロパティ

WebUIFileSavePickerActivatedEventArgsクラス には次のプロパティがあります。

プロパティアクセスの種類説明

ActivatedOperation

読み取り専用Gets the app activated operation.

FileSavePickerUI

読み取り専用Gets the letterbox UI of the file picker that is displayed when the user saves a file and selects the app as the save location.

Kind

読み取り専用Gets the activation type.

PreviousExecutionState

読み取り専用Gets the execution state of the app before it was activated.

SplashScreen

読み取り専用Gets the splash screen object that provides information about the transition from the splash screen to the activated app.

 

解説

クイック スタート: ファイル ピッカーを使用したファイル サービスの提供」と Windows.Storage.Pickers.Provider 名前空間参照で、ユーザーがファイルを保存できる場所としてアプリケーションを提供する方法について学習します。

このオブジェクトは、ActivationKindfileSavePicker の場合に、WinJS.Application.Onactivated または Windows.UI.WebUI.WebUIApplication.activated イベント ハンドラーを実装するときにアクセスされます。

メモ  : このクラスはアジャイルではないため、そのスレッド モデルとマーシャリングの動作を考慮する必要があります。詳細については、「スレッドとマーシャリング (C++/CX)」を参照してください。

ファイル選択ツールのサンプルfileSavePicker によってアクティブ化したイベントに応答する方法を示します。



// fileSavePicker activated event handler
function activated(eventObject) {
    // Identify whether app is launched for fileSavePicker
    if (eventObject.detail.kind === Windows.ApplicationModel.Activation.ActivationKind.fileOpenPicker) {
        // Perform tasks to prepare your app to display its file picker page

        // Get file picker UI
        fileOpenPickerUI = eventObject.detail.fileOpenPickerUI;

        eventObject.setPromise(WinJS.UI.processAll().then(function () {
            // Navigate to either the first scenario or to the last running scenario
            // before suspension or termination.
            var url = scenarios[0].url;
            return WinJS.Navigation.navigate(url, fileOpenPickerUI);
        }));
    }
}

// Register the activated event handler
WinJS.Application.addEventListener("activated", activated, false);

JavaScript では、eventObjectwebUIFileSavePickerActivatedEventArgs オブジェクトを含んでいます。

要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8 [Windows ストア アプリのみ]

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012 [Windows ストア アプリのみ]

名前空間

Windows.UI.WebUI

メタデータ

Windows.winmd

参照

クイック スタート: ファイル ピッカーによるファイル サービスの提供

 

 

表示:
© 2017 Microsoft