展開 最小化

PointerPointProperties.MouseWheelDelta | mouseWheelDelta Property

最後のポインター イベントからのホイール ボタン入力の変更を示す値 (デバイスによって報告される生の値) を取得します。

構文


var mouseWheelDelta = pointerPointProperties.mouseWheelDelta;

プロパティ値

型: Number [JavaScript] | System.Int32 [.NET] | int32 [C++]

最後のポインター イベント以降交差したノッチまたは間隔しきい値の数。既定値は 0 です。

解説

マウス ホイール ボタンには、それぞれが等間隔のノッチまたは距離のしきい値 (戻り止めとも呼ばれる) があります。ホイールを回転したり倒すと、戻り止めに接触するたびにホイール メッセージが送信されます。

Windows 定数、WHEEL_DELTA (値 120 として定義) は 1 回の戻り止めを記述します。各戻り止めは関連付けられたアクションの単一の増分のしきい値 (たとえば、行またはページのスクロール) を示します。

正の値はホイールが前方に (ユーザーから離れて) 回転されたか右側に傾いていることを示し、負の値はホイールが後方に (ユーザーに向かって) 回転されたか左側に傾いていることを示します。

ホイール ボタン入力は、垂直軸 (前後への回転) または水平軸 (左右への傾き) に沿って方向付けられます。入力が水平軸上に沿っているかどうかを特定するために、IsHorizontalMouseWheel を確認します。

メモ  回転ごとにより多くのメッセージを送信するけれども、メッセージあたりの値は小さくなる、より解像度の高いホイール (ノッチのない自由回転ホイールなど) を有効にするため、デルタが 120 に設定されました。

要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012

最小限サポートされる携帯電話

Windows Phone 8

名前空間

Windows.UI.Input
Windows::UI::Input [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

PointerPointProperties
IsHorizontalMouseWheel

 

 

表示:
© 2015 Microsoft